人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプ逆徒思想の本質を探る(1)

<<   作成日時 : 2017/01/09 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年年頭に大騒動になっているのが、フランス留学中に行方不明になった女子大学生の件です。この行方不明に際してチリ共和国籍の男性が容疑者として浮上し、国際指名手配にもなっています。そして、殺害されたと決まったわけでないのにフランス共和国帝國主義体制捜査当局は「殺人容疑」までかけていることが大きな問題になります。当局は殺害されたと判断するに足りる証拠をつかんでいるとも発表しているのですが、遺体も見つかっていない段階で殺人容疑をかけた場合、チリ当局にとって身柄引渡しのハードルが高まり、かえって捜査当局側に不利に働かないでしょうか?日本帝國主義体制がこのような形で逃亡中の容疑者への捜査をする場合、遺体も見つかっていない段階で殺人容疑をかけるなどまず考えられません。日本帝國主義社会ではこの種の事件が人民拉致裁判(裁判員裁判)対象になり、なおかつ法律的には死刑適用の可能性もあり、身柄引渡しを求めにくい状況があるだけになおさらです。

 さて、アメリカ合衆国帝國主義体制の次期トップ、ドナルド・トランプ逆徒がメキシコ合衆国内のアメリカ帝國主義社会向け商品の生産に対して怒りの声を挙げています。メキシコとの間にといえば、不法移民の侵入を防ぐ目的での物理的な壁を作るという発言が大きな波紋を広げていますが、経済的な壁も作るという敵対的態度も示したことで世界からの批判はさらに強まるでしょう。そして、「メキシコで生産した商品には高率関税をかける」との恫喝に屈してアメリカ帝國主義社会系企業のフォード・モーターはメキシコ新工場建設を断念する事態に追い込まれ、日本帝國主義社会系企業のトヨタ自動車にも動揺が広がっています。「メキシコの安い労働力と北米自由貿易協定によりアメリカ国内の雇用が失われている」という論理でメキシコ国内に工場を作る企業がやり玉に挙がったことで、アメリカ帝國主義社会や日本帝國主義社会だけでなく西側帝國主義社会全体に混乱が広がっているのです。
 帝國主義グローバル企業にとってアメリカ帝國主義体制次期トップの貿易保護的姿勢に苦虫をかみつぶす様子がありありとうかがえます。人民拉致裁判制度(裁判員制度)に総翼賛するなど日本帝國主義グローバル企業の代弁者以外の何物でもない日本帝國メディアも総がかりでドナルド・トランプ逆徒の姿勢を非難する扇動を働いています。帝國主義グローバル企業こそが世界全体の格差を広げるのみならず、自らの利益を保護するために低法人税率国家に資産を回避させるような態度を働いて世界人民の大顰蹙を買っているのだから、そんな帝國主義グローバル企業の代弁を働く帝國主義メディアの報道姿勢に対しては人民の怒りの矛先が向かうはずです。そうでなければアメリカ帝國主義社会にて帝國主義メディアの大半がヒラリー・クリントン逆徒応援団に堕落していながらドナルド・トランプ逆徒が当選するはずもないでしょう。
 日本帝國主義メディアがドナルド・トランプ逆徒の姿勢を非難する論拠として、トランプ逆徒にとって個人的に都合が悪いという理由でやり玉に挙げられるとか、トランプ逆徒の性格からしてやり玉に挙げられるかどうかの予測が困難という理由でアメリカ帝國主義社会向けの商売がしにくくなる、といった内容が挙げられます。個人的なつながりが商売において重視される国家体制地域というのは、ロシア連邦や中華人民共和国といった東側社会によく見られていて、この社会構造は西側帝國主義社会が「汚職の温床」と散々非難してきたシステムです。厳格な法治主義体制であれば個人的理由での特定企業優遇といった事態が起きにくいので企業活動におけるリスク予測がしやすいのに対して、トランプ逆徒のような思想を論拠にされたら企業活動リスクが大きすぎて撤退せざるをえない傾向にもつながります。そんな「汚職の温床」と批判してきた東側国家のような社会にアメリカ帝國主義体制も移行しようとするのは、やはり帝國主義グローバル企業が社会の在り方を引っ張ってきた構造そのものへの全世界人民的批判が大きな要因になっている以外の何物でもありません。予測困難性により企業活動を停滞させるリスクが高まることで社会の足を引っ張るなどと帝國主義メディアが批判しようが、企業活動そのものが社会の分断を招いているのでは、むしろ予測困難性は社会分断への抑止力にもなりうる、というわけです。
 予測困難性を論拠にしてトランプ逆徒の姿勢を批判する資格が日本帝國主義メディアにあるのかどうかも問われます。それは、国家統治の根幹にかかわる重罪事件において抽選で徴用した人民を人民拉致裁判制度(裁判員制度)に加担させて判決まで出させるシステムを徹底推進してきた経緯があるからです。人民拉致裁判制度こそまさしく予測困難システムの最たるもので、現実に求刑をはるかに上回る判決が出たり、逆に予想に反する意外な無罪判決が出たりといった事案が従前よりも増えています。トランプ逆徒の姿勢を「予測困難性」を論拠に非難しながら一方で人民拉致裁判による予測困難化を徹底翼賛する姿勢は真っ向から対立します。要は日本帝國主義社会全体のグローバル化信仰そのものに対する批判の目を向けねばならない、ということでもあるのです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号QL26UF47(日本語版)、KCALZF5R(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호KCALZF5R 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2016 년 12 월 25 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
トランプ逆徒思想の本質を探る(1) 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる