人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍逆徒の無分別極まりない越米逃走を嘲笑する声明

<<   作成日時 : 2016/11/17 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年11月17日、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒がアメリカ合衆国帝國主義体制地域に向けて越米逃走(=勝手にアメリカ帝國主義体制地域に逃走する行為、以下、越米逃走と表記)した。次期アメリカ帝國大統領就任が決まったドナルド・トランプ逆徒との会談を行う目的だというが、アメリカ帝國大統領選挙と称する八百長茶番劇終了直後に就任前の当選者と会談するのは異例の事態といい、ドナルド・トランプ逆徒の当選可能性を十分考えていなかった日本帝國主義体制トップ勢力の無分別さを世界に晒したという他ない。また、越米逃走に際しての会談の主要な内容といえば、ドナルド・トランプ逆徒が徹底抗戦して事実上発効不能にした帝國主義TPP(=環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定、以下、帝國主義TPPと表記)の再検討打診等というのだから、これほどまでに卑屈で屈辱的極まりない哀願外交はないというものだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒による極悪無分別越米逃走外交を徹底的に嘲笑するとともに、我々からは安倍晋三逆徒的政策遂行を機能不全に陥らせる活動を強化すべく、以下の声明を発表する。

 日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒は、アメリカ帝國主義体制大統領選挙と称する八百長茶番劇戦中にドナルド・トランプ逆徒とは会談せず、もう一方の候補者だったヒラリー・クリントン逆徒とのみ会談するという一方的態度を働いた。それも、ドナルド・トランプ逆徒の当選可能性も相当にあるという客観情勢があった中での態度である。あからさまにドナルド・トランプ逆徒の当選だけは都合が悪いという敵対的態度を示したのは、日本帝國主義体制としてヒラリー・クリントン逆徒を支持しますとの妄動を働いた以外の何物でもない。アメリカ帝國主義体制がこんな日本帝國主義体制の体たらくなどは完全に無視して良識をもってドナルド・トランプ逆徒を選出したのだから、日本帝國主義体制は完全に目論見が外れて狼狽したことは言うまでもないことだ。
 当然、安倍晋三逆徒が働こうとするのが狼狽しての無分別極まりない越米逃走哀願外交なのだから、ドナルド・トランプ逆徒は日本帝國主義体制の弱みに付け込んだ上で徹底的な圧力外交を仕掛けるだろう。また、日本帝國主義体制にはドナルド・トランプ逆徒側近にほとんど人脈がなく、真っ先に関係構築を初期段階から行わねばならないという高い壁も存在する。人脈がほとんどない政権と関係強化を図ろうにも、互いの政権に信頼関係がなければ円滑な関係構築などできるはずもなく、お互い警戒しながら敵対意識を持った上での関係にもなりえよう。その結果、日本帝國主義体制はアメリカ帝國侵略軍の駐留負担をさらに上乗せさせられた挙句、一方でアメリカ帝國主義体制が中華人民共和国やロシア連邦に対して日本帝國主義体制に対する敵対的和解行為を行うことで、日本帝國主義体制が孤立させられる結果さえ招きかねない。そんな結果を招きかねないのも、日本帝國主義体制がドナルド・トランプ逆徒当選の可能性について都合が悪いという理由で無視してきたツケが回った以外の何物でもない。
 また、ドナルド・トランプ逆徒は側近を家族や極右反動思想人物で固めるなど、諸外国から痛烈な批判を浴びるのは確実な人事を働こうとしている。ドナルド・トランプ逆徒が影響力を及ぼせる人事としてアメリカ帝國連邦最高裁長官に極めて反動的思想を持つ人物を任命する可能性も示唆している。ドナルド・トランプ逆徒的政治思想とは協力できないとして身内から忌避される傾向も出てきていて、家族や自らの極右反動的政治思想に近い人物が中心にならざるを得ないという事情もあるだろうが、それは政治の私物化との痛烈な批判につながって当然であり、現に日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒政権も自らの政治思想に近い人物で固めているし、それ以上に南朝鮮傀儡(=大韓民国)体制が現在政治の私物化問題で政権転覆寸前に至っている。そんな世界的批判を浴びるべき極悪政権と対話する目的で我真っ先に越米逃走するという堕落した態度は、ドナルド・トランプ逆徒政権の軍門に一番手として日本帝國主義体制が下るという途方もない屈辱そのものだ。世界は当然のことながら、ドナルド・トランプ逆徒政権の醜悪さを嘲笑するのみならず、それ以上に、そんな極悪政権の軍門に我先んじて下った日本帝國主義体制を嘲笑することになるだろう。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒による極悪無分別越米逃走外交を徹底的に嘲笑するとともに、日本帝國主義体制のそもそもの正統性の部分から崩壊させるための活動をより強化すべく声明を発表する。アメリカ帝國主義社会では極右反動思想のドナルド・トランプ政権誕生決定を受けて、さらなる人種間対立激化が予想され、現に新政権誕生を絡めての人種差別思想を背景とした銃撃事件も発生している。アメリカ帝國白人捜査当局による対善良黒人銃撃事件やそれに対する善良黒人による報復的対アメリカ帝國白人捜査当局への銃撃案件も以前から起きていたが、この問題もさらなる問題激化となるのは容易に想定できるというものだ。善良黒人による報復的銃撃案件はアメリカ帝國主義体制建国からの理念である陪審制度が所詮は人種差別思想正当化の本性をさらけ出したものであるが、そのアメリカ帝國的陪審制度を日本帝國主義社会に持ち込もうとしたのが人民拉致裁判制度(=裁判員制度)でもある。帝國主義TPPとてアメリカ帝國主義的経済・司法制度を世界標準にしようとの目的であるが、そもそもの思想そのものに経済強者の論理が働いていることは火を見るより明らかだ。そんな経済強者への怒りに目を向けない日本帝國主義体制トップの無分別さこそが世界で嘲笑されるのは当然というものである。

 2016年11月17日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
安倍逆徒の無分別極まりない越米逃走を嘲笑する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる