人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 対工藤會ファッショ暴圧裁判からの教訓

<<   作成日時 : 2017/01/23 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まずは、本日から日本帝國主義体制那覇地裁にて、有名元女優の公判が開かれています。これは、石垣島で大麻を所有していた容疑で起訴されたもので人民拉致裁判(裁判員裁判)ではないのですが、この種の大麻問題が最近やけに多く報道されているように見えるのは私だけでしょうか?今回の石垣島の件もそうですが、長野県の山間で集団生活をしていた中で大麻が栽培されたり、鳥取県の山間部で行事用と称して法律的手続きを経て栽培したはずの大麻を違法な所有に転用していたとされる件が問題になりました。これらの山間部であるとか離島といった場所は目につけられにくい意味で、大麻に限らず隠れて何かを行うのに適している地理的条件があるからです。折しも、日本帝國主義社会全体が「一票の格差是正」などと称した都市集中型社会構造を目指すような動きが強化される情勢にもありますが、そんな地方軽視の政治推進を働けば働くほど、地方の山間部や離島で「隠れて何かを行う」集団が次々に現れてくるのも至極自然でしょう。

 さて、工藤會関係者の対人民拉致裁判(裁判員裁判)加担拉致実行犯に対する正当な行動に向けられた極悪ファッショ暴圧弾圧および極悪ファッショ暴圧判決について、誰も控訴せず2017年1月21日に極悪判決が完全確定しました。ファッショ暴圧を受けた拉致被害者2人のうち、日本帝國主義体制人民拉致裁判制度総翼賛集団の軍門に下って哀願する醜態を演じた変節者はともかく、無罪を徹底主張して戦った楠本さんには個人的には控訴して戦ってほしかったのは正直なところです。ただ、個人レベルではできることも限られます。人民拉致裁判制度の完全撲滅さえ実現すればそもそもファッショ暴圧自体が存在しなくなるので、完全無罪を勝ち取るには人民拉致裁判制度の完全撲滅実現に邁進した方が効率的だとの考え方もあるというものです。
 一方で、人民拉致裁判制度推進を働いてきた日本帝國福岡地検側も「いろいろ考えて」控訴期限ぎりぎりになって「控訴しない」と表明しました。これこそ、人民拉致裁判制度の政治的本性を物語っている典型的な経緯です。というのも、人民拉致裁判制度に対する介入はいわば国家統治の根幹に対する介入であり、執行猶予つき判決では収めてはいけないと日本帝國検察側が考えても不自然ではないからです。おりしも、本来存在してはならない「裁判員法違反」の厳罰化論が持ち上がっている時期でもあり、通常ならば最高で懲役2年、執行猶予付き判決になるのが通常の事案について、控訴が本気で検討されてもおかしくないとしたものです。控訴期限ぎりぎりまで検討するだけでなく、わざわざ期限最終日に初めて「控訴しない」と表明するのも、このレベルの事件とすれば異例です。
 控訴を本気で検討したい事案をあえて控訴しないとの判断をした理由として最も可能性が高いのは、この裁判を早期に終わらせることが日本帝國福岡地検側としての必要条件だったことです。すなわち、人民拉致裁判制度の維持を最優先課題とした場合、裁判が続くことで人民拉致裁判制度の存在そのものが長期的に争われると、民心がますます人民拉致裁判から離れる結果を招くと日本帝國検察当局が考えたということです。実際、この問題発覚以降、人民拉致裁判の現場では裁判加担拉致実行犯に対する過剰なまでの保護体制が敷かれ、車での送迎であったり、警備強化であったり、専用の裁判所入口設置といったところまでコストをかけています。そこまで過剰な配慮をしすぎることで、かえって民心は「危険なところに呼び出される」とのイメージを強める結果を招くだけです。裁判を終わらせて人民拉致裁判の存在についての争いを社会問題から「消去」しようとするのも所詮は姑息な手段でしかないのです。
 要は、人民拉致裁判制度の存在そのものの争いを社会問題から「消去」しようとする日本帝國検察当局、というよりも日本帝國犯罪的侵略支配層の目算に対して我々がいかに戦うかが求められるとなるわけです。制度の存在について争いを認めないという日本帝国主義犯罪的支配層の思想とは、例えば郡山で死刑判決に加担させられた女性拉致被害者が「制度をなくしてほしい」と真剣に訴える姿勢を日本帝國犯罪メディアが勝手に「制度の見直しを求めて」と歪曲する姿勢からも見えます。ですから、この種の犯罪的歪曲について真摯な対話方針で臨むことは意味がないとしたもので、徹底した対決姿勢を持ち込まねばなりません。当然、徹底したガチンコ対決となれば、相応の手段が必要なのは言うまでもありません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号N7UBED7X(日本語版)、NQPYPEL6(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호NQPYPEL6 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 1 월 26 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
対工藤會ファッショ暴圧裁判からの教訓 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる