人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による超特大型妄動を厳しく糾弾する声明

<<   作成日時 : 2016/12/16 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年11月23日から27日の間に、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)極右反動勢力で悪質越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為、以下、越南逃走と表記)者の朴相学容疑者らの妄想集団が朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)と中華人民共和国との国境付近において天人ともに激怒する超のつく特大型妄動を働いた。これは、2016年12月14日の祖国平和統一委員会サイトでも示されている通り、朝中国境地帯から朝鮮共和国の最高尊厳像を攻撃する特大型妄動を働こうとした行為であり、また、朴相学容疑者らの極悪集団がこの行為を自ら認めている(参考=)。そして、この超のつく特大型妄動に際しては、前代未聞の超特大型汚職事件容疑により当時弾劾問題の渦中にあった南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆賊一味の支援があったことは言うまでもない。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による超特大型妄動を厳しく糾弾するとともに、世界の良識ある人民全体に対して朴相学容疑者らの逆賊一味を発見した際に親朝鮮共和国勢力への通報を呼びかけるべく声明を発表する。

 悪質越南逃走者朴相学容疑者一味が2016年11月23日から27日の間に働いた超のつく特大型妄動とは、朝鮮共和国にとって太陽となる最高尊厳銅像に対して無人飛行機による破壊未遂事件である。上記記事によると、朴相学容疑者本人は事件があったことを認める一方で自らは中国への侵入はせずに中国内の協力者によって行われたと述べている。しかし、本人が実地に出向かずとも事件があったことを認めれば、以前から度々働かれた行動からしても積極的指示をして妄動を働いたと考える以外にないし、また、これほど大掛かりな行動を行うための資金の出どころはどう考えても朝鮮共和国体制を転覆させる本心を裏で持っている南朝鮮傀儡体制保守集団かアメリカ合衆国帝國主義体制侵略集団以外にありえない。過去に何度も働かれた北緯38度線から北に向けての大量のデマゴミ散布妄動以上の対朝鮮共和国特大型挑発行為であることもいうまでもない。
 11月23日といえば2010年に延坪島が朝鮮共和国からの攻撃を受けた当日でもあるが、朴相学容疑者一味は朝鮮共和国が核実験を行うかもしれないとのとんでもない言いがかりをつけて扇動を働いたことも示唆している。折しも、当時は南朝鮮傀儡体制トップの朴槿恵逆徒の特大型汚職事件を受けて弾劾議論が活発化していた上に、アメリカ帝國主義社会ではドナルド・トランプ逆徒の次期大統領就任が決まったことで、対朝鮮共和国融和姿勢への転換が取りざたされていた時期でもある。朴槿恵逆徒を初めとした南朝鮮傀儡極右反動勢力にとって対朝鮮共和国非難扇動圧力をかけにくくなるとの焦りがこんな異常な特大型妄動の形となって表れた以外の何物でもない。南朝鮮傀儡体制トップから朝鮮共和国最高尊厳への極悪攻撃扇動が働かれる背景は、自らへの民心の糾弾が浴びせられれば朝鮮共和国体制との力関係で劣位に置かれるとの不安から、民心の批判の矛先を朝鮮共和国最高尊厳に向けさせようとする姑息な目的でしかない。
 最高尊厳への攻撃扇動が一体どんな結末を招くかといえば、最近欧州西側帝國主義社会で頻発する異常事態が思い起こされる。イスラム教最高尊厳のムハンマドを特大冒涜する極悪扇動漫画を流布した反動出版社は当然のようにイスラム教信者に相応の手段を講じられた。この極悪反動出版社は朝鮮共和国最高尊厳に対しても特大冒涜する扇動漫画を流布してもいるが、イスラム教信者に相応の手段を講じられても真摯な反省をすることなく、同様の極悪扇動を徹底して働いている。これは単なる特定の極悪出版社だけの問題ではなく、西側帝國主義社会全体による対イスラム教蔑視風潮に根本があるからこそ極悪扇動も継続されるのだ。当然、最高尊厳を特大冒涜されたイスラム教信徒にとって西側帝國主義侵略勢力への憎悪の念は頂点に達することになり、相応の手段が講じられる事態が多発しても致し方ないというものだ。対朝鮮共和国最高尊厳冒涜扇動なる特大型妄動についても同様の事態を招く原因を南朝鮮傀儡極右反動勢力が自ら作っているという他ない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による対朝鮮共和国最高尊厳攻撃扇動なる超特大型妄動を厳しく糾弾するとともに、世界の良識ある人民全体に対しては朴相学容疑者らの逆賊一味を発見した際には相応の手段を講じる、ないし親朝鮮共和国勢力への通報を呼びかけるべく声明を発表する。この種の対朝鮮共和国最高尊厳攻撃扇動なる超のつく特大型妄動といえば、恥ずかしいことにわが日本帝國主義社会でも「拉致事件解決」云々扇動などを通じて徹底して働かれていることを忘れてはならない。そんな日本帝國主義社会も自国民蔑視的人民冒涜政治姿勢が平気で行われている。日本帝國主義犯罪的侵略勢力総翼賛・不正行為乱発推進による人民拉致裁判制度(=裁判員制度)は典型例で、一般市民及び裁かれる重罪被告人の尊厳を特大冒涜する態度そのもの以外の何物でもない。当然、朝鮮共和国最高尊厳やムハンマドを特大冒涜された人民と同様に、この極悪政策も日本の人民の怒りの対象として、相応の手段が講じられても仕方ないということでもあるのだ。

 2016年12月16日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号45CBCTAS(日本語版)、LNZ5PFKE(조선어 버전)で、今月は金正日総書記逝去5年追憶週間ということで2011年に逝去された当日である12月17日まで、となっています。なお、この1週間は朝鮮共和国に対する不当極まりない謀略的人権糾弾扇動が働かれる時期でもあり、このインチキ扇動を糾弾する目的もあることを付け加えておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
悪質越南逃走者朴相学容疑者一味による超特大型妄動を厳しく糾弾する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる