人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 朴槿恵逆徒弾劾を心から歓迎し日本帝國の反人権政治を改めて糾弾する声明

<<   作成日時 : 2016/12/09 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年12月9日、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制トップの朴槿恵逆徒に対する南朝鮮傀儡国会での弾劾決議案が可決された。朴槿恵逆徒への弾劾決議案とは、公職経験のない崔順実被告との長年の友人関係を朴槿恵逆徒が悪用して、崔順実被告の親族に便宜を図ったり関連団体に金銭・業務的利益供与を働くなどして政治を私物化した特大型汚職を受けてのもので、結果的には南朝鮮傀儡与党セヌリ党内でも、朴槿恵逆徒に比較的近い議員も多数同調したことで全299票中234票もの賛成票を出す結果となった。一方、同日日本帝國主義体制国会では帝國主義TPP(=環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定、以下、帝國主義TPPと表記)承認案・関連法案が採択されたが、アメリカ合衆国帝國主義体制にてドナルド・トランプ逆徒次期大統領が決まり帝國主義TPPを非承認する姿勢を明確にした状況の中で空手形となる条約・法律を採択するというのは、まさしく日本帝國主義体制政治の途方もない堕落姿勢を暴露したという以外になく、朝鮮半島南部の政治と大違いである。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、朴槿恵逆徒に対する弾劾決議案可決を心から歓迎するとともに、朝鮮半島南部とは天と地の差があるレベルという他ない日本帝國主義社会の反人権政治を慨嘆しながら厳しく糾弾すべく、以下の声明を発表する。

 前代未聞の特大型汚職を働いた朴槿恵逆徒に対しての朝鮮半島南部人民の怒りは当然のごとく頂点に達し、毎週のように大規模デモが行われる情勢も相まって、南朝鮮傀儡体制憲政史上2度目の現職大統領に対する弾劾決議採択にまで至ることとなった。これを受けて日本帝國主義体制は日本国内で行われる予定だった中華人民共和国や南朝鮮傀儡体制との3か国協議を延期する事態に至るなど、南朝鮮傀儡体制の政治混乱は朝鮮半島南部のみならず世界全体に影響を及ぼすのは確実だ。とりわけ、大規模デモが毎週のように行われるに至って、南朝鮮傀儡セヌリ党の中でも朴槿恵逆徒に近い議員からも事前予想を大きく上回る大量の弾劾賛成票が流れたことも注目に値する。朝鮮半島南部人民の良識ある行動が歴史的快挙となる結果を生み出したことは言うまでもない。
 一方、日本帝國主義社会はといえば、朴槿恵逆徒弾劾の同日に帝國主義TPP承認・関連法案の採択という前代未聞の醜悪極まりない堕落態度を示してしまった。帝國主義TPPといえば、アメリカ帝國主義社会でさえも人民の決起によりドナルド・トランプ逆徒を次期アメリカ帝國大統領に選出し、資本家の資本家による資本家のための政策にNOを突き付けたことにより歴史の墓場に葬り去った反人民的政策である。日本帝國主義社会とて新潟県知事選挙で帝國主義TPP反対の米山隆一知事が当選するなど、人民の怒りが政策に向けて突き付けられている情勢もある。ところが、日本帝國主義体制反人民的政府与党はこれらの日本の善良な人民の世論喚起に真っ向から敵対するのみならず、アメリカ帝國主義社会の良識ある判断にて歴史のドブに捨てられて死亡したはずの帝國主義TPPに固執しようとするのだから、日本帝國主義犯罪的侵略支配層の反人権性はここに極まれりというものだ。日本帝國主義体制は歴史のドブに捨てられたはずの帝國主義TPP承認について、アメリカ帝國主義体制への翻意を促す目的などと詭弁を並べ立てているが、アメリカ帝國主義体制に対して1945年以来絶対服従の関係にあった日本帝國主義体制にそんな翻意を促す力などないことは誰にでもわかることだ。朝鮮半島南部の人民的政治と比べて絶望的レベルの差があるという他ない。
 日本帝國主義社会の絶望的な反人民政治の実態は、帝國主義TPPに限ったことではない。昨日には日本帝國主義体制九州電力川内原発にて、以前に再稼働した原子炉とは別の原子炉が再稼働した。これは、今年原発再稼働反対を掲げて当選したはずの三反園訓鹿児島県知事が日本帝國犯罪的侵略支配層の軍門に下るという堕落した態度を示した以外の何物でもなく、米山新潟県知事も同様の堕落態度に走る危険性をより高めるという他ない。また、同日には日本帝國主義体制最高裁が厚木基地騒音訴訟において、一審・二審にて画期的な内容として認められていたはずの住民による救済請求を逆転させるという、超のつく極悪判決を下した。日本帝國最高裁では騒音を理由とした差し止め請求をできる基準には達していることを認めながら、日本帝國主義体制の国策という理由で差し止め請求は認めないという判断を下したのだから、この姿勢は、重要国策には黙って従えという日本帝國最高裁による対人民侵略的態度を示した以外の何物でもない。人民も黙って座して死を待つとの態度を示しているわけではなくそれなりに声を上げる勢力もあるのだが、歴史的にみて正当な訴えを悉く権力的態度をもって潰してきたのが日本帝國侵略的支配層の傲慢な態度である。こんな日本帝國犯罪的支配層の傲慢極まりない態度に絶望して、人民側から声を挙げても無駄との諦めムードを蔓延させるのが実は日本帝國犯罪的支配層の狙いであり、そんな絶望ムードに付け込んでさらに人民侵略支配政策をより強化しようとするのだからもはや日本帝國主義社会の反人民政治は究極のところまで行き着いている以外の何物でもないということだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、朴槿恵逆徒に対する弾劾決議案可決を心から歓迎するとともに、朝鮮半島南部とは天と地の差があるレベルという他ない日本帝國主義社会の反人権政治を糾弾しながら人民的政治を実現するための活動を強化すべく声明を発表する。日本帝國主義体制社会の反人権政治体質は、日本の善良な人民が人民的政治を実現させようと声を挙げた際に、日本帝國主義犯罪的侵略支配層が徹底反発して人民を愚弄してきた歴史に大きな要因がある。場合によっては人民拉致裁判制度(=裁判員制度)のように、日本帝國主義犯罪的侵略支配層が総翼賛して人民弾圧を積極的に扇動しながら、善良な人民までを日本帝國主義犯罪的侵略支配集団の手先に転向させようとする悪質な例さえある。このような体質を持つ日本帝國主義犯罪的政治体制の場合、真の意味での人民的政治実現を勝ち取るには相応の手段を必要とする。折しも、年末恒例今年の流行語大賞のトップ10の中に「保育園落ちた日本死ね」なる言葉も入選したが、保育園落ちたなる理由抜きに「日本死ね」という情勢を作りだすことこそが我々に求められているというものだ。

 2016年12月9日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
朴槿恵逆徒弾劾を心から歓迎し日本帝國の反人権政治を改めて糾弾する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる