人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「裁判員制度」を公開処刑に処せ

<<   作成日時 : 2016/01/24 14:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 押尾学氏が音楽活動を再開したとのスポーツ紙報道がありました。押尾氏といえば、日本の皆様もご存じのとおりですが、人民拉致裁判(裁判員裁判)にかけられて有罪判決を受けたことでも知られており、人民拉致裁判にて有名芸能人が裁かれるとして当時は大きく報道されていました。凶悪犯罪を犯したことについては相応の社会的制裁を受けて然るべきとはいっても、今回再開した活動に対しても世間のの厳しい目が注がれていて、個人的には過剰反応しすぎのような感も否めません。日本帝國主義社会の場合、「道を外してしまった」者に対する残酷極まりないほどの排除傾向が強い性質もあり、人民拉致裁判の存在がよりその傾向を強めるように思えてなりません。

 さて、SMAPの分裂騒動に際して事務所を離脱しようとしたメンバーがテレビ生放送中での謝罪に追い込まれた件が世間を大きく騒がせました。一方で日本帝國主義体制経済再生大臣の甘利明逆徒がスイス連邦のダボスにて世界全体に向けて自らの政治資金疑惑について釈明させられる事態も起きています。これらの件に共通するのは民衆や社会全体に向けて当事者を「公開処刑」する構図であり、その当事者にとって極め付けの屈辱になることです。一部ゴシップメディアやインターネットからは「北朝鮮と同じ」などという妄言も発せられている有様です()。
 しかし、「公開処刑」を行う側にすれば自らの立場が正当であり、かつ対象者に対する相応の社会的制裁が必要であるとの観点から行うのであり、一方で民衆に対しての多大な影響力を発揮する目的もあります。世界的人権団体と称する帝國主義侵略勢力が「公開処刑」をしていると批判する国家群については、朝鮮民主主義人民共和国に限らず人権弾圧体制であると非難する一方で、西側帝國主義勢力の人権弾圧問題はまるで批判の対象外にしています。しかし、そもそも世界の諸国で「公開処刑」を行う要因について深く掘り下げることなく「公開処刑」を絶対悪にしようとする姿勢こそが、西側帝國主義社会の人権状況こそ「絶対正義」という傲慢な価値判断基準という他ありません。社会的見地からすれば「公開処刑」されてしかるべき罪を犯した人物に対して公開処刑を実行したことに対して、西側帝國主義侵略的自称「人権集団」が「人権弾圧の公開処刑」などと批判すれば、本来はそんな西側帝國主義侵略的自称「人権集団」が世界的批判に晒されて然るべきなのです。
 「公開処刑」に処した当事者や処された当事者に対する相応の社会的評価を社会全体で正しく下すことも重要な観点になります。SMAPや甘利明逆徒は当然のことながら、SMAPを「公開処刑」に処したジャニーズ事務所であり、甘利逆徒への「公開処刑」を行った世界のメディアに対して民衆がいかに対処するかが重要である、となるわけです。今回のテレビ騒動でジャニーズ事務所への社会的批判は極めて強くなったとはいえ、SMAP以外にもジャニーズ事務所には社会的に魅力のあるタレントが多いために、日本の多くの人民はジャニーズ事務所のタレントに対して「全面撤退」までの行動には出られないはずです。また、日本帝國主義体制主要閣僚であるはずの甘利逆徒に政治資金問題が波及したところで、安倍晋三逆徒政権に対する政権批判にまでは行きつかない厳然たる現実が日本帝國主義社会にあります。日本帝國主義社会全体の悪弊ですが、力のある組織がいかに不条理な行動をしようが「力」が絶対的正義であると容認してしまい、それが社会全体をゆがんだ方向に導く結果を招いてしまうのです。
 その意味でも、「力」のある組織による不条理は相応の手段を用いてでも粉砕した上で、相応の社会的評価を下すことが我々にも求められるのです。日本帝國主義犯罪的侵略集団が自称専門家などの支配勢力を総結集して不正行為まで働いて推進してきた人民拉致裁判制度(裁判員制度)などはその典型例です。日本帝國最高裁も不公正な世論誘導を働いた経緯があり、そんな不正行為に司法の最高府である日本帝國最高裁が手を染めた以上、この政策に対して「法の正義」を求めることは不可能となります。ですから、2011年11月16日の八百長合憲判決も正統性は全くないものとみなさざるを得ません。人民拉致裁判制度にふさわしい社会的処断はこの政策に対する「公開処刑」以外にない、となるわけです。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「裁判員制度」を公開処刑に処せ 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる