人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 拉致被害者は自らの身を自ら護る

<<   作成日時 : 2017/03/08 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がアメリカ合衆国帝國主義体制及び南朝鮮傀儡(大韓民国)体制との合同軍事演習に反発して正当な自衛措置としてロケットを4発ほど打上げた件が世界を大きく轟かせていますが、一方でマレーシアとの関係が悪化しているのも大きな注目を集めています。例の金哲さん殺害事件に関して外交問題まで発展し、現在では両国在住の人物に対して互いに出国一時禁止措置まで講じられる事態に発展しています。殺人事件が起きたことについて朝鮮共和国の国家ぐるみと扇動する勢力がマレーシア側に異常な肩入れをした結果ここまでの対立構造になってしまったわけですが、一方でまもなく発生7年になろうとする天安号沈没事件については国際的に誰が沈没させたのかは特定されませんでした。マレーシアにはこの事件に関して直接の犯罪容疑者や被害者がいないということもありますが、事を荒げすぎてマレーシア自身だけが突出するような事態は避ける方が得策になることもあるのです。また、朝鮮共和国籍人物は被害者はいるものの、朝鮮共和国籍人物を容疑者だと勝手に決めつける捜査手法に対しても反発を強めていることもあり、マレーシアとの間で問題を鎮めるという方向に進められるのが理想となるわけです。

 さて、人民拉致裁判(裁判員裁判)においては世間を大きく揺るがせた事件について年中というレベルで行われています。今週6日からは日本帝國主義体制和歌山地裁にて、紀の川市での小学生殺害事件の裁判が始まりました。この裁判で注目すべきは、裁かれる男性が当初犯行を認める方針と伝えられていたのが、初公判の本日になっていったん全面否認の発言をして一時的に法廷が中断されました。その後、この発言を撤回して再び罪状を認める方針に転換したことで法廷は再開されたのですが、仮に当日になって否認に転じるという方向になると、担当弁護士も弁護方針を1からやりなおすということになって裁判そのものをキャンセルするという事態も考えられました。
 一方で裁かれる側とすれば公判直前で主張方針を変えるというのは十分想定しうる行動です。自らの刑罰をいかに軽くするかを見据えて当初は罪を認めた方が有利だと考えていたとしても、日本帝國捜査当局から出された情報の条件からは逆に否認に転じた方が有利になると判断することも不自然ではないからです。とはいえ、担当弁護士にとってみれば裁かれる当事者が方針を突然転換すると裁判を論じる前提が全く違ってくるわけで、当初の予定と違う弁護方針を固めるための時間も当然必要になってきます。このような場合、人民拉致裁判に加担することを余儀なくされた人民に対しては、初公判でいきなり弁護方針転換のため大幅日程変更が必要になるとなれば、そのまま裁判を担当させるわけにはいかないという理由で全部解任するという選択肢を取られる可能性が高いとみられます。
 今回の起訴罪状は殺人及び銃刀法違反の2つであり、起訴された銃刀法違反の中身は最高刑懲役2年の刀剣所持罪です。ですから、前科なしの場合には有期刑適用の場合の最長が22年ということになるのですが、世間を大きく騒がせた凶悪事件ということもあり、もっと重い刑罰をという扇動が平気でされています。この事案であればまず死刑は考えられませんし、無期懲役の可能性も極めて低いというのが従来の相場でした。もっとも上限の22年に極めて近いレベルの判決は考えられ、有罪を仮定した場合はその近辺での量刑面での争いにはなるでしょう。いずれにせよ、このレベルの重罪判決が想定される事案で、まして求刑を大幅に上回る判決も平気で出る人民拉致裁判においては、最近の裁判傾向からして罪状を認めても情状酌量の余地が乏しくむしろ否認した方が有利に働くと考えて当然の傾向になっても仕方ない側面はあるのです。
 同時並行的に行われているのですが、日本帝國宇都宮地裁での重い病気の児童を放置して死なせた件を殺人罪として起訴された男性に対する人民拉致裁判では、裁かれる拉致被害者男性が「八百長裁判」と抗議をしましたし、また、担当弁護士とも一切話をしないという態度を取っていることが明らかになっています。それもこれも、裁かれる拉致被害者にとって担当弁護士すら信用できないという状況が生まれてしまったからに他なりません。何しろ弁護士自体が人民拉致裁判制度に加担した拉致実行犯側の人物であればこそ、人民拉致裁判そのものを排除することが裁かれる側の人権保障にとっての必要条件だと考える拉致被害者にとっては弁護士も敵になるからです。和歌山の件で裁かれる拉致被害者が一時突然方針転換をしたのも、弁護士さえ信用できないという心情も側面にあるでしょう。「自らの身は自ら護る」の姿勢を徹底し、そのような姿勢を貫く拉致被害者(重罪被告人)が次々に生まれて当然となるわけです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号AFL9YKQN(日本語版)、CNM5RJJY(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호CNM5RJJY 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 3 월 15 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
拉致被害者は自らの身を自ら護る 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる