アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(9=居直り正当化)
 お隣の南朝鮮傀儡(大韓民国)にて前大統領朴槿恵被告人の裁判が始まっています。朴槿恵被告人は国民参与裁判(日本帝國主義社会での人民拉致裁判=裁判員裁判にあたる)を拒否して職業裁判官による裁判を選択しています。それもそのはず、社会全体を揺るがせた事件において推定有罪の社会ムードが極めて強い事案において、しかも厳罰を求める世論が際立っている案件となれば職業裁判官による裁判の方が有利になると考えて当然だからです。南朝鮮傀儡社会の場合は世論に判決が左右される側面が日本帝國主義社会よりも強いともいわれ、そ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/26 21:29
真の独立国としての態度はいかなるものか
 人民拉致裁判(裁判員裁判)における通訳問題は、昨年働かれた日米両帝國主義体制の拉致被害者でもある城崎勉氏の裁判でも大きく物議をかもしましたが、つい先日の日本帝國主義体制大阪地裁本庁での裁判でも再び問題になりました。この種の通訳問題がよく浮上するのは外国人犯罪のきわめて多い覚せい剤密輸事件で、とりわけ日本といえば非常に多くの国から入国する関係からしても、使用される言語は多種多様におよびます。ソマリア海賊事件など、逮捕罪状からわざわざ格上げして人民拉致裁判にあえてしたケースでは超のつく少数言語でも... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/25 22:40
日常会話ファッショ暴圧可能化法案日本帝國衆議院通過を厳しく糾弾する声明
 2017年5月23日、日本帝國主義体制衆議院が日常会話ファッショ暴圧可能化法(=テロ等準備罪と称する共謀罪、以下、日常会話ファッショ暴圧可能化法と表記)案を強圧通過させるという大暴挙を働いた。この法案は、組織的犯罪を起こす可能性を持つとみなされる団体の構成員が集合して犯罪を計画した上で現場下見や資金調達などの行動に出た際に構成員全体を処罰対象にするという内容だが、組織的犯罪を起こす可能性があるとみなす権限が日本帝國捜査当局の一方的恣意にゆだねられていて一般的団体も対象にされる恐れがあることや、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/24 00:09
朝鮮共和国の国防力を日本の安全保障に利用しよう
 本日の日本帝國テレビ局がトップ級で伝えているのですが、1971年に東京の渋谷で働かれた日本帝國警察官のファッショ暴挙に対してやむを得ぬ抵抗行為をした男性が日本帝國ファッショ捜査当局に5月18日拉致されたとのとんでもない報道が入りました。現段階では日本帝國ファッショ当局がとんでもないでっち上げ殺人罪での指名手配をしている人物かどうかは定かではなく続報を待つ状況で、また、現段階でのファッショ容疑は公務執行妨害だとのことです。とはいえ、人民拉致裁判制度(裁判員制度)強行8年を迎えようとする時期でもあ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/23 07:57
第二・第三の工藤會案件が必要だ
 日本帝國主義体制自民党の厚生労働部会にて、「がん患者は働かなくてよい」とのとんでもない暴言を吐いた議員が謝罪に追い込まれました。これは日本帝國野党勢力の発言に対しての暴言ではなく、日本帝國自民党内部でのヤジだけに自滅以外の何物でもありません。しかも、この議員は過去にも差別的ヤジを平気で何度も飛ばした経緯もあり、所詮は形式だけで本当の意味での心からの謝罪とは認められないとの評価をされても仕方ありません。そして、今回の暴言を吐いた議員のような思想が日本帝國自民党内部にトップから末端まで汚染されてい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/22 16:49
人民拉致裁判制度強行8年を最大限厳しく糾弾する声明
 2017年5月21日、日本帝國主義体制犯罪的侵略勢力が総翼賛して人民拉致裁判制度(=裁判員制度、以下、人民拉致裁判または人民拉致裁判制度と原則として表記)を強行してから8年を迎えた。この政策の推進にあたってはありとあらゆる不正・不法・違法手段が講じられており、存在そのものが国家犯罪級拉致行為・白色テロ以外の何物でもない。そして、制度を強行してからこの約8年の間、約76000人もの善良な人民が犯罪テロ組織日本帝國主義体制各地裁に拉致され、また、約10000人もの被告人がこの犯罪的不正裁判テロに拉... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 00:08
「筋関係者」の境遇に理解を深める必要性
 アメリカ合衆国帝國主義体制国防長官のジェームス・マティス逆徒が、「北朝鮮を攻撃すれば想像を絶する悲劇になってしまう」との悲鳴を上げました。それもそのはず、傲慢極まりないアメリカ帝國主義体制の侵略から護るために朝鮮民主主義人民共和国は相応の国防力強化目的の正当な科学技術向上を徹底している関係で、アメリカ帝國主義体制が攻撃すれば自国のとんでもない大損害に陥るからに他なりません。そして、折しもアメリカ帝國主義社会ではロシア連邦との不透明な関係が社会的追及を受ける一方で、万景峰号新航路就航などロシアは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 14:52
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(8=思想処罰)
 秋葉原で起きた類の車暴走跳ね飛ばし事件が世界各地で起きていて、欧州西側帝國主義社会でも相次いだのは記憶に新しいところです。そして、昨日にはアメリカ合衆国帝國主義社会でもニューヨークにて起きてしまいました。事件を起こしたとされる容疑者はアメリカ帝國侵略海軍元軍人で現段階ではテロ目的ではないと見られていますが、この種の元軍人が社会に適応できずに銃器乱射など凶悪事件を起こすケースが多いのも、アメリカ帝國主義社会の不治の悪弊です。軍の存在そのものが人間を人間と思わずに平気で殺害することを存在意義として... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 16:16
万景峰号のウラジオストク入港を心から祝福する声明
 2017年5月18日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の万景峰号がロシア連邦のウラジオストクに入港した。なお、今回ウラジオストクに入港した万景峰号は、以前に在日朝鮮人の帰国事業に使われていた初代版とみられ、二代目の万景峰92号とは異なるとされる。朝鮮共和国とロシアとの友好強化に役立つものとみられる一方、西側帝國主義侵略勢力が中心となって対朝鮮共和国不当制裁扇動の穴をあけるというとんでもない言いがかりもつけられている。しかし、現在の世界情勢をよくよく見れば、アメリカ合衆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 22:05
日本帝國主義侵略勢力による皇室の政治的悪用を最大限厳しく糾弾する声明
 2017年5月16日、日本帝國主義体制から秋篠宮長女眞子さんの婚約が発表された。折しも、今週後半には日常会話ファッショ暴圧可能化法(=日本帝國主義体制侵略勢力が「テロ等準備罪」と称する共謀罪、以下、日常会話ファッショ暴圧可能化法と表記)が日本帝國主義体制衆議院を通過しようかといわれる時期にこんなニュースを持ち出すことそのものが典型的スピンコントロールと批判されて然るべき事態である。当然のように日本帝國主義侵略的メディア勢力はこぞって眞子さん婚約話題に飛びついて大量報道の扇動を働き、本日提出され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 22:46
危険極まりない「逮捕即社会的有罪確定」
 一昨日の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によるロケット打上げ成功の件ですが、実は、先月末の「失敗」といわれるロケット打上げも北東に向けて打上げられていたことを思い出しました。その際に日本帝國主義体制メディアのフジテレビが自社編集委員の見解としてアメリカ合衆国帝國主義体制本土の方向に向けているということについて言及しています。しかし、一昨日から昨日にかけての各日本帝國メディアの報道姿勢を見れば、調べた限り打上げた北東方向にアメリカ本土があることについて言及したのはありません。昨日の落下地点にして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 15:35
朝鮮共和国新型ロケット成功を直視できない日本帝國主義侵略集団
 明日から日本帝國主義体制東京地裁本庁にて、強盗殺人・強姦未遂事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)が始まります。この裁判では殺害された女性に対して遺族が実名報道を容認した件について日本帝國主義体制毎日新聞から報道がありました。しかし、この種の報道に違和感を持つのは私だけでしょうか?即ち、上記記事にも示されているのですが、遺族が実名報道を望まないという方針を示すことは可能だったのですがそんな方針を出した場合には、日本帝國毎日新聞に限らずこの種の報道機関は一切報道しません。従って、遺族の「実名報道を望む... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 22:40
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(7=権力犯罪の除外)
 つい先日日本帝國主義体制札幌高裁にて判決が出されたのですが、砂川市での飲酒危険運転致死事件は社会に大きな波紋を広げました。以前にも小樽市で同様の事件が起きたこともあって、その反省がまるでなかったとの批判もされましたし、その後も北海道の広い大地でこの種の飲酒運転事件が何度も繰り返され、容疑者が警察官だったケースもあり、余計に深刻さが浮き彫りになっています。ところで、砂川市の危険運転事件では2人が共謀したとして起訴されたのですが、そもそも「危険運転(酒酔いで正常な状態での運転ができないと認識してあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 00:36
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(6=政治絡み事件での危険性)
 小学生少女殺害事件のあった松戸市で、今度は発砲殺人未遂事件が起きました。こちらは筋関係者絡みの事件とみられていて、事件が続くことに近隣住民の不安も強まっています。とりわけ、最近では神戸山口組から任侠団体山口組が分裂し、元々の山口組との対立も深まる中での事件発生ですからなおさら懸念が深まるというものです。筋関係者対立案件について当初は人民拉致裁判(裁判員裁判)からの除外をほとんど適用せず唯一工藤會絡みだけで運用されていたのですが、最近では山口組と神戸山口組との抗争案件にも適用が拡大されています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 00:09
憲法9条改悪?具体的にどう書き込むのか
 昨日ですが、日本帝國主義体制大阪高裁にて、営利目的覚せい剤密輸容疑に問われた女性に対して一審有罪判決破棄・逆転無罪判決が言い渡されました。営利目的覚せい剤密輸ということで当然のことながら一審は人民拉致裁判(裁判員裁判)で行われたものです。この種の一審人民拉致裁判有罪→二審逆転無罪というパターンは日本帝國捜査当局にとって最も歓迎できないパターンになります。というのも、国家統治の根幹にかかわる人民拉致裁判制度を国家ぐるみ、それも日本帝國検察当局側が最も積極的に徹底推進してきた経緯からしても、二審で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 08:57
自浄能力に期待できないならばどうするか?
 「拉致事件」云々の当事者家族が断末魔の行動を乱発しています。つい先日には姑息な越欧逃走(勝手に欧州西側帝國主義地域に逃亡する行為)を働いて対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)不当非難扇動を呼びかけるという堕落した態度を働きましたし、本日は日本帝國参議院委員会に出向いて「なぜ救出できないのか」などとの無意味な質問を発しました。「なぜ救出できないのか」その答えは歴然としていて、それは、日本帝國主義体制安倍晋三逆徒のこの扇動に対する本性が「拉致被害者救出」ではなく自らの政治信念である日本帝國靖國神社擁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 00:19
文在寅大統領当選を心から祝福する声明
 文在寅大統領万歳!!  문재인 대통령 만세!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 10:11
メディアと政権との癒着を容認する社会全体が問われる
 本日は朝鮮半島南部での大統領選挙投票が行われますが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)絡みの問題では連日のように周辺諸国が騒ぎを立てています。アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒政権は中華人民共和国の習近平政権に対して、朝鮮共和国が核放棄すれば体制保障を約束する意向を示したとの報道が出てきました。とはいえ、朝鮮共和国にとって中東・北アフリカ諸国に対してアメリカ帝國主義体制が同様の対応をした後どうなったかをよく見ていることからしても、上記の条件をのむなどということはまるで考えに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 21:05
越南逃走者極右反動勢力の悪質扇動には動じない
 フランス共和国帝國主義体制大統領選挙と称した八百長茶番劇が昨日繰り広げられ、エマニュエル・マクロン逆徒の当選で幕を閉じました。ただし、棄権者や無効票も多数出たということもあり、マリーヌ・ルペン逆徒との争いは不毛な選択肢を迫られるだけだと考えた良識ある有権者も多くいたのは言うまでもありません。昨年のアメリカ合衆国帝國主義体制大統領選挙と同様の構図であり、不毛な選択肢を迫られる人民が暴動を起こしてもおかしくない社会情勢になったということです。もっとも、フランス帝國主義体制やアメリカ帝國主義体制は「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 22:36
凶悪事件に対する我々の見方も問われる
 テロ等準備罪などと称する日常会話ファッショ暴圧可能化法問題がさらに大きな波紋を広げています。日本帝國主義体制民進党が対案を出すというとんでもない堕落した態度を示しているのですが、そもそも人民が求めているのは対案ではなく法規制強化自体の拒否感です。このような形で日本帝國侵略集団側に一歩でも譲歩すれば結果は百歩や千歩の譲歩につながります。国家ぐるみで不正乱発推進を働いてきた人民拉致裁判制度(裁判員制度)は絶対に潰しきるとの主張をしてきた立場からすれば、日本帝國民進党の堕落こそ糾弾および冷笑すべき態... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 23:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる