人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプ逆徒政権誕生、それから(2)

<<   作成日時 : 2016/11/13 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 新潟県新発田市で起きた強姦致死事件にて、一審の日本帝國主義体制新潟地裁での人民拉致裁判(裁判員裁判)無期懲役判決が二審でも支持されました。この件においては日本帝國新潟地検は死刑を求刑しておらず、死刑になる可能性はゼロの事案です。ところが、この二審判決を受けて遺族側が極刑を望むというコメントを出し、それを平気で日本帝國メディアが伝えてもいます。これは、法治主義を尊重する日本帝國主義社会において極めて危険極まりない扇動以外の何物でもありません。そもそも思い出してみれば、人民拉致裁判制度(裁判員制度)導入の思想は山口県光市での母娘強姦殺人事件における死刑適用扇動により厳罰化、とりわけ従前で無期懲役だった事案に対する死刑適用是認目的が主要な眼目でした。だからこそ犯罪被害者・遺族が死刑適用がまず考えられない事案においても平気で人民拉致裁判法廷にて死刑適用扇動を働くこともできるとなるのです。奇しくも、一昨日に人民拉致裁判経由死刑確定者で、日本帝國主義体制犯罪的侵略支配層総ぐるみでの国家犯罪級拉致政策・人民拉致裁判体制の拉致被害者でもある田尻賢一氏が処刑されるという事案がありましたが、人民拉致裁判がこのような形で政治的に悪用されるとなれば、裁かれた拉致被害者側からの憎悪感情もより深まることになるでしょう。被害者感情だけでなく、人民拉致裁判で裁かれたことに対する憎悪の念を扇動することが今後を考える上でも重要になるのではないでしょうか?

 さて、アメリカ合衆国帝國主義体制大統領選挙と称する八百長茶番劇でドナルド・トランプ逆徒が当選してアメリカ帝國主義社会全体が騒然としています。「トランプは我々の大統領ではない」といったデモが各地で頻発する一方、トランプ逆徒を支持する極右反動勢力がヘイトデモを働いたり、差別思想に基づく対人民攻撃犯罪が起きたりもしています。トランプ逆徒自身は表向きこの種の極右反動ヘイトデモは抑制するように、と述べておきながら、心の中では歓迎して見ていることも十分考えられます。いずれにしても、この種の社会対立がますます激しさを増すのは間違いないでしょう。
 こんなアメリカ帝國主義社会の異常事態ですが、よくよく見ると、日本帝國主義社会で同じようなヘイトデモが日常茶飯事的に行われてきました。むしろ、世界各地から強烈な批判を浴びてきた日本帝國主義社会での差別的扇動デモが西側帝國主義社会全体に広まっているというべき情勢です。アメリカ帝國主義社会というよりも、西側帝國主義社会全体で移民排斥デモが大手を振ってまかり通るのも、西側帝國主義社会で極右反動排外主義的政治家が跋扈しているからに他なりません。そんな異常事態を世界で最も先導してきたのが実は日本帝國主義社会だというのだから、トランプ逆徒のアメリカ帝國主義体制トップ就任は日本帝國主義社会にとっての屈辱という意味も持つのです。
 フィリピン共和国のロドリゴ・ドゥテルテ大統領について「フィリピンのトランプ」などとの言い回しで表現されたりもしてますが、日本帝國主義社会こそがこの種の排外世論の先導役になっているのだから、トランプ逆徒が「アメリカのアベシンゾー」、マリーヌ・ルペン逆徒が「フランスのアベシンゾー」と言われて当然というものです。即ち、アベシンゾーこそが世界の排外主義思想扇動の代表として取り扱われねばならないのです。来年の帝國主義G7会合そのものが排外主義思想扇動国家群トップが集う会議として世界全体に屈辱的な姿を晒すことは容易に想定できますが、その中心にアベシンゾーが立っているとの世界的評価を受けても仕方ないのです。逆に言えば、この種の排外扇動の被害者こそが世界で大きな存在感を持つということも言えます。
 西側帝國主義G7国家群が極右排外扇動反人権勢力との世界的評価を受け、その中心には日本帝國主義体制トップのアベシンゾーがいるという構図になった場合、日本帝國主義体制こそが世界で最大の屈辱を受けることになります。その反面世界で最も輝きを放つのが中華人民共和国となるでしょうが、それもこれも中国が世界の大国の中で最も分別ある行動を貫いてきたから起きた情勢です。古い中国時代の孫子の兵法に「戦わずして勝つ」というのがありますが、西側帝國主義社会内で次々に自滅情勢が生まれるのも頷けるというものです。西側帝國主義勢力はまず真っ先に、自らの排外主義扇動が生まれたそもそもの原因を反省することが求められる、となるわけです。

 アメリカ帝國ドナルド・トランプ逆徒政権誕生を祝福すべく、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号G3LKNF5M(日本語版)、BDX4LG4C(조선어 버전)、で11月15日まで、となっています。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
トランプ逆徒政権誕生、それから(2) 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる