アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
差別思想を疑わざるを得ない極悪軽減判決を厳しく糾弾する声明
 2018年7月20日、日本帝國主義体制横浜地裁本庁が、2017年7月6日に姉妹を殺害したとして殺人罪などに問われた男性拉致被害者に対して、懲役23年という極めて軽いファッショ判決を言い渡した。この裁判では日本帝國主義体制横浜地検本庁は死刑を求刑していたもので、罪状完全認定かつ完全責任能力ありとの判定であれば、死刑求刑事案に対して量刑が軽くなったところでせいぜい無期懲役に落ちるまでが許容範囲だろう。判決理由としては計画性のない面や営利目的の否定、残虐性の軽さといった側面が指摘されているとはいえ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/20 22:53
工藤會総裁他に対する前代未聞のファッショ判決を厳しく糾弾する声明
 2018年7月18日、工藤會の活動資金を集める目的にて正当な集金活動をした総裁の野村悟さん及び幹部の山中政吉さんに対して所得税法違反なる言いがかりをつけられた特大型ファッショ訴追事案について、日本帝國主義体制福岡地裁本庁がとんでもないファッショ有罪判決を言い渡した。これは、会の活動目的であるはずの正当な集金活動を日本帝國ファッショ司法当局が個人的な所得だととんでもない恣意的解釈を働いたもので、こんなファッショ解釈は日本帝國主義社会の司法の歴史上前代未聞の出来事である。折しも、工藤會総裁に対する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/19 15:23
真の人権社会を実現するための「やむを得ぬ自衛措置」思想を世界に広げよう
 昨日からですが、日本帝國主義体制水戸地裁にて、14年前の女子大生強姦(当時の法律。現在では強制性交等と表記)殺人事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)が始まっています。この裁判で裁かれている拉致被害者はフィリピン共和国籍男性で、他に2人の容疑者(当時少年)がいるのですが、この2人は既にフィリピンに帰国しています。この記事で示されるように、日本帝國主義体制とフィリピンの間では犯罪人身柄引渡し条約がなく、現地の法律で裁く「代理処罰」規定もフィリピンに存在しないことから、この2人の扱いは極めて難しいことに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 15:06
「司法取引」の第一号も反人権的構図
 ロシア連邦とアメリカ合衆国帝國主義体制との関係がロシア側有利にますます流れようとしています。露米首脳会談がつい先日行われたのですが、これについてアメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒はウラジーミル・プーチン大統領政権による介入はなかったとの言葉に対して同調し、アメリカ帝國主義体制内与野党双方勢力から突き上げを食らったりしています。また、アメリカ帝國司法当局がロシアによる政治介入をでっち上げてマリア・ブティナさんを拉致するというファッショ暴圧を働いたことも明るみに出ましたが、トランプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 16:26
社会全体の安定化を実現するのは政治の責任
 本日、日米帝國原子力協定が30年の満期を迎えたことで自動延長されるという異常事態になっています。この協定では日本帝國主義体制が基本的には兵器にしか使えないはずのプルトニウム再処理について、非核国家で唯一平和利用との触れ込みで容認される内容が盛り込まれています。しかし、2011年の原発爆発事件以降通常の原子力発電でさえ地元の抵抗が強い中、はるかに危険度の高いプルトニウム発電は現実には実施できず、日米帝國原子力協定など実効性がなくなっている情勢にあります。奇しくも、本日は新潟県中越沖地震から11年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 22:58
「女性の人権保護」言及など1万年早い
 西日本各地に特大の被害をもたらした豪雨が明けたと思ったら、今度はその地域を含めた東西日本を猛暑が襲っています。避難所で体調を崩して命にかかわる事態も続出していて、大規模災害の後の二次災害が広域にわたる懸念材料になっています。そして、悪運とでもいうべきか、この時期の西日本各地において人民拉致裁判(裁判員裁判)があまり行われていないこともあって、致命的な混乱にまでは至っていません。しかし、日本帝國主義体制神戸地裁姫路支部での例の7か月裁判は何とか生き延びさせている状態ですし、今月には日本帝國福岡地... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/15 22:46
「拉致」云々解決扇動極右反動勢力を日本人の手で追い詰めよう
 昨年、千葉県松戸市で起きた発砲事件について筋関係者の容疑者が逮捕されました。この発砲事件の起きた時期は、同じ松戸市でつい先日人民拉致裁判(裁判員裁判)判決の出た少女殺害事件の衝撃が地域に残る中で起きたものですから、地域社会の動揺は極めて大きかったことが想像できます。そして、この種の筋関係者同士の抗争事件となると人民拉致裁判での危険度は極めて大きくなるのは言うまでもありません。ところが、現在日本帝國裁判所当局が働いている態度はといえば、以前は人民拉致裁判をことごとく回避してきた工藤會関係事案まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 00:27
米帝侵略勢力から足を洗う大チャンス
 日本帝國主義体制最高裁が鳥取県米子市での男性殺害事件にて、二審判決を破棄して差し戻すという極悪判決を言い渡しました。これは、強盗殺人罪で起訴された男性拉致被害者に対して一審の人民拉致裁判(裁判員裁判)では強盗殺人ではなく殺人と窃盗を適用して懲役18年だったのですが、これに日本帝國鳥取地検と弁護側双方が控訴し、日本帝國広島高裁松江支部では完全無罪の判決を言い渡した経緯があり、日本帝國広島高検松江支部がファッショ上告したものです。日本帝國最高裁は判決の中で、拉致被害者男性が当時230枚もの千円札を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 22:31
越南逃走級思想浄化扇動から善良な人民を護り抜こう
 日本帝國主義体制自民党政権の反人権的実態が今回の西日本一帯大規模豪雨によりますます露わになっています。豪雨の緊急事態が予想されていながら宴会をしてその写真で人民に対して上から目線での見せつけを働いた件が社会的非難を浴びたのは周知のとおりで、その一件については形の上での謝罪に追い込まれてはいます。しかし、実際に真摯な態度で反省しているわけではないのは、復興とはまるで関係ないギャンブル依存症乱造(カジノ推進)法案や日本帝國参議院の過疎地切捨て定数改悪法案を次々に通そうとする態度からも明らかです。要... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 22:54
越南逃走級極悪転向扇動への国際的批判世論を喚起しよう
 日本帝國主義体制大津地裁が、34年前の強盗殺人事件で無期懲役確定にて服役中死亡した男性の求めた再審を認めました。死後再審請求が認められるのは今回が初めてとみられるために大きな注目を集め、同様に獄中死亡した名張ぶどう酒事件のさらなる再審請求にも影響を及ぼす可能性もあるのですが、この種の冤罪救済活動で仮に下級審で再審が認められたところで、必ず日本帝國検察サイドは上級審に徹底して抗告してきたのが実態です。袴田事件を例に持ち出すまでもなく、上級審で再審開始取消などという結末を我々は何度も見てきました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 22:46
越南逃走級極悪転向扇動から在朝日本人を護り抜こう
 7月上旬というと、中華人民共和国とアメリカ合衆国帝國主義体制との間での貿易戦争が世界的に大きな波紋を広げています。アメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒の自国第一主義扇動から始まったこの騒動は、不当圧力を受けた諸国からの当然の対アメリカ帝國主義体制相応報復措置という形で次々に現れているのですが、残念なことに恥ずかしいばかりですが、わが日本帝國主義体制は一切対抗措置を取ることなく卑屈にもアメリカ帝國主義体制の言いなりになるばかりだから情けないことこの上ありません。しかし、よくよく考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 01:32
日本帝國犯罪的侵略支配層による傲慢姿勢への唯一の対抗策
 集中豪雨をもたらした梅雨前線の活動はようやく収まり、今度は梅雨明けと暑さがやってきました。100人以上の死亡が確認され平成最悪の風水害になり、中国・四国地方では交通が至るところで寸断されています。今回の気象災害については命名災害になったのですが、あまりにも被害範囲が広かったため名称も「平成30年7月豪雨」と地域名なしの異例さとなり、さすがに日本帝國トップの首相も予定した外遊をキャンセルせざるを得ない事態にまで追い込まれました。東日本大震災以来の同時多発的広域災害となると、それだけ復興にかかる時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 22:12
敬愛する金日成主席逝去24年に際して謹んで追悼する声明
 2018年7月8日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の敬愛する金日成国家主席が逝去されてからちょうど24年を迎えた。敬愛する金日成国家主席は朝鮮半島の平和的統一の実現を目指すべく、1948年以来の体制分断以来いかに平和統一を目指すかの道筋を考えてこられた。そして、今年ついに敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長のご指導の下、明るい道筋の光が見えるまでの情勢を作り出すことに成功している。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 21:36
オウム真理教的組織は傲慢政権への抑止力にもなる
 本日、横浜市の大口病院での患者連続不審死事件にて、当時勤務していた内部の看護師女性が殺人容疑にて逮捕されました。この大口病院では2年前に患者約50人が連続して不審死するという異常事態になっていて、これが全部立件できるとなれば、昨日大量処刑が強行されたオウム真理教事件の被害死者数を上回る事態に発展してしまいます。一方でこの不審死事件では消毒液が使われたとされるのですが、致死量が定かではないことからも立件の難しさが指摘され、内部犯行の疑いが極めて強いとみられながらも現に2年近くも捜査が難航していた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 18:40
日本帝國法務省による特大型挑発妄動を厳しく糾弾する声明
 2018年7月6日、日本帝國主義体制法務省がオウム真理教の元代表他7人を処刑するという特大型挑発行為を働いた。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会は死刑制度そのものに反対する立場ではないが、前代未聞の7人同時の処刑強行であることと、現在日本各地で大雨災害が相次いでいる時期にあえて強行したこと対人民特大型挑発性については糾弾されるべきものだ。そして、同日には日本帝國千葉地裁での松戸市少女殺害事件の人民拉致裁判(=裁判員裁判、以下、人民拉致裁判または人民拉致裁判制度と表記)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 22:43
対米帝國絶対隷従主義の致命的国益侵害
 昨日ですが、日本帝國主義体制大阪府警が堺市で起きたバイク大学生死亡事件について、煽り運転をした容疑をかけられた男性を異例の「殺人容疑」にて逮捕しました。この種の交通事故死亡事件について殺意をもって事故を故意に起こしたという解釈をするケースはそれなりに起きるのですが、とは言っても例がそれほど多いわけではありません。もっとも、仮に殺意が認められなくても最低限危険運転致死容疑の適用は免れ得ないでしょうから日本帝國大阪地裁堺支部での人民拉致裁判(裁判員裁判)対象案件になる可能性は極めて高いとみられます... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 21:28
日本帝國原子力規制委・名古屋高裁金沢支部の極悪決定を厳しく糾弾する声明
 2018年7月4日、日本帝國主義体制原子力規制委員会が日本帝國主義体制原子力発電の東海第2原子力発電所について規制基準に適合しているなどととんでもない決定を下した。そして同日、日本帝國主義体制名古屋地裁金沢支部は、日本帝國関西電力大飯第3・4原子力発電所の稼働を認めるというとんでもないファッショ判決を言い渡したのだが、これは、日本帝國福井地裁の良識ある差し止め判決をひっくり返した意味においてもとんでもないファッショぶりを見せつけた。折しも、日本帝國主義体制は今後のエネルギー政策に関して、原発電... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 22:49
メキシコ人民による良識ある選択を心から祝福する声明
 2018年7月1日(日本時間では2日)、メキシコ合衆国にて大統領選挙が行われ、左派政党・国家再生運動代表で元メキシコ市長のアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏が当選した。メキシコでは国民行動党や制度的改革党という保守反動勢力が100年政権を担ってきたものが、ついに左派政権樹立という新たな時代に入った。そして、ロペスオブラドール氏といえば、対アメリカ合衆国帝國主義体制、とりわけ現トップのドナルド・トランプ逆徒による対メキシコ強硬姿勢に対して徹底的な対抗的強硬姿勢を取ってきたことでも知られて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 00:00
越南逃走者を悪用しての特大型極悪妄動に走るキンタナ逆徒を厳しく糾弾する声明
 2018年7月2日、帝國主義国際連合にて朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)のありもしない人権問題をでっち上げる極悪目的で活動するトマス・オヘア・キンタナ逆徒が、悪質越南逃走(=西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)者からのでっち上げ聞き取りを行う目的にて朝鮮半島南部に土足で足を踏み入れた。帝國主義国連の対朝鮮共和国不当名指し人権問題調査といえば、現在報告者になっているキンタナ逆徒の代以前から長期にわたって行われてきたもので、今回の悪質越... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 13:02
人民拉致裁判加担拉致実行犯・白色テロ集団への社会的糾弾世論をますます喚起しよう
 昨日ですが、北海道から民間ベンチャー企業が事実上の弾道ミサイルを発射した直後、無残な落馬に終わりました。映像を見れば、その一部始終の無残さは救いようのないレベルというものです。この民間ベンチャー企業には国内的に超のつく有名ベンチャー資本家も出資していたのですが、この人物は以前、朝鮮民主主義人民共和国の科学技術力向上ロケット実験に際して日本帝國主義社会内で極端な騒動システムが起動したことについて「朝からJアラートで起こすな」と扇動したこともありました。他国の正当な科学技術実験に対してケチをつけて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 00:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる