人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 越南逃走阻止世論喚起こそが西側帝國勢力への効果的批判手段(2)

<<   作成日時 : 2017/02/04 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日はまず朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮中央通信2017年2月3日付『「労働新聞」 朝鮮の衛星打ち上げは誰かの中傷の種になりえない』記事から。先日、日本帝國主義体制防衛省が種子島からH2Aロケットを打ち上げたことが世界の驚愕を呼んでいます。以前にも種子島からロケットが多数打ち上げられてきた経緯はあっても、それはあくまで平和的利用目的だと喧伝してきました。ところが、日本帝國防衛省が偵察目的と銘打って打ち上げたらこれは明らかに軍事目的の他ありません。平和国家と喧伝しているウラの本性が現れた以外の何物でもなく、朝鮮共和国が「犯罪国家」と批判するのも至極自然です。当然のことながら朝鮮共和国はロケット技術開発をさらに推進するでしょうし、また、日本帝國主義体制が「核・拉致・ミサイル」のいずれも喧伝する資格がないことも明らかになってきます。日本帝國主義体制は2011年3月11日の日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の責任を取らず、日本帝國侵略的支配層総翼賛で不正行為を乱発してまで人民拉致裁判制度(裁判員制度)を推進し、軍事衛星も平気で打ち上げる「核・拉致・ミサイル」犯罪国家であることについて世論喚起していかねばなりません。

 さて、次いで同じ朝鮮中央通信から2017年2月2日付『民心に挑戦する「戒厳令宣布」乱暴 朝鮮中央通信社論評』記事を取り上げます。南朝鮮傀儡(大韓民国)体制の極右保守集団が朴槿恵逆徒の弾劾に反対するという驚くべき異常な集会・デモを開いたことが当然のように糾弾されています。こんな活動は日本帝國極右保守集団を喜ばせるだけですし、実際に日本帝國産経新聞にも取り上げられています。日本帝國主義社会でも集団的世界侵略権(集団的自衛権)推進小規模デモといった極右反動勢力の活動が平気で日本帝國安倍逆徒思想宣伝メディアによって報道されるといった異常事態が起きていますが、反動思想的活動を大きく取り上げようとする帝國主義支配勢力の本性が現れてもいます。
 人民の良識ある活動により朝鮮半島南部で左派政権がまもなく誕生しそうな情勢ですが、アメリカ合衆国帝國主義侵略勢力や日本帝國極右反動勢力が何としてもそんな事態を阻止すべくいろいろ朝鮮半島南部に悪質な政治介入をも働こうとしています。何しろ、アメリカ帝國トップのドナルド・トランプ逆徒がメキシコ合衆国国境に壁を作ろうとする最中に板門店の壁が崩壊すればアメリカ帝國主義体制にとっての世界史的大汚点になるのみならず、日本帝國主義社会から「対馬や北部九州に壁を作れ」といった扇動が出てくるのは容易に想定できるとなり、日本帝國主義体制にとっても世界史的大汚点を残すことになるからです。悪質越南逃走(西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為)犯罪者集団が朝鮮半島南部の極右反動体制が潰れる前に何としても朝鮮共和国の体制を潰さねばならないといった扇動を働くのも同じ理由です。悪質越南逃走犯罪者にとっても自らの行動が否定されるといった焦りが極右反動勢力支援という異常な行動に現れるとなるわけです。
 朝鮮半島南部で左派政権が誕生する可能性が高まっていて北南融和が実現しようともしていて、なおかつアメリカ帝國主義社会が大混乱に陥っている中で、アメリカ帝國主義体制の歴史的見地からも極めて都合が悪い事態が起きようともしています。上記の『民心に挑戦する「戒厳令宣布」乱暴 朝鮮中央通信社論評』記事では、1980年5月18日からの光州人民蜂起に対する南朝鮮傀儡極右保守集団による大虐殺事件と同等の思想で先日の朴槿恵逆徒擁護集会・デモを見ています。しかも、アメリカ帝國主義体制社会の混乱が1980年5月18日当時とは全く違う状況にあるため、光州事件でも介入したアメリカ帝國主義体制極右反動集団が介入する動機も1980年当時以上にあります。朝鮮半島南部において左派政権が誕生したとすれば、南朝鮮傀儡軍部を扇動して政権を転覆させるという暴挙まで働かれる可能性も考えねばならないのです。アメリカ帝國軍部によるTHAAD推進扇動や日本帝國主義体制自衛隊との情報共有推進扇動を急ぐ姿勢にもこのような情勢が絡んでくるわけです。
 折しも、まもなく定例の極悪合同軍事演習が行われようとする時期に、アメリカ帝國主義体制反動集団にとって都合の悪い朝鮮半島南部の左派政権誕生の機運が高まっています。朝鮮半島南部の民心及び政治情勢が、アメリカ帝國主義体制・日本帝國主義体制・南朝鮮傀儡体制軍部勢力とますます乖離しようとしています。朝鮮半島南部内部での民心・政治と軍部の衝突ともなれば社会内部での自滅以外の何物でもないですし、結局は真の意味での民心に背く体制はできないというものです。日本帝國極右保守勢力にとって都合の悪い朝鮮半島南部左派政権誕生を阻止しようとすれば、藪蛇の結果を招く以外にない、ということです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号6AT22GUP(日本語版)、UZXLJBF9(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호UZXLJBF9 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 11 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
越南逃走阻止世論喚起こそが西側帝國勢力への効果的批判手段(2) 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる