アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
北南対等平和統一は不可能ではない(6=米帝國の妨害力弱化)
 日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が日本国憲法9条改悪方針について言及し、今年末に出すとの方針及び日本帝國自衛隊の違憲論争に終止符を打つ目的との妄言を吐きました。9条改悪問題については、日本帝國自民党内部からも日本帝國自衛隊を明記する小手先だけの修正では何の意味もないとして本格的な9条全体改正を求める声が根強くあります。その意味では、日本帝國自民党内部から異論続出で議論が紛糾する可能性もあり、安倍晋三政権の内部基盤が弱まれば弱まるほど紛糾の可能性がより高まるといえます。一方で「違憲論争に終止... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 22:39
対人民ヘイト政策がもたらした当然の結果
 日本帝國主義体制自民党衆議院議員の豊田真由子逆徒が暴力団顔負けの暴言を吐くなどの途方もない反議員的行動発覚により離党に追い込まれました。しかし、この案件が刑事裁判に発展する可能性もあることから離党では済まず議員辞職にまで行き着く可能性もあり、現に陣営側も否定していません。そんな豊田逆徒の不祥事を受けての本日の日本帝國東京都議会選挙告示ですが、国政私物化と傲慢議員続出の日本帝國自民党か、過去の悪政の軍門に下って堕落した日本帝國都民ファーストの会かというまさしく不毛な選択を迫られようとしているのが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/23 22:50
悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による再度の超特大型妄動を厳しく糾弾する声明
 2017年6月22日、悪質越南逃走(=西側帝國主義体制勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)犯罪者朴相学容疑者らの妄動集団が金浦付近から北緯38度線以北に向けてデマビラを散布して再び世界の憤怒と嘲笑を浴びた。これは、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の法を悪辣に犯して労働教化刑15年の刑罰を受けて服役中ながら健康状態の関係により朝鮮共和国の寛大な措置にて解放されたアメリカ合衆国帝國主義体制籍オット・フレデリック・ウォームビア容疑者が治療のかいなく病院に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 15:18
ウォームビア容疑者の件から日本帝國主義体制の本気度を測る
 ついに日本帝國主義体制東京都知事の小池百合子逆徒が豊洲新市場への移転容認に追い込まれました。思い出したのが日本帝國民主党政権時代に八ッ場ダム建設中止を目玉公約に掲げていながら官僚の圧力に敗れて公約撤回に追い込まれた件です。過去の悪政を追認して日本帝國自民党政治と同等の立場に堕落した同様の経緯を見るにつけ、民意を背景に組織トップに選ばれたところで、既得権益をガチガチに固めている組織の壁の厚さに阻まれるという構造を前提にして政治を動かす必要があるということになります。その意味では政治トップに選出さ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/21 22:57
トランプ逆徒の超特大型反人権的挑発妄言を厳しく糾弾する声明
 2017年6月19日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が天人ともに激怒する超特大型の反人権的妄言を放って世界の憤怒と嘲笑を浴びた。これは、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の法を悪辣に犯して労働教化刑15年の服役中だったオット・フレデリック・ウォームビア容疑者が今月13日に朝鮮共和国の人道的見地から釈放された後治療のかいなく病院にて死亡した件について、朝鮮共和国当局による反人権的行為にて死亡したなどと朝鮮共和国の尊厳高い体制をとんでもない言葉で非... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 13:49
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(15=超スピード施行)
 グレートブリテン・北アイルランド連合王国帝國主義社会がとんでもない異常事態の乱発状態になっています。高層マンションの大規模火災で多数の死者が出たと思えば、イスラム教徒憎悪思想によるとの疑いが濃い車突入事件も起きました。とりわけ今回の車突入事件といえば、つい先日イスラム国関係者によるテロがあったばかりの情勢もあり、このテロに対する報復思想が背景にあることも疑われます。報復の連鎖から社会全体が自滅するのは善良な黒人vs白人当局の構図となるアメリカ合衆国帝國主義体制も然りで、西側帝國主義社会全体で同... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/19 22:14
社会的タブーの報道をせざるを得なくなった日本帝國メディア
 昨日ですが、アメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍のイージス艦が衝突事故により大破したり、乗組員が行方不明になったりしています。日米帝國同盟の存立そのものへの影響も指摘されるところですが、今回の事案が刑事裁判の手続に入った際にも大きな問題が出てきます。今回の事案が日本の領海内で起きたことから本来であれば日本帝國主義体制の法的手続に付されるのが通常ですが、今回は日米帝國地位協定なる主権侵略的条約の存在があるためにアメリカ帝國主義体制側に裁判を行う権利があるという見方がされます。加えて重要な問題は、アメ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 09:46
問い糾されるべきは「開かれた司法」だ
 昨日は1964年に新潟県下越地方から山形県庄内地方で大地震が起きてからちょうど53年に当たる当日でした。1964年といえば10月10日に帝國主義侵略五輪が東京で初めて行われた年でもあり、帝國主義侵略五輪直前の事態に日本社会が騒ぎになったりもしました。とりわけ2020年帝國主義侵略五輪・パラ五輪が東京で行われる直前の時期ということもあり、現在も大規模地震が毎年のように起きていることからしても、帝國主義侵略五輪ムードよりも毎年のように起きる大規模地震に対する対策を考える方が先というものでしょう。そ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/17 13:10
日常会話ファッショ暴圧可能化法を成立させた日本帝國白色テロリスト集団を厳しく糾弾する声明
 2017年6月15日、日本帝國主義体制自民党・公明党及び日本帝國維新の会他日本帝國主義体制極右反動勢力の白色テロリスト集団が日常会話ファッショ暴圧可能化法(=テロ等準備罪と称する共謀罪、以下、日常会話ファッショ暴圧可能化法と表記)案をついに強行突破して成立させるという天人ともに怒れる大暴挙に手を染めた。この法案は人民の基本的人権を根本から揺るがしかねないとの懸念から何度も廃案に追い込まれていて、日本帝國与党としても後々の歴史的汚名を着せられないよう自重してきた経緯もあった。しかし、そのような汚... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/16 14:35
6.15北南共同宣言17年を受けての声明
 2017年6月15日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の金正日総書記と大韓民国(=ここでは南朝鮮傀儡体制とは述べず正式名称または韓国と表記)の金大中大統領が体制の平和統一を実現すべく共同宣言を成功させてから17年になる当日である。そして、現在でも統一の基本路線としてこの北南共同宣言の精神が継続されている。その共同宣言の精神に反する政権がつい先日まで9年の長きにわたって継続していたが、今年、韓国で北南融和派といわれる文在寅大統領政権が誕生して改めて2000年北南宣言の意... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/15 11:36
尼崎脱線事件裁判からどう学ぶか
 最近ですが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)公民が相次いで越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)を働いたとかとの報道が出ています。故障で漂流した漁船から南朝鮮傀儡(大韓民国)体制への不法脱国行為が数日前にあったとの報道に続き、北緯38度軍事境界線から兵士が越南逃走したとの報道も出てきました。この種の問題が出てくるとどうしても朝鮮共和国の人権問題云々扇動が平気で働かれるのですが、一方で朝鮮共和国の主権侵害扇動になりうる問題点も指摘されます。朝鮮共和国の最高尊厳に対する特大型冒涜... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/14 15:38
北南対等平和統一は不可能ではない(5=カギを握るドイツ帝國主義体制)
 欧州西側帝國主義社会での議員選挙にて、反極右反動的民意が相次いで示されたことが話題になっています。排外的反動勢力のマリーヌ・ルペン逆徒やテリーザ・メイ逆徒の勢いに急ブレーキがかかり、元の西側帝國主義連携思想勢力が持ち直す傾向にもなりました。むろん、これらの世論傾向も「富める者がますます富む」新自由主義扇動に回帰しては何の意味にもなりませんが、日本帝國主義社会よりははるかにマシというものでしょう。折しも、日本帝國主義社会ではトップの安倍晋三逆徒とは別動隊として勢力を伸ばそうとする日本帝國東京都知... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/13 04:24
北南対等平和統一は不可能ではない(4=国際社会の反応)
 福岡県小郡市で一家3人が殺害されたという凄惨な事件がありました。当初は無理心中ではないかとの見方もありましたが、現場の状況から3人が殺害されたとの疑いが強まって捜査対象になった経緯があります。そして、現場では被害者が争った跡がなくこのようなケースでは多くの場合親族による犯行のパターンであり、現に日本帝國主義体制福岡県警所属の夫がまずは妻殺害の容疑にて逮捕されています。一家3人を親族が殺害したといえば、同じ九州、宮崎市の事件にて人民拉致裁判(裁判員裁判)経由死刑確定になったケースがあり、親族の意... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/12 07:40
北南対等平和統一は不可能ではない(3=無意味な日本の核武装)
 本日はまずこのコラムで、日本帝國主義体制讀賣新聞が政権の意向に沿って反政権的批判を抑え込む目的の、それも事実に基づかない悪意をもった報道姿勢に堕落しているのではないか?という内容です。この記事内容は今回の本論からは外れるので詳しくは触れないのですが、結びのところ『共謀罪の法案の国会審議が最終局面を迎え、捜査機関の運用によっては、国民に対する重大な権利侵害を伴う権力の暴走が懸念される中、国家権力に対する監視をするメディアの役割が一層重要になっている。そのような状況の中で、逆に、国家権力に加担する... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 00:09
北南対等平和統一は不可能ではない(2=誰が真っ先に妨害するか)
 9日前(今月1日)、日本帝國主義体制甲府地裁にて、フィリピン共和国マニラでの日本人殺害事件等で訴追された男性に対する人民拉致裁判(裁判員裁判)拉致手続が強行されました。今回裁かれる拉致被害者男性については主犯格とみられていて死刑求刑が予想されるのですが、別の詐欺未遂事件での職業裁判官だけでの裁判が行われ一昨日に区分有罪判決が出たこともあり、それを合わせての判断が行われることになります。とはいえ、8月下旬の判決までのお盆を挟む日程ともなれば人民の負担は途方もないものとなり、現に初期抽出数320に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/10 01:02
北南対等平和統一は不可能ではない(1=経済格差)
 昨日ですが、日本帝國主義体制福岡高裁にて、福岡県豊前市での少女殺害事件控訴審が行われ、一審の無期懲役が維持されました。この裁判は一審の日本帝國福岡地裁小倉支部での人民拉致裁判(裁判員裁判)にて死刑求刑ながら無期懲役判決が出て、双方が控訴した案件です。そして、同時期には栃木県や兵庫県で起きた同種の少女殺害事件の裁判も行われていて、兵庫県の案件では一審で求刑通りの死刑判決ながら二審で無期懲役に減刑されて日本帝國検察側が上告していますし、栃木県の案件ではそもそも一審で無期懲役求刑で判決も無期懲役だっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/09 22:19
日本帝國警視庁による特大型ファッショ暴圧を厳しく糾弾する声明
 2017年6月7日、日本帝國主義体制警視庁が一人の男性を殺人容疑で逮捕・拉致するという天人ともに激怒する特大型ファッショ暴圧を働いた。この男性は46年前に東京都渋谷区で日本帝國主義体制政権の暴挙に正当な抗議する活動をした際に警察官が死亡した件について殺人容疑をでっち上げられて不当極まりない指名手配された男性と同一人物だと勝手に決めつけられたもので、本人が同一人物であることを認めていないところからしても、日本帝國警視庁がその人物であると決めつけること自体もでっち上げ以外の何物でもない。通常であれ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/08 00:36
異例づくめの裁判?
 中東のカタールが周辺諸国から相次いで国交断絶に追い込まれた案件にて、ロシア連邦の工作活動が原因だったのではないか?という見方が出ています。この問題についてはアメリカ合衆国帝國主義体制連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出したとのことですが、現在アメリカ帝國FBIといえば、トップのドナルド・トランプ逆徒政権誕生時のロシアからの選挙介入疑惑を捜査中の組織です。そもそもアメリカ帝國主義体制といえば、国外で起きた諸問題についてアメリカ帝國主義体制の国内法で訴追するということも平気で働く内政干渉本性を根本的... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/07 12:36
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(14=性犯罪厳罰化先議扇動)
 中東カタール情勢がきな臭くなっています。カタールがイラン・イスラム共和国と連携しているとか、イスラム国の行動を黙認しているとかの疑いで周辺諸国との亀裂が深まり、サウジアラビア王国、アラブ首長国連邦、エジプト・アラブ共和国、バーレーン王国などが相次いで国交を断絶したとのことです。こんな事態を招いた一つの要因として言われているのが、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が国交断絶を唆したのではないかという説です。しかし、アメリカ帝國主義体制は侵略軍をカタールにも置いていることから... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/06 22:11
西側帝國侵略勢力を白色テロ集団と位置づける世論喚起に邁進しよう
 本日、日本帝國主義体制大阪地裁にて、今年2月13日の人民拉致裁判(裁判員裁判)判決公判の場に刃物を持ち込んだとして銃刀法違反容疑に問われた拉致被害者女性に対する裁判がありました。2月13日に判決を迎えた人民拉致裁判は、ただでさえ昨年11月に3人の裁判加担拉致実行犯が心を洗って離脱したことにより延期されていたものです(この記事では昨年11月に保釈されていたというが、保釈時期が裁判開始前か後かは不明)。また、傍聴人が法廷に入る際には金属チェックが厳しく行われる反面、この拉致被害者女性が2月13日当... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/05 16:44

続きを見る

トップへ

月別リンク

人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる