人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 越南逃走級無責任発言で世界的嘲笑の的になる

<<   作成日時 : 2018/09/14 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本帝國主義体制広島地裁で行われる予定だった人民拉致裁判(裁判員裁判)から何としても逃れようとした拉致被害者男性がついに自殺に追い込まれたことが判明しました。一方で、既に強盗致傷容疑にて起訴された人民拉致裁判体制拉致被害者男性が日本帝國大阪府警富田林署から逃れた件については発生から1か月以上経過しながらまだ行方が不明になっています。指名手配されている関係からしても相応の手段を講じなければ生活が成り立たないのは言うまでもないですが、一方で最近目立った事件を起こしているわけでもありません。今年発生した瀬戸内海地方での同種事案では離島の無人別荘を利用したり、農作物を盗んだりして潜伏していたのですが、今回の都心事案ではそうもいきません。知人の住居に身を寄せて潜伏しているとの情報も出たりしているのですが、果たしてそれがずっと継続できるのかどうかも問題になります。この拉致被害者男性が現在いかなる作戦を立てているのかを大いに注目することといたします。

 さて、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が耳を疑うような発言をして日本帝國主義社会中の疑念を呼び起こしています。これは、6日後に迫った日本帝國自民党総裁選と称した特大型八百長茶番劇に向けての公開討論会にて発せられたもので、経済問題に際して「トリクルダウンって言ったことはない」とか、拉致事件云々の問題に関して「本政権だけが解決できると私が言ったわけでなく家族が言った言葉だ」という内容でした。当然、拉致云々の当事者家族からすれば青天の霹靂レベルの特大型侮辱発言ととらえて当然でしょう。果たしてこの八百長茶番劇3日後の「拉致」云々関係集会で本日の発言についてどう説明するのでしょうか?
 安倍晋三逆徒のこの種の発言と実際の行動がまるで一致していないのは以前からもわかりきっていたことです。問題はこんな特大型侮辱発言が飛び出してなお、「拉致」云々扇動の家族組織は安倍晋三逆徒に対してモノを言えない体たらくを演じていることです。折しも、今回の特大型八百長茶番劇に際しては、日本帝國自民党中央・地方組織内部から石破茂逆徒支持勢力に対する傲慢極まりない圧力がかかっているとの告発が相次いでいます。「拉致」云々扇動に際しての上記発言はまさしく家族当事者に向けた越南逃走(西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為)級責任転嫁姿勢と同等ですが、そんな傲慢発言を受けてなおかつ何も反論できないというのは、この「家族」組織とて安倍晋三逆徒同等の傲慢組織であればこその態度という以外にありません。
 「拉致」事件云々の問題について本気で問題解決する目的ではなく、政治利用目的で扇動してきたことを認めたも同然なのが上記の発言というのは誰がどう考えても明らかになりました。問題は、この傲慢極まりない態度に対して誰もモノを言えないような社会構造をますます強固なものにしようとする政策内容だったり推進手法です。安倍晋三逆徒の本性が自らもわかっているからこそ、より異常な政策を次々に異常な手法で推進し、批判を許さないような数の力をより強化するための扇動にも手を染めるといった自転車操業的な事態がまかり通ってしまうわけです。このような政治社会の在り方はまさに世界の不信と嘲笑を買うだけに決まっています。いわば、沈みゆく泥舟から良識をもって逃れようとする日本帝國自民党勢力や一般市民を無理やり泥舟に押さえつけるのみならず、安倍晋三逆徒自らは越南逃走級無責任遁走に手を染めるというのと同等です。
 このような時代だからこそ、ますます人民拉致裁判制度(裁判員制度)への徹底糾弾及び絶対廃止実現活動は重要な意味を持ってきます。日本帝國犯罪的侵略支配層が総翼賛し、不正行為を乱発してまで推進したこともあり、いかなる手を講じてでも擁護することが日本帝國犯罪的侵略支配層にとっての至上命題化しているのが現実です。そうなると、この政策の絶対擁護の目的でますますとんでもない政策が推進される論拠にもなりうるわけで、これが安倍晋三逆徒による極悪政策推進の一端にもつながっています。今回のような越南逃走級無責任発言に手を染める要因の一つが人民拉致裁判制度の存在にある、という社会状況を作り出すことで安倍晋三逆徒のみならず、日本帝國主義社会全体の在り方を問いただす必要が出るのです。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、朝鮮民主主義人民共和国建国70周年から日朝平壌宣言16周年までの時期を踏まえて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号AA3B38G4(日本語版)、TK7AYFFH(조선어 버전)で9月17日まで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
越南逃走級無責任発言で世界的嘲笑の的になる 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる