人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイ墜落事件の反省なき無責任飛行再開を最大限厳しく糾弾する声明

<<   作成日時 : 2016/12/19 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年12月19日、アメリカ合衆国帝國主義体制沖縄侵略軍の欠陥軍用飛行機オスプレイについて、墜落事件を6日前に起こしながら墜落機体を現場に残したままの状態であるにも関わらず飛行訓練を再開するという超特大型挑発行為を働いた。アメリカ帝國侵略軍側は墜落事件について空中給油訓練に際して起きた原因だと矮小化して、空中給油訓練だけを当面中止するという姑息な態度に出たが、そもそもオスプレイそのものの安全性を議論しない限り正当な評価などできるはずもない。また、日本帝國主義体制は今回のアメリカ帝國侵略勢力の不当で傲慢極まりない一方的な飛行再開通告を無批判的に容認するというとんでもない堕落行為を働いた。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2016年12月13日のオスプレイ墜落事件の反省なき無責任飛行再開という傲慢極まりない行動を働いたアメリカ帝國侵略軍及びこの無責任飛行再開を無批判的に容認した日本帝國主義体制の堕落態度を最大限厳しく糾弾するとともに、こんな傲慢なオスプレイ飛行訓練再開を働く日米帝國同盟体制に対する世界的糾弾世論を喚起すべく以下の声明を発表する。

 2016年12月13日のアメリカ帝國主義体制沖縄侵略軍欠陥飛行機オスプレイ墜落事件は、そもそもその原因が空中給油時の人為的ミスと矮小化できないのは、オスプレイそのものが以前から何度も墜落している欠陥飛行機であることを考えると当然だ。オスプレイ自体に機能上の無理があるからこそ墜落事故のリスクが高くなるのは至極自然であり、そんなオスプレイで空中給油まで訓練すればより墜落のリスクが高まるのは誰が見ても明らかだ。当然アメリカ帝國侵略軍はオスプレイの危険性を認めた上で日本の全人民に対して謝罪するのが筋なのに、実際にアメリカ帝國侵略軍がとった態度は、四軍調整官のローレンス・ニコルソン逆徒による「沖縄県民に被害を及ぼさなかったのだからパイロットは称賛されるべきで沖縄県民はパイロットに感謝せよ」なる途方もない最大級の挑発的暴言だった。さすがにまずいと感じたかこの発言に対して渋々ながら口だけの謝罪をしたが、態度そのものは一切撤回も謝罪もしていない姿勢である。
 こんなアメリカ帝國侵略軍による最大級の人権愚弄を働かれた沖縄県民の怒りは当然のことながら頂点に達した一方で、日本帝國主義体制政府の途方もない卑屈で堕落した態度は救いようがない。日本帝國政府は沖縄県民の怒りを真摯に受け止めるのではなく、沖縄県民を公然と敵視してアメリカ帝國侵略軍と一体化して沖縄県民を侵略する犯罪集団側に加担するのだから、真の意味で国民を護るべき独立国家としての責任を放棄するばかりか、沖縄県民を軽視・敵視する体質の根深さを全世界に見せつけたという他ない。また、墜落事件の発生した件について日本帝國政府や日本帝國メディアの報道姿勢は「不時着」などと事実を矮小化しようと必死に執着する体たらくを働いたが、アメリカ帝國主義体制側でさえ「墜落」という言葉を用いているのだから日本帝國主義体制犯罪的侵略勢力による対アメリカ帝國主義体制絶対的屈服姿勢の醜悪さはここに極まれりだ。また、沖縄県名護市沖には未だに墜落事件を働いたオスプレイが無残な姿を晒している状態で原因究明云々の入り口にさえ立っていない状況で飛行訓練再開を働くなど言語道断なのは言うまでもないが、日本帝國主義体制とて2011年日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の反省なき原発政策徹底擁護を働いていることを考えればアメリカ帝國主義体制のこんな傲慢な態度を批判する資格などない。加えて、墜落機体の回収については当然のことながら日本帝國主義体制捜査当局が領土内の主権行使を主張すべきなのに、アメリカ帝國侵略軍側がわが物顔して日本帝國捜査当局を排除して回収していて、それを日本帝國主義体制は何も手出しできないのだから、この国の主権はどこにあるかといわれても仕方ない。
 当然だが、こんな日本帝國主義体制による対アメリカ帝國主義体制絶対服従の卑屈極まりない態度を周辺諸国はよくよく見ているとしたものだ。中華人民共和国にしてもロシア連邦にしても最大の敵国をアメリカ帝國主義体制と位置付けているだけに、日本帝國主義体制が独立国としてアメリカ帝國主義体制に対しても相応の批判的な態度を真摯にとるのであれば対話をする価値もあるが、対アメリカ帝國絶対服従卑屈姿勢の徹底であれば日本帝國主義体制との対話は何の意味を持たず、大元のアメリカ帝國主義体制と対話するだけで事足れりとなる。ロシアが北方領土(ロシア名=クリール諸島)の領有権問題で徹底して強硬な態度をとるのも、領有権を明け渡した場合にアメリカ帝國侵略軍が侵入する事態になりかねないという理由もあるのだ。中国やロシアが力をつけてアメリカ帝國主義体制に対してより強気な態度をとれる国際的力関係になった際に、中国やロシアを近隣に抱えながら政治・軍事的に徹底敵対してきた日本帝國主義体制にとって、中国やロシアが日本帝國主義体制を対話する価値のない対アメリカ帝國主義体制屈従二流傀儡国家と見做してアメリカ帝國主義体制とだけ対話しようとする態度を見せられれば、自国の安全保障の面からも不安になるだろう。だからといって、安全保障のためと称して対アメリカ帝國主義体制卑屈追従姿勢を強化すればオスプレイが全国で墜落して日本帝國主義体制にとってのオウンゴールになることは目に見えているというものだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2016年12月13日のオスプレイ墜落事件の反省なき無責任飛行再開という傲慢極まりない行動を働いたアメリカ帝國侵略軍及びこの無責任飛行再開を無批判的に容認した日本帝國主義体制の堕落態度を最大限厳しく糾弾するとともに、こんな傲慢なオスプレイ飛行訓練再開を働く日米帝國同盟体制に対する世界的糾弾世論を喚起すべく声明を発表する。アメリカ帝國主義体制が世界最悪の戦争挑発犯罪国家であることは世界史的にみても論を待たないところだが、1945年以降対アメリカ帝國主義体制卑屈追従態度を徹底してきた日本帝國主義体制も同罪の存在だ。一般市民を護るというのではなく、帝國主義侵略勢力にとって都合の良い駒として利用するだけ利用して不要になれば切り捨てるのが日米帝國主義犯罪的侵略同盟体制の正体である。日本帝國主義体制総翼賛・不正乱発での国家犯罪級拉致政策の人民拉致裁判制度(=裁判員制度)推進姿勢でも日本帝國主義体制の対人民敵視本性が如実に現れた。このような犯罪的侵略勢力に対しては中国やロシアのみならず、日本やアメリカ内の心ある人民からの糾弾を徹底しなければならないのは当然のことである。

 2016年12月19日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号QL26UF47(日本語版)、KCALZF5R(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호KCALZF5R 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2016 년 12 월 25 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
オスプレイ墜落事件の反省なき無責任飛行再開を最大限厳しく糾弾する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる