人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 南朝鮮傀儡極右保守団体による対侵略的帝國主義勢力哀願の醜態を嘲笑する声明

<<   作成日時 : 2015/10/26 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2015年10月26日、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)極右保守団体である「戦後拉北者被害家族連合会」と称する連中の代表が、南朝鮮傀儡体制と日本帝國主義体制の国家トップ及び外交トップである朴槿恵・尹炳世・安倍晋三・岸田文雄各逆徒それぞれに対して、「拉致事件」と称する問題云々解決を哀願する醜態くを演じたことについて公表した。この極右保守団体は同じ民族である朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に圧力をかける姿勢を示した一方、第二次世界大戦時に侵略してきた加害国である日本帝國主義体制に頭を下げる姿勢を示したのだから、朝鮮民族にしてみれば最悪の反民族行為以外の何物でもないのは明らかである。まして、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒は戦争時の反省をまるでせずに東アジア大陸諸国に対する敵対世論扇動を徹底して働く姿勢を貫いている反人倫の極致ともいうべき存在である。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、この南朝鮮傀儡極右保守団体の醜態について日本人1億3千万人を代表して嘲笑するとともに、こんな侵略的帝國主義極右保守勢力が跳梁跋扈することこそが世界の平和と人権にとって最も反する事態を招くことについて世界的世論を喚起すべく、以下の声明を発表する。

 南朝鮮傀儡極右保守団体の一つである「戦後拉北者被害家族連合会」とは、朝鮮半島南部地域から朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)に「拉致」されたと訴える勢力である。しかし、朝鮮共和国からは「南からの拉致は存在しない」との立場であり、仮に当該人物が朝鮮共和国にいたとしても「自らの意志で朝鮮共和国入りした」との立場である。それもそのはず、むしろ最近は南朝鮮傀儡体制こそが朝鮮共和国の住民を誘引拉致した上で越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)の扇動をして朝鮮共和国体制非難に悪用するといった行為も多い。実際、金蓮姫女史が南朝鮮傀儡体制に拉致され、朝鮮共和国への帰国を望んでいるにも関わらず南朝鮮傀儡体制は断固拒否するという反人権の極みを演じている。
 そして、そんな南朝鮮傀儡極右保守団体が何と、同じ民族と根本的に敵対する道を選んだという他ないのが日本帝國主義体制極右反動勢力への哀願行為である。朝鮮民族とは根本的に敵対思想を持つ日本帝國主義体制のトップに哀願してまで同じ民族に対する侵略行為に手を貸すのは、まさしく反民族的反逆行為という他ないというものだ。朝鮮共和国による「拉致」云々を批判するのであれば、南朝鮮傀儡体制自身が朝鮮共和国から拉致した金蓮姫女史の件や、日本帝國主義体制が自国民である日本人に対して敵対的に「拉致」する政策である人民抹殺ボタン(=共通番号、マイナンバー)システムや人民拉致裁判制度(=裁判員制度)の存在、あるいは本日日本帝國東京高等裁判所にて判決が下されたが2011年日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の反省なき抗議テント撤去命令の件などを批判すべきところのはずだ。このような西側帝國主義体制勢力による悪意に満ちた侵略的拉致行為を批判しないで、むしろ帝國主義侵略勢力に加担することほど反人権的姿勢はないとしたものだ。
 折しも、グレートブリテン・北アイルランド連合王国帝國主義体制元首相のトニー・ブレア逆徒が、アメリカ合衆国帝國主義体制による対イラク共和国侵略戦争について誤った情報に基づいて侵略したことを認めた。そして、サダム・フセイン政権転覆後の見通しの甘さや対イラク侵略戦争がイスラム国発生の原因になったことについても言及した。しかし、一方でサダム・フセイン政権転覆そのものについては正しかったとも述べている。これこそがまさしく西側帝國主義侵略勢力の本性そのものである。西側帝國主義勢力にとって都合の悪い政権であれば転覆させるためならば何でもあり、そして、その後に社会混乱を生じさせても責任は一切負わない、ということだ。そんな帝國主義侵略勢力に加担して朝鮮共和国最高尊厳を排除しようものならば、朝鮮半島にイスラム国のような勢力が出て当然というものだ。そんな事態を招くことを十分認識せずに、朝鮮共和国最高尊厳排除を本来目的として「拉致事件」云々の件を日本帝國主義体制極右反動集団とともに扇動しようと画策する南朝鮮傀儡極右保守集団の無分別さは救いようがないとしたものである。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して今回の「戦後拉北者被害家族連合会」と称する南朝鮮傀儡極右保守集団の特大型醜態を嘲笑するとともに、こんな南朝鮮傀儡極右保守集団と手を組もうとする日本帝國主義極右反動勢力を厳しく糾弾すべく声明を発表する。こんな極右保守集団の傲慢な協力姿勢を最も喜ぶのは世界最悪の人権弾圧国家アメリカ帝國主義体制であることは言うまでもない。そんなアメリカ帝國主義侵略勢力の意を受けて活動するような南朝鮮傀儡・日本帝國極右帝國主義侵略集団も民心の呪いにより消滅させなければならない。我々善良な世界人民はまず真っ先に世界最悪の侵略的人権弾圧国家アメリカ帝國主義体制に対する徹底糾弾世論を喚起していかねばならないということだ。

 2015年10月26日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
南朝鮮傀儡極右保守団体による対侵略的帝國主義勢力哀願の醜態を嘲笑する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる