人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 帝國主義TPPへの屈辱的署名を厳しく糾弾する声明

<<   作成日時 : 2016/02/05 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年2月4日、日本帝國主義体制高鳥修一内閣府副大臣がニュージーランドにノコノコと足を踏み入れ、環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(=TPP、以下、帝國主義TPPと表記)に調印をするという屈辱的醜態を演じた。これは、日本帝國主義体制経済再生大臣だった甘利明逆徒が自らの政治資金問題の責任を取って無残な落馬に追い込まれたことを受けての異例の対応で、帝國主義TPP署名国はもとより世界全体の嘲笑を浴びたことは容易に想定できる。甘利逆徒といえば、2011年の日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の反省なき原発再稼働に関連して「再稼働しないからデング熱が流行した」などとの妄言を吐いたり、人民抹殺ボタン(=マイナンバーまたは共通番号、以下、人民抹殺ボタンと表記)システムの広報も働いたことがあり、まさしく反人民的侵略政策推進の象徴であった人物でもあった。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今回の帝國主義TPP署名を日本人1億3千万人を代表して厳しく糾弾するとともに、帝國主義TPPからの離脱を実現するため邁進すべく、以下の声明を発表する。

 甘利明逆徒の無残な落馬を受けて直後に石原伸晃逆徒が同じ大臣の座についたが、就任直後という大臣が何も知らずに署名式に出向いても日本帝國主義体制の国益に反するという判断が働いたか、日本帝國主義体制は署名式に副大臣が出向くという異例の事態になった。署名各国が閣僚級を派遣する中で重要署名国として屈辱的な事態である。世界が注目する条約の中でこんな有様では日本帝國主義体制がどんな目で見られるかは容易に想像できるというものだ。このような事態を迎えるのであれば署名そのものをキャンセルする方がよほど国益にかなうというものであり、日本の人民にとっての幸福も大きい。
 甘利逆徒といえば原発再稼働や人民抹殺ボタンシステム推進に邁進してきた経緯もあるが、これらの政策はまさしく強者の強者による強者のための政治を具現したものである。帝國主義TPPも資本家という強者が主導するシステムであるが、そんな甘利逆徒が私利私欲目的で建設会社に口利きをしていたともなれば、帝國主義TPPや原発、人民抹殺ボタンシステムといった政策が日本の人民にとって実際にどんな事態をもたらすかは容易に予測できる。即ち、資本家という強者が人民から搾取する構造をより強化する結果をもたらすということだ。人民抹殺ボタンシステムは日本帝國捜査当局が人民の財産や行動を監視する目的で悪用され、帝國主義TPPは資本家がより利潤を大きくする目的に悪用され、原発も大企業が大量の電力を安価に利用する目的で悪用されるということになる。
 条約締結交渉にあたっての最高責任者が無残な落馬により署名式に出向けなかったことで、日本帝國主義体制が帝國主義TPPを推進するにあたってはより不利な立場に立たされることは見え見えである。一方でこの条約を強く推進してきたアメリカ合衆国帝國主義体制内から「国益に反する」との反対論が強力に出てきていることも見逃せない。折しもアメリカ帝國主義体制では大統領選挙に向けて世界の注目が集まる中、帝國主義TPP反対論が選挙の争点に浮上している情勢もある。そんな情勢の中であればこそ、甘利逆徒落馬を受けてこれを契機に2016年2月4日の帝國主義TPP署名式への参加を見送るという判断も一つの選択肢であったことは言うまでもない。ところが、そんな選択肢を考えることなく日本帝國副大臣をノコノコと出席させる日本帝國主義体制の不見識は救いようがないという他ない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今回の帝國主義TPP署名を日本人1億3千万人を代表して厳しく糾弾するとともに、帝國主義TPPに左右されない日本の社会構造を作り出すための活動にさらに邁進すべく宣言する。甘利逆徒の後釜になった石原逆徒にしても、2011年日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件に際しての汚染物中間貯蔵施設建設問題にあたって「最後は金目でしょ」なる妄言を吐き、また、都市部地盤のために農業の現場を知らないという問題も取りざたされている。今後の日本帝國国会における帝國主義TPP関連法案質疑で不安視されるゆえんである。所詮は強者の強者による強者のための政策を推進していこうとする日本帝國主義体制全体の姿勢は、まさしく人民拉致裁判制度(裁判員制度)の総翼賛体制でも示されていることだ。我々日本の人民は、こんな政治を働く日本帝國主義社会全体と徹底して戦わねばならない、ということでもあるのだ。

 2016年2月5日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
帝國主義TPPへの屈辱的署名を厳しく糾弾する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる