アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本帝國捜査当局による再度の対朝鮮総聯特大型ファッショ暴圧を厳しく糾弾する声明
 2017年12月14日、日本帝國主義体制新潟・京都・神奈川・山口・島根5府県警の極悪ファッショ捜査当局が、日本国内企業によるシンガポール共和国への日用品輸出の通常公正貿易行為について、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)への迂回輸出目的だというとんでもない言いがかりをつけて在日本朝鮮人総聯合会(以下、朝鮮総聯と表記)関連施設に踏み込み、また、上記の国内企業関係者らを逮捕するという天人ともに激怒する特大型暴挙を働いた。折しも、この時期は「拉致」云々を含めてありもしない人権云... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/15 16:13
沖縄ヘイト扇動番組は日本帝國メディア全体の悪弊だ
 本日は体調不良により簡単にエントリーしますが、今年1月に働かれた沖縄ヘイト扇動番組について重大な放送倫理違反があったとの意見が公表されました。しかし、この扇動番組について番組制作者側は間違った放送ではなく、こんな中傷には屈しないとの傲慢極まりない態度をとっています。このような事態は起きるべくして起きているという他ないのは、いざとなれば日本帝國主義体制支配層総翼賛で国家の不正行為を知りながらむしろ国家体制側に加担するような論理で人民拉致裁判制度(裁判員制度)を推進してきた日本帝國主義メディアあっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/14 21:15
心ある日本人は米帝侵略軍に対して相応の断固たる姿勢を取れ
 昨日、恒例の「今年の漢字」が「北」と決まりました。過去には「金」と決まったのを祝うかのようにロケットが打ち上げられたりした年もあり、12月12日となれば過去に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が大きな行動を起こした歴史もあったため、今年はどうなるかとも注目されたのですが、結果的にはこの当日に世界を大きく揺るがせるほどの行動はありませんでした。とはいえ、過去に公開されていなかった軍需工業大会が今年初めて公開されるなど、この時期全般という意味では大きな行動ともいえるでしょう。今年の漢字「北」決定に関... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/13 15:10
「最後の引き金」となって仕方ない推進経緯
 日本帝國主義体制が「拉致被害者」として散々国際社会に扇動してきた当事者の家族が相次いで逝去しました。折しも、帝國主義国際連合では人権問題云々の政治扇動が働かれ、悪質越南逃走(西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為)者の誇大妄言等により対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)名指しでっち上げ人権非難といった特大型茶番劇が演じられていますが、この扇動を最先端に立って騒動を起こしてきたのが恥ずかしいことに「拉致事件」云々を問題視して国際化してきた日本帝國主義体制です。関係者からも焦りの色がありあ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/12 15:53
真の核兵器廃絶を実現すべく我が道を歩む
 中央リニア侵略新幹線の工事をめぐって、日本帝國主義体制大林組が不正を行ったとして日本帝國主義体制東京地検特捜部の強制捜査を受けています。容疑は偽計業務妨害罪ということですが、具体的にどんな妨害工作を働いたのかがよく見えてきません。日本帝國大林組のみならず、別の日本帝國主義体制大手ゼネコン会社も捜査対象になっているということで、一体この工事をめぐって何が起きていたのかのレベルで日本の人民にとっても理解しづらい事態に陥りそうです。日本帝國主義社会では、特に建設業となれば大企業の技術力が世界トップレ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/11 22:22
真の人権保障社会朝鮮共和国支持世論を西側社会内から喚起しよう
 つい先日、東京で現役宮司の女性が前宮司の実弟に刺殺されるという異常事態がありました。殺害の実行犯が自殺(宮司女性の実弟の妻も宮司女性の運転手を殺害未遂しているが、この妻は実弟に殺害されている)していることから、今回の案件に共犯者がいない限り人民拉致裁判(裁判員裁判)にかけられることはなくなっています。この女性宮司が務めていた神社といえば由緒ある歴史もあり、大相撲とも縁の深い関係がありました。で、この神社に限らないことですが、神社といえば現在の安倍晋三逆徒による憲法改悪思想にトップから積極推進し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/10 22:18
越南逃走犯罪者級悪質妄言と位置づけさせないために
 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から木造船が多数日本列島にやってきている情勢ですが、ついに不法上陸後の窃盗で刑事事件に発展する可能性も出てきました。北海道にあり、漁師の一時避難場所としても作われる無人島から、避難時に利用される道具が多数盗まれていて、朝鮮共和国からとみられる人物が海洋投棄したと考えられているのです。現在、朝鮮共和国からきたとみられる木造船は日本帝國主義体制側の巡視船に張り付けられる形で曳航しています。しかし、今後朝鮮共和国からの人民をどのように扱うかは日本帝國主義体制側としても... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/09 09:51
犯罪被害者権利書込憲法改悪論の危険性
 アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒によるイスラエル首都エルサレム認定大暴言ですが、帝國主義国際連合安全保障理事会でも緊急会合に付されることとなりました。しかし、この理事会での今月の議長国が恥ずかしいことにわが日本帝國主義体制です。即ち、アメリカ帝國主義体制にとって絶対的忠誠を誓った日本帝國主義体制が安保理議長国であることを知っていて、このタイミングで対全世界挑発行為を働き、それに日本帝國主義体制を巻き込む狙いを持っているとみるのが自然です。こんな特大型暴挙に日本帝國主義体... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/08 10:06
日本帝國NHK受信料契約義務合憲反動判決確定を厳しく糾弾する声明
 2017年12月6日、日本帝國主義体制最高裁大法廷が、日本帝國主義体制放送協会(=NHK、以下、日本帝國NHKと表記)が受信料を支払わずにテレビを設置した男性に対してテレビ設置時から受信料を払うよう訴えた裁判において、日本帝國NHK側の訴えを全面的に認めるとんでもない反動判決を働いた。この訴訟が大法廷に持ち込まれたのは、受信料支払いを義務付ける規定が憲法違反か否かが初めて争点になったことに伴うもので、日本帝國NHKが主張する合憲性を認めるこれまたとんでもない内容の判決である。折しも、日本帝國N... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/07 00:01
トランプ逆徒の対全世界特大型挑発妄言を厳しく糾弾する声明
 2017年12月5日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒がイスラエルの首都をエルサレムにするとの特大型挑発妄言を吐いて全世界に対する敵対姿勢を鮮明にした。これは、ドナルド・トランプ逆徒が昨年の大統領選挙戦に際しての公約にも掲げていたもので、親族の側近にもユダヤ教徒がいる関係で働かれたものであるのは明らかだ。折しも、ドナルド・トランプ逆徒自身を初めとした政権全体のロシア連邦との不透明な関係について、ますますアメリカ帝國司法当局の捜査が中枢に食い込もうとする中、この問題から国... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/06 22:28
拉致予告状送り付け期限切迫まで公判日程が決まらない現実
 日本帝國主義体制国会が昨日の参議院と本日の衆議院にて、対朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)ミサイル発射非難決議という特大型八百長茶番劇の失態を働き、世界と人民の憤怒と嘲笑を買っています。日本帝國主義体制自民党安倍晋三逆徒極右反動政権が提出し、これをなんと日本帝國立憲民主党や日本帝國共産党までが賛同するという全会一致の異常事態になったものです。折しも、昨日は日本帝國主義体制主導で提案された帝國主義国際連合本会議での核兵器廃絶決議案が採択されたものの、昨年と比べて賛同国が11か国も減少し、今年交渉が始ま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/05 15:52
越南逃走者帰国支援活動の社会的理解を深めるために
 日本帝國主義体制立憲民主党の代表が、憲法を変えるか変えないかの問題に絡んで「改正発議をするならば国会で全会一致になるよう努力を求める」なる発言を働きました。この発言は、護憲派の日本帝國主義体制共産党、社民党が存在することを前提にした発言なのは言うまでもないですから、日本帝國共産党・社民党(もっとも日本帝國社民党は発議云々の時期には存在しているかどうかは微妙ですが)が賛成するような憲法改正など普通に考えればあり得ない条件を知っていて発言したということになります。普通に考えればあり得ない「日本帝國... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/04 16:25
恐怖の思想選別時代への突入を防げ
 明日からですが、アメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍と南朝鮮傀儡(大韓民国)軍が定例と称した空軍合同軍事演習を行います。この種の合同軍事演習は毎年のように絶えず行われてきた経緯があり、その都度朝鮮民主主義人民共和国が反発するのは当然というものです。このような毎年のように行われる合同軍事演習から自国の尊厳と社会安定を護るべく、朝鮮共和国は科学技術力の向上を徹底した路線として堅持してきたわけです。一方で、その明日からは日本帝國主義体制が「人権」云々の扇動を約2週間にわたって扇動する時期でもあります。と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/03 13:01
朝鮮共和国にとっての別の意味での重要な戦争抑止力
 昨日の現天皇によるセウォル号船員と同等の越南逃走(西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為)級無責任退位の期日決定の件他、日本帝國主義体制メディアが扇動的な報道を働いた結果、大事件裁判の判決ニュースの取り上げが矮小化されました。昨日の大型裁判といえば、沖縄でのアメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍関係者の強姦殺人事件人民拉致裁判(裁判員裁判)判決ですが、当初の予想通り、求刑・判決ともに無期懲役でした。以前にも触れていた通り、この案件は死刑には遠く、また、有期懲役にもまた遠いというレベルの残虐... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/02 00:04
ティラーソン逆徒更迭論の本質
 本日、現天皇によるセウォル号船員と同等の越南逃走(西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為)級無責任退位の期日を2019年4月30日と日本帝國主義体制が発表しました。現在の天皇といえば、人民が嫌悪するのを知っていながら人民拉致裁判制度(裁判員制度)について前の日本帝國主義体制最高裁長官の竹崎博允逆徒とともに政治利用するという反民族行為を働いた特大型人権犯罪者です。その意味では、人民拉致裁判制度を撲滅し廃止を実現した暁には天皇自らによる政治利用行為の責任を取らせる必要も出てきます。人民拉... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/01 22:18
朝鮮半島からの偽装難民論の途方もない危険性
 昨日は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)絡みの案件と、連日世間を騒がせた現役横綱の引退騒動に社会の関心がすべて集中されたためか、裁判絡みで本来ならば大きく取り上げなければならない案件2つが社会的関心の外に置かれる事態にもなりました。一つは、日本帝國主義体制最高裁が47年ぶりの判例変更となる大法廷判決(強制わいせつ罪適用における加害者の性的意図について、従前の必要説を改めて不要にした件)があったこと、もう一つは、日本帝國福岡高裁にて、32年前の熊本県松橋町(現・宇城市)での男性殺害事件で再審開始を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/30 00:06
火星15号新型ロケット打上げの成功を心から祝福する声明
 2017年11月29日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)が新型ロケットの火星15号の打上げを行い、見事に成功させた。今回初めて打上げられた火星15号は、ロケットの射程を従来型よりもはるかに伸ばし、ワシントンDCやニューヨークなどアメリカ合衆国帝國主義体制地域本土全体に届くだけの機能を持ち、その機能を実現するために弾頭をさらに増やして三段式になったのが特徴である。それもこれも、敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長のご指導の下で科学技術力強化路線に邁進してきた成果でもあり、核武... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/29 16:12
差別体質への相応の抵抗手段が必要だ
 日本帝國主義大企業でまたもや偽装が発覚しました。しかも、今回の件は現在の日本帝國主義体制経済団体連合会会長が相談役を務める(以前は社長・会長でもあった)会社での不祥事ということで、日本帝國経団連がこの種の偽装に手を染めることのできる体質を元からもっているとみなされても仕方ありません。大手自動車メーカーでの相次ぐ検査偽装であったり、素材メーカーでの製品強度偽装だったり、日本帝國主義社会が誇ってきたはずの製造業においての偽装が相次ぐ背景には、日本帝國経団連的な論理としての利益至上主義思想が根本にあ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/28 22:20
死刑廃止論云々の救いがたい無責任さ
 日本帝國主義体制立憲民主党の代表代行が、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)からとみられる漂流者(生死にかかわらず)が相次いでいることに関して昨日放映のテレビ番組生放送にて「偽装漁民の可能性も考えねばらならない」などとの妄言を吐いたことが波紋を広げています。これは日本帝國自民党や日本帝國維新の会議員の発言ではありません。こと朝鮮共和国に関して言えば、日本帝國共産党とて基本的には同じ思想回路です。ですから、朝鮮共和国との対応を考える際には、基本的にこの種の漂流者を「偽装難民」と疑う思考回路が日本帝國... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/27 15:04
日本帝國警視庁による特大型ファッショ暴圧を厳しく糾弾する声明
 2017年11月25日、日本帝國主義体制警視庁公安部が、革命的共産主義者同盟全国委員会のメンバー2人を拉致し、活動拠点を強制的に捜索するという天人ともに激怒する特大型ファッショ暴圧を働いた。これは、実際には居住していない場所に住居登録をしたとのでっち上げを働いて強行したのと、この日本帝國警視庁によるでっち上げファッショ暴圧を妨害したとのこれもまたでっち上げを働いて強行されたものである。現在では日本帝國主義支配集団総翼賛・不正乱発による国家犯罪級拉致政策でもある人民拉致裁判(=裁判員裁判、以下、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/26 22:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる