アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「国難」突破扇動のますますの困難化に追い込む
 日本帝國主義体制衆議院総選挙が行われた昨日ですが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のアジア太平洋平和委員会が談話を発表し、朝鮮中央通信『ア太委の代弁人、日本当局は朝鮮民族の対日敵愾心をはっきり知って軽挙妄動してはならない』記事で断固たる姿勢が掲載されています。この内容は、昨日の日本帝國衆議院総選挙を強行した日本帝國トップ安倍晋三逆徒の狡猾な野心や目的を正当に批判したもので、朝鮮共和国からすれば立場は一貫しているのは言うまでもありません。ここで注目すべきは、この記事の日本語版が掲載されたのは選挙... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/23 21:58
国家統治の正統性を認めないという強硬姿勢(2)
 本日から明日にかけて日本列島全体で大型台風の影響をモロに受ける可能性が極めて高くなっています。特に本日は東海地方を中心に、日本帝國主義体制衆議院総選挙・日本帝國最高裁国民審査に大変な影響を及ぼすことにもなりかねません。投票所が即避難所になるとか、投票した有権者に被害が出るとかのないよう祈るしかありません。一方で投票日明けの23日の方がより深刻な影響が懸念されています。奇しくも当日は新潟県中越地震からちょうど13年に当たり、とりわけ被災地の該当する選挙区(新潟5区中心、周辺選挙区も含めて)は大接... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/22 00:06
国家統治の正統性を認めないという強硬姿勢(1)
 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)外務省の崔善姫北米局長がロシア連邦内で行われた国際会議にて、核の標的はアメリカ合衆国帝國主義体制だけであると明言しました。言葉の上ではアメリカ帝國主義体制だけと明言しているのですが、問題はその本音として日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡(大韓民国)体制も核の標的として含まれている可能性が十分考えられることです。この両体制は事実上アメリカ帝國主義体制と一体になって絶対服従の立場として世界で動いていることや、現実にアメリカ帝國侵略軍基地を設置していることもあり、少なくとも... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/21 16:26
日本帝國希望の党の大罪
 ツイッターで「衆院選岩手」なる言葉がトレンド入りしていたので、てっきり小沢一郎氏が苦戦している状況なのかと思って詳細を見てみると、逆に相手陣営がオウンゴールを放っていたようです。これは、岩手県一関市での個人演説会にて、日本帝國主義体制自民党参議院議員が応援演説のつもりで「相手候補に投票する人は頭がおかしい」などとのとんでもない特大型妄言を言い放ったことです。この日本帝國自民党参議院議員は過去にも「日本は51番目のアメリカの州」などとの自国独立否定発言を働いた過去もあり、国会議員としての適格性に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/20 21:25
日本帝國主義報道の救いがたい腐敗実態
 世界最悪の人権不毛のツンドラ・アメリカ合衆国帝國主義社会でまたしても醜悪な銃器犯罪が発生しました。メリーランド州やデラウェア州で連続して同じ人物が発砲して6人を死傷(うち3人死亡)させたもので、この種の事件が日常茶飯事のように起きる現実にアメリカ帝國主義社会も絶望感にさいなまれています。問題は、こんな人権実態のアメリカ帝國主義体制とともに他国の人権云々について口出しするような西側帝國主義体制国家群であり、当然のようにそんな西側帝國主義国家群社会も人権不毛ぶりを世界に見せつけています。その意味で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/19 23:15
日本帝國最高裁国民審査直前の異様な弁論
 つい先日無残な墜落をしたばかりのアメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍ヘリコプターですが、十分な原因究明もされないまま訓練強行という暴挙を働いて日本の善良な人民の激怒を買っています。そんな米帝侵略軍の傲慢極まりない態度を卑屈に容認する日本帝國主義体制の対人民敵視体質の根深さは最早救いようがないという以外にありません。といいたいところなのですが、そんな日本帝國主義体制がアメリカ帝國侵略軍に対して軍用機墜落の原因究明を強く求める資格があるのか?という異常事態が日本帝國航空自衛隊で相次いでしまっています。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/18 16:15
悪質越南逃走・越米逃走者李正浩容疑者の特大型妄言を厳しく糾弾する声明
 2017年10月16日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)から不法に脱出して越南逃走(=西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)したのみならず、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)社会にも適応できずに越米逃走(=勝手にアメリカ合衆国帝國主義地域に逃亡する行為)まで働いた李正浩容疑者がニューヨークでとんでもない妄言を吐いて世界の嘲笑を買った。この妄言は、教育・広報機関のニューヨークでの講演会で発せられたもので、朝鮮共和国に対する... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/17 22:58
西側帝國主義的民主主義社会への世界的嘲笑世論を喚起しよう
 本日から5日間ですが、アメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍と南朝鮮傀儡(大韓民国)軍との合同軍事演習が行われるとのことです。これは、表向きだけはいかにも対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)牽制を最大目的にしているように見えますが、期間と時期を考えると、中華人民共和国共産党総大会に加えて、日本帝國主義体制衆議院総選挙期間中に何らかの動きがあれば地域の大混乱が起きるのは確実で、そのような事態を防ぐのが最大目的というべきでしょう。即ち、日本帝國主義体制の政治混乱を防ぐ目的ということで、これは悪質な内政干渉... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/16 22:41
人民拉致裁判の存在そのもの全てをフェイクニュースに位置づけよう
 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が近日中にミサイル発射するとか何とかでとんでもない扇動が働かれています。ミサイル発射といえば、10月10日に日本帝國主義体制が事実上の弾道ミサイル「みちびき」を発射したばかりで、朝鮮共和国からも偵察用スパイ衛星の打ち上げは明らかに軍事目的であり我々のロケット技術云々を非難する資格などないと正論で批判されています。折しも、本日2017年10月15日といえば、「拉致被害者」が帰国して15年になる当日なのですが、大々的な扇動が行われるのをわかっているこの時期を悪用して... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/15 22:33
日本帝國自由党自壊の大罪
 今週世間を大きく騒がせた事件として、11年前の川崎市での通り魔殺人事件において容疑者が逮捕される一件がありました。病気にかかって悔い改めるといった供述をしているとも伝えられますが、容疑者はこの事件の後になる10年前にも通り魔殺人未遂事件を起こしていて、懲役10年の実刑判決を受けて来年1月に刑期満了になります。それを考えた場合、社会に出ることを拒否する目的で自供したなどと疑う報道もありますが、いずれにしても本心から悔い改めたとの言葉が出ていないと見られても仕方ありません。現在のシステムだとこの事... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/14 16:47
安倍逆徒の傲慢姿勢がもたらす当然の副作用
 帝國主義国際連合教育科学文化機関(UNESCO)からアメリカ合衆国帝國主義体制が離脱を表明し、再来年1月1日からはオブザーバーレベルでの関与だけするとの方針を示しました。これは、イスラエルにとって世界遺産が都合の悪い形で登録された(ヨルダン川西岸のヘブロン旧市街地をパレスチナ自治区の世界遺産として登録)ことに端を発したもので、アメリカ帝國主義体制が反イスラエル的不公正政治決定だとの言いがかりをつけて一方的な離脱宣言をしたもので、当事国であるイスラエルも一緒に同時期の離脱を宣言しています。で、こ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/13 21:42
「裁判員等襲撃罪」はなぜできないのか(2)
 沖縄県、それも高江ヘリパットの至近にある東村でまたしてもアメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍のヘリコプターが無残にも墜落しました。この近くでは昨年12月に海域で同様にアメリカ帝國侵略軍のヘリコプターが無残に墜落していて、それから1年もしないうちに同様の異常事態が発生したことにもなります。こんな異常事態が相次いでも日本帝國主義体制はアメリカ帝國侵略軍に対して抗議の声一つも挙げることはしません。これは、日本帝國主義体制が沖縄の人民をむしろ敵視していることの象徴とさえいえる姿勢に他なりません。アメリカ帝... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/12 15:39
憲法改悪論前進を前提とした闘いが必要だ
 ここ数日話題になっている大きな事件として、自動車運転時のトラブルから東名高速道路の追い越し車線に乗用車を故意に止めて、相手方の運転手夫婦をさらに別のトラックに突っ込ませて死亡させたとみられる一件があります。この事件ではトラブルを起こした男性が過失運転致死傷の疑いで逮捕されていますが、起訴時に人民拉致裁判(裁判員裁判)対象の危険運転致死傷の適用があるのか?といった点も指摘されています。しかし、実際に危険「運転」罪を適用するとなると、今回の事案は「運転」ではなく自動車を故意に止めた行為を「運転」と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/11 22:45
朝鮮労働党創建72周年を心から祝福する声明
 偉大な朝鮮労働党万歳!!  위대한 조선로동당 만세!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/10 17:03
「裁判員等襲撃罪」はなぜできないのか(1)
 明日は朝鮮労働党創建72周年の記念日ですが、国際社会が働いてきた対朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)不当制裁に対する相応の対抗措置が次々に下されています。まず、朝鮮半島南部政権との合弁事業として起動した開城工業団地が朝鮮共和国の判断にて再稼働したとのことで、これについて南朝鮮傀儡(大韓民国)体制からは北南両体制の合意なしに再稼働しないという取り決めに違反しているなどとのとんでもない言いがかりをつけています。そもそも、対朝鮮共和国制裁扇動の方が朝鮮共和国の尊厳高い体制を転覆させることを第一義的目的... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/09 00:02
「大連立」誕生を前提とした闘いも必要だ
 茨城県で母子6人を殺害した後自宅に放火したとして、子供の父親が逮捕されるという異常事態になりました。この種の家族間殺人事件は凄惨さが際立つこともあって世間でのインパクトもきわめて大きくなるのも当然です。そして、殺人事件のため通常起訴されれば人民拉致裁判(裁判員裁判)対象になるのですが、6人の殺害ということで死刑求刑も当然視野に入る事案と考えられます。家族間の殺人事件の場合、浜松市での3人殺害事件でも象徴的なのですが、自らが事件の直接被害者であり殺人事件の遺族であり、なおかつ犯人の親族にもなると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/08 00:18
ICANへのノーベル平和賞授賞なる八百長茶番劇を心から冷笑する声明
 2017年10月6日、ノルウェー王国オスロにてノーベル平和賞授賞者決定という八百長茶番劇が演じられ、核兵器廃絶国際キャンペーン(以下、ICANと表記)という団体に授与することとなった。このノーベル平和賞は過去の受賞者が相応の資格を持っているのかが疑問視されていることからしても世界における権威が失墜した実態もある。そもそも、核廃絶云々を言うのであれば、核兵器が地球上からなくならない根本原因にメスを入れない限り実現しないのは誰がどう見ても明らかなことである。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/07 01:46
人民見下し思想の政治手法がもたらした途方もないリスク
 3日前ですが、日本帝國主義体制最高裁が宮崎市での女性殺害事件裁判において懲役25年の判決を確定させました。この裁判は一審の人民拉致裁判(裁判員裁判)にて懲役25年の求刑に対して無期懲役判決を出したことで大きな波紋を広げた案件で、二審ではさすがにこの一審判決はマズいということか一審の求刑通りの判決にされた経緯がありました。しかし、二審の25年とて元々の求刑と同じなのですから、きわめて重い判決であることには変わりありません。もとより一審の無期懲役というとんでもない挑発的判決さえなければここまで重い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/06 00:03
人民拉致裁判加担拉致実行犯への無言の圧力がもたらした判決か?
 大麻所持事件裁判において日本帝國主義体制東京地検が、判決に対して刑罰を軽くすることを求めるべく日本帝國東京高裁に控訴するという異例の事態がありました。これは、判決が言い渡された後に日本帝國東京地検が過去の同種事件と比べて求刑がはるかに重いということに事後的に気づいたことで控訴したとのことで、実際に日本帝國東京高裁では減刑されて判決は確定したとのことです。しかし、この経緯を見るにつけ、日本帝國検察当局にとっての「過去の同種事件と比べて刑罰が不当に重い」という問題に対する鈍感さを思わざるを得ません... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/05 21:09
日本帝國主義社会の「立憲民主主義」を嘲笑する
 約2年前に東京都渋谷区の高級宝石店への強盗事件において、日本帝國主義体制警視庁がグレートブリテン・北アイルランド連合王国帝國主義体制籍男性3人を国際手配する見通しになりました。正確には容疑としては強盗致傷、即ち、現在の法律で人民拉致裁判(裁判員裁判)の対象になる罪状です。この種の国際窃盗団による強盗事件は以前にも起きていて、同様に人民拉致裁判の対象罪状がかけられながら、実際の起訴時点では致傷要件が外されて人民拉致裁判を回避したケースもありました。また、今回被害に遭った従業員のけがの程度も軽く、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 00:11

続きを見る

トップへ

月別リンク

人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる