人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(6=政治絡み事件での危険性)

<<   作成日時 : 2017/05/13 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小学生少女殺害事件のあった松戸市で、今度は発砲殺人未遂事件が起きました。こちらは筋関係者絡みの事件とみられていて、事件が続くことに近隣住民の不安も強まっています。とりわけ、最近では神戸山口組から任侠団体山口組が分裂し、元々の山口組との対立も深まる中での事件発生ですからなおさら懸念が深まるというものです。筋関係者対立案件について当初は人民拉致裁判(裁判員裁判)からの除外をほとんど適用せず唯一工藤會絡みだけで運用されていたのですが、最近では山口組と神戸山口組との抗争案件にも適用が拡大されています。人民拉致裁判適用除外の対象をどんどん拡大させていくことも、制度廃止に向けた重要な活動となるのは言うまでもありません。

 さて、ドイツ連邦共和国にて、極右反動思想を持った現役国軍兵士ら3人が政府高官や前大統領を殺害する計画を立てていたとして身柄拘束されました。しかも、そのうち1人の国軍兵士は身分を偽装して難民申請していたとのことで、難民による犯行を偽装して極右反動扇動に悪用しようとした疑いも持たれています。ドイツ国内で現役国軍兵士にまでこの種の極右反動思想が浸透していたというのが社会に衝撃を与えたのは当然で、とりわけナチス思想に対するアレルギーが根強い社会だけになおさらです。最近の欧米社会でのテロ頻発情勢の反動がここまでの事態に行き着いていることは、西側帝國主義社会の反人権性の本性を物語っているとも言えます。
 ドイツのみならず、西側帝國主義社会全体でこの種の事件が起きてもおかしくない社会情勢であるのは言うまでもありません。現実に南朝鮮傀儡(大韓民国)体制では高官クラスの人物も平気で襲撃されてきたのが歴史であり、その都度朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の犯行ではないかと扇動がされてきています。日本帝國主義社会こそ、1945年の敗戦後はこの種の事件を起こさないような民心が広くいえば維持されてきたとはいえますが、それでも政治思想絡みでの襲撃事件が起きない訳ではなく、天皇の戦争責任に言及した当時の長崎市長が銃撃された事件などは典型例です。最近の情勢が戦後ではなく戦前だといわれるのも、昭和戦争時に国の高官が平気で襲撃されたムードによく似ていると思われているのも一因です。
 ドイツで起きたような事件は、現在の日本帝國主義社会においては、テロ等準備罪と称する日常会話ファッショ暴圧可能化法ができれば真っ先に取り締まるべき対象事案です。もっとも、話し合うだけのレベルでは取り締まれないとの制度設計になった以上、具体的な襲撃計画まで行き着いて初めて摘発できる制度設計の下では現行法の殺人予備罪でも摘発できるから新法は必要ないという意見の方が説得力ある、という状況にはなっています。しかし、新法が間違って成立でもした場合、この種の事案に対して果たして公平・公正に適用されるのかどうかがもっと大きな問題です。むしろ、時の政権にとって都合の悪い勢力を抹殺する目的でこの種の事件に対して不作為的不捜査を平気でやりかねない思想を現在の政権はもっていますし、現在の政権が捜査対象にならないとの確信があればこの種の謀略事件を起こそうとの動機付けにさえなりかねない危険性もはらんでいるのです。
 折しも、アメリカ合衆国帝國主義体制では現在のドナルド・トランプ逆徒政権が不明朗なロシア連邦との関係についての問題にて糾弾を浴びています。アメリカ帝國FBI(連邦捜査局)長官を解任したことで自らに捜査の手が及ぶのを妨害する目的ではないかと疑惑がますます深まっています。そんな状況の下ではドイツで起きたようなような謀略事件が起きてもおかしくないものです。このような政治絡みの謀略事件が起きた際に社会が公正な判断をできるのかどうかが怪しい社会において、思想処罰のレベルにまで踏み込めるような政策が公平・公正に運用されるとはとても考えられない以上、この種の政策をまかり通してはいけない、ということになるのです。

 文在寅大統領誕生を歓迎するとともに、緊迫ムード高まる東アジア情勢を受けて「沖縄返還の日」の5月15日に向けて、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号Y3BSFSEC (日本語版)、SJF34T8C(조선어 버전)で、5月15日まで公開します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日常会話ファッショ暴圧可能化法の影響(6=政治絡み事件での危険性) 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる