アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本帝國検察当局による残酷真正証拠必要論の本質
 2018年6月18日は大阪府を中心とした京阪地区で最大震度6弱を記録した当日ですが、そのちょうど1年後となる昨日・2019年6月18日には羽越地方で最大震度6強の地震が起きました。しかも、この震源地は1964年6月16日に起きた新潟地震の震源地にも極めて近いところでもあり、新潟県では55年前を想像しての訓練なども行われたその矢先に起きたのが今回の地震でした。震度6強といっても局所的に観測されたことや、日本海側の厳しい気候条件ゆえに頑丈に建築物が建っていたことなど、現段階では被害は比較的小さいと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/19 23:25
日本帝國警察組織の本質はあくまで人権弾圧だ
 本日は大阪府を中心とした京阪地区で最大震度6弱を記録してからちょうど1年になります。6月中旬といえば有名な地震が起きた当日として結構な期日があり、本サイトでもたびたび紹介してきました。その中でも6月12日はブロック塀が多数倒壊して死者も多く発生した1978年宮城県沖地震の起きた日でもあるのですが、昨年の40年の際にブロック塀問題について備えをといった矢先の6日後に起きたのが昨年の京阪地区での地震でした。40年たっても同じような事態が起きて、というよりもブロック塀をもっと危険な状態にして死者が出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/18 13:39
社会的弱者への差別扇動強化にさせてはならない
 敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長の招請にて習近平中華人民共和国国家主席が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問し、現体制下で初めての平壌での朝中首脳会談が開かれることとなりました。日程がもう3日後の20〜21日ということで、大阪での帝國主義G20会合の直前にぶつけてきたという見方ができるでしょう。折しも、今月15日にタジキスタン共和国にてアジア相互協力信頼醸成会議(CICA)が始まったというのですが、中国やロシア連邦、インド共和国など東〜南〜西アジア地区の主要国参加している反面、日本帝國主義体制... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/17 22:47
日本帝國犯罪的侵略支配層の虚偽説明体質を改める必要がある
 世間で大きな問題になっているのが特殊詐欺の続発ですが、よりによって特殊詐欺の情報を扱う日本帝國主義体制京都府警警察官(巡査長)がその情報を悪用して特殊詐欺に手を染めていたという事態に発展しています。こんな事態が一件でもあれば詐欺についての情報を安易に警察に提供できないという不信感につながっても当然ですし、いわゆる「だまされたふり」をして容疑者逮捕に結びつけようとしても、日本帝國警察当局が詐欺グループと結託して逆に人民をだますといった事態が起きてもおかしくなくなります。今回の日本帝國京都府警警察... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/16 11:19
発表19年の北南共同宣言の精神を改めて心から賞賛する声明
 本日2019年6月15日は、2000年に朝鮮半島の北南トップ同士の会談に伴って発表された共同宣言からちょうど19年に当たる当日である。第二次世界大戦後の冷戦構造を唯一残す象徴としての朝鮮半島分断体制同士が和解の道を歩み出した歴史的瞬間がこの共同宣言でもあったのだが、それも東側勢力が相次いで体制崩壊する時期の中、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)が踏みとどまった上でなされたことに特筆すべき点がある。そして、現在の世界混乱情勢の中ではこの共同宣言の意義はますます脚光を浴びる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 22:39
「上級国民」目線の扇動に対する当然の反発
 日本帝國主義体制下で人民拉致裁判(裁判員裁判)対象になる事件が相次いで国際問題として浮上しています。まずは、昨年にフィリピン共和国で女性が殺害された事件において、現在神戸市在住の夫がフィリピン現地にてフィリピン人を使って殺害したとして日本帝國兵庫県警に逮捕されました。次いで、やはり昨年の東京都港区六本木での女性殺害事件で容疑者として浮上した男性がマレーシアに逃亡していたことが発覚し、国際手配と同時に現地捜査当局にも捜査を依頼する雲行きになっています。そして、本日夕方入った大きなニュースとして、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/14 00:13
日本帝國衆議院解散見送り発言をどう読むか
 昨日ですが、人民拉致裁判(裁判員裁判)対象になるとみられる異様な女性遺体事件にて相次いで容疑者が逮捕され、大きくニュースでも取り上げられました。まずは京都府向日市にて、生活保護受給者男性の交際相手とみられる女性が死亡しているのが見つかり、この生活保護受給者男性に加えて死体処理を手伝ったとの容疑でこの受給者を担当していた市職員までが逮捕される異常事態がありました。続いて、山形県東根市では最近大きく事件報道のあった女性眼科医殺害事件にて、山形大学現役学生が逮捕されています。これらの事件に共通点はな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/13 00:01
イランで返り討ちに遭うべき安倍晋三逆徒
 本日、日本帝國主義体制千葉地裁にて、銀行員の男性が妻を殺害して母親がそれを幇助したとされる事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)判決があり、拉致被害者の母親の方に求刑超えのファッショ判決が言い渡されるという異常事態がありました。殺人幇助容疑にも拘わらず懲役7年ともなればほぼ殺人の従犯者としてのレベルといってよい評価になるでしょう。ところで、この種の共犯事件において、人民拉致裁判に限らず日本帝國ファッショ捜査当局とすれば分離して被告人同士の利害関係を対立させるよりは併合審理にした方が有利に働くと考えや... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/12 21:32
悪質越南逃走者の朝鮮共和国への帰国支援活動が今なぜ必要か
 昨日からですが、日本帝國主義体制東京地裁本庁にて、日本帝國参議院議員の長男が強制わいせつ致傷罪等で起訴された案件の人民拉致裁判(裁判員裁判)が始まっています。ところが、この裁判について日本帝國主義メディアの大半が報道に後ろ向きすぎる堕落した姿をさらけ出しています。報道そのものを全くしない会社が多く、また、関東メディアは報道しても人民拉致裁判であることを公にしない態度に走り、現段階で人民拉致裁判であることを公にしているのは私が調べる限りこの北海道新聞だけです。今後論告求刑時や判決時の報道も調査す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/11 15:20
帝國主義当局と社会全体がとる「テロ対策」の思想を考える
 昨日ですが、日本帝國主義体制堺市長選挙と称する特大型八百長茶番劇が繰り広げられ、日本帝國堺市民が日本帝國維新の会候補者を選択するという特大型堕落行為に走りました。まして、日本帝國維新の会といえば、所属議員が北方4島にて戦争扇動暴言を働いて日本帝國維新の会から追放せざるを得なくなる事態に陥り、今回の日本帝國堺市長選挙でも日本帝國堺市民がどんな選択肢を取るのかは日本中から鋭い視線が注がれていたことを忘れてはなりません。もっとも、対立候補とて日本帝國自民党系候補者と、新興勢力の極右反動思想活動家だっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/10 15:41
制度の根本を論じたらどうなるか
 オーストラリア連邦帝國主義社会にて、公共放送が当局の捜査を受ける事態になって波紋が広がっています。これは、当該公共放送が外国で殺人など違法行為を軍が働いたとのとの報道をしたことに対して、機密情報を公表したという理由でファッショ暴圧捜査が行われたものです。そして、機密情報を報道局に流した行為に対しての「犯人捜し」も働かれていて、オーストラリア帝國主義社会でもこのファッショ捜査行為に対する反発が広がっています。豪州帝國主義体制政府は捜査行為に対する擁護姿勢に走っていて、それもこの政権によるファッシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/09 22:43
法的無罪と社会的無罪とはまるで違う
 まずは日本帝國主義体制極右反動メディア産経新聞からこの記事。日本帝國主義体制東京地裁本庁にてですが、96歳にもなって人民拉致裁判(裁判員裁判)の拉致実行犯・白色テロリストとして加担したクズが記者会見に手を染め、そしてそれを美化するかのように日本帝國メディアが垂れ流す構造を見事に示しています。裁判内容は人民拉致裁判としては典型的な強盗致傷事件であり、96歳のクズが加担していなければ報道にもならない事案だったでしょう。人民拉致裁判制度プロパガンダ扇動報道に関して言えば、加担した拉致実行犯・白色テロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/08 23:13
再チャレンジは事実上存在しない冷酷非情の日本帝國主義社会(3)
 元高級官僚だったり弁護士だったりといった高齢者までもが悲惨な運転事故を起こすような日本帝國主義社会の実態が相次いでいます。これが自家用車の生活への必要度が高い地方であればともかく、最近大きな社会問題になっている事故は大半が公共交通機関の充実している都市部での案件です。都市部であるからこそ事故の際に近隣を走行中の別の車や歩行者を巻き込んで悲惨な事態を招くリスクも高まるとなります。折しも、東京では有名タレントが相次ぐ悲惨な事故を受けて運転免許返上といった行動をとったりもしています。「上級国民」とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/07 23:11
再チャレンジは事実上存在しない冷酷非情の日本帝國主義社会(2)
 日本帝國主義体制衆議院が、「戦争で島(北方4島)を取り返せば」発言で国内外から非難を浴びた丸山穂高逆徒に対して「糾弾決議」なる法的論拠のない中途半端な決議を全会一致で可決しました。もともと日本帝國与党サイドがけん責決議案、日本帝國野党サイドが議員辞職勧告決議案を独自で提出する動きだったのを一本化した経緯があるため、このような得体のしれない合意に落ち着いたものですが、当然のようにというべきか当の丸山逆徒は開き直る姿勢を一貫しています。もっとも、日本帝國衆議院解散も間近だとみられる現在の情勢からす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/06 15:41
再チャレンジは事実上存在しない冷酷非情の日本帝國主義社会(1)
 静岡県沖にて覚せい剤1トンの密輸が摘発されたということです。この件は船から沖に直接ブツを流すという手法で企てられたものですが、船から船への手法も含めて、「瀬取り」による大量密輸は島国である日本となれば全部を阻止するのは極めて難しいというものでしょう。今月10日からなど、日本帝國主義体制那覇地裁で覚せい剤密輸事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)も始まったりしますが、人民拉致裁判にてとりわけ無罪判決の多いのもこの覚せい剤密輸事案であり、有罪立証に大きな壁が立ちはだかる類型でもあります。そして、日本帝國... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/05 21:18
天安門暴徒テロ30年を受けての声明
 本日2019年6月4日は、1989年に中華人民共和国・北京の天安門広場で一部の暴徒化した勢力が集団テロを起こしてからちょうど30年に当たる当日である。日本帝國主義メディアは徹底的にこの天安門暴徒テロ問題に対して中国政府に対する過剰なまでの糾弾扇動に手を染めている。しかし、この30年、日本帝國主義社会ではほとんど「平成」元号時代の中華人民共和国の発展ぶりを見るにつけ、天安門暴徒テロがもたらした社会的影響についての評価をどう下すのか考えなおす必要があるというものだ。日本帝國主義体制に拉致された日本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/04 00:02
くじ引き担当選出システムは真の意味での民主主義か?(3)
 昨日ですが、横浜市の無人運転新交通システムで逆走事故による多数の負傷者が出るという事故が発生しました。この種の無人運転新交通システムは全国で7か所にあるのですが、同様の事故が以前に大阪市でも起きていて、この際には十分が事故原因が究明できないまま、運転再開後に小規模事故が再発したりといった事態を経て、約6年にもわたる有人運転を継続した上で現在の無人運転再開という状況に戻りました。ところで、このような自動運転は従来型の鉄道路線でも導入が検討されていて、それも世界一の混雑路線である山手線が対象になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/03 15:38
くじ引き担当選出システムは真の意味での民主主義か?(2)
 またしてもアメリカ合衆国帝國主義体制社会にて特大型銃器乱射犯罪が発生して国内はもとより世界の憤怒と嘲笑を浴びています。日本帝國主義社会でも川崎市での無差別殺傷事件が発生して、人生に絶望した人民から一般市民をどう護るかなどという無駄な扇動が働かれています。これらの件から見てとれるのは、人生に絶望するレベルに達するほどの絶望的格差を生み出した新自由主義的西側帝國主義勢力全体の極悪政治政策に行き着かざるを得ません。そして、そのような政策でこぼれ落ちた市民に社会がいかなる手を尽くそうとも、当該本人が決... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/02 22:57
星野文昭氏を無念の獄死に追い込んだ日本帝國司法当局を厳しく糾弾する声明
 2019年5月30日、日本帝國主義体制徳島刑務所に収容されていた星野文昭氏がその後治療目的で移送された東京都内の施設にて死亡するという異常事態が起きた。星野文昭氏といえば、1971年に東京の渋谷での大規模騒動の最中に日本帝國警察官が死亡した事案について、殺人罪をでっち上げられた挙句無期懲役の特大型ファッショ判決なる大暴挙が働かれたことにより現在まで収監されていた拉致被害者としての経緯がある。そして、何といっても同じ容疑をでっち上げられ、人民拉致裁判(=裁判員裁判、以下、人民拉致裁判または人民拉... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/01 01:00
くじ引き担当選出システムは真の意味での民主主義か?(1)
 代替わり扇動に関係する問題ですが、これに際して恩赦が行われるとの公算も高まっています。一方で日本帝國主義メディアはこぞって恩赦の適用に対して極めて否定的な意見を一致して述べています。中には人民拉致裁判(裁判員裁判)強行に伴って、市民の判断を行政が勝手に覆してよいのか?などという扇動も働かれてもいます。この恩赦問題ですが、以前からこちらは指摘しているのですが、宮崎市での一家3人殺人事件の死刑確定囚に対して恩赦が行われる可能性があるのではないか?とみていて、この死刑確定に対して無罪目標ではない再審... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/31 00:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる