人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪質越南逃走犯罪者の辿るべき末路

<<   作成日時 : 2016/01/22 16:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年11月23日の日本帝國靖國神社爆発に関して、爆発物を仕掛けたとされる南朝鮮傀儡(大韓民国)体制籍男性が火薬取締法違反容疑にて逮捕されました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)関連でいうと、この件は人民拉致裁判対象となる爆発物取締罰則違反にかかるかどうか境界的な事案であるため、日本帝國捜査当局がどんな扱いをするかも注目されます。一方で、日本帝國公安捜査当局からはこの男性が火薬を持ち込んだ容疑もかけているようですが、日本帝國捜査当局の証拠でっち上げ体質を考えると、日本帝國公安情報をそのまま信じない方が良いケースも考えられます。とりわけ、日本帝國主義体制支配地域に再入国する時点ではこの男性が日本帝國靖國神社爆発物設置犯人である見立てはされており、南朝鮮傀儡地域からの出国時にこの男性の持出荷物は事前に厳重調査されていない方が不自然だからです。この事案が起きてから現在までに至る時系列は、アメリカ合衆国帝國主義体制の介入により日本帝國主義体制と南朝鮮傀儡体制が戦後問題での八百長合意をした時期とも重なります。日本帝國靖國神社爆発の件についてもアメリカ帝國主義体制の介入があったのかどうかについて考える必要もある、というものです。

 さて、2006年に元ロシア連邦情報機関員が死亡した件に関して、ウラジーミル・プーチン大統領が殺害を容認したとの見解をグレートブリテン・北アイルランド連合王国帝國主義体制公聴会が示しました(参考)。死亡した元機関員は当時英国帝國主義体制に亡命していてプーチン大統領政権に対する批判を繰り返していたのですが、ある日放射性物質ポロニウム入りのお茶を飲んで中毒死したとのことです。この件についてはロシア人男性2人に対して毒物を混入したお茶を飲ませた容疑がかかっていて、英国帝國主義体制がロシアに対して身柄引渡しを要求しているのですが、当然ロシアは全て拒否する姿勢を示しています。まして、英国帝國主義体制が今回ロシア政権トップの関与まで言及したことでロシアは大いに激怒することとなりましょう。
 この経緯を考えるにあたって真っ先に思い浮かぶのが、南朝鮮傀儡体制支配地域に勝手に移住した元朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)籍人物の件です。黄長Y容疑者のように朝鮮共和国政権中枢にいた人物が裏切って朝鮮半島南部に越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)して朝鮮共和国政権を不当に誹謗するようなケースも見られます。悪質な越南逃走犯罪者については朝鮮半島南部はおろか世界のどこにも居場所がなくて当然のはずで、2006年に死亡した元ロシア情報機関員のような末路をたどって至極自然ということです。実際、既に死亡した黄長Y容疑者に限らず、朴相学・趙明哲・李民馥他悪質越南逃走容疑者については、朝鮮共和国からすれば相応の処断を講じる対象になっていますし、毒針殺害を実行しようとした事件も実際に起きました。ソウルでの陸英修さん(朴正煕逆徒の妻)殺害事件など、日本国内でこの種の工作活動が行われたケースもあるのです。
 無論、日本帝國主義体制を含めて西側帝國主義体制の捜査当局にとってこの種のスパイ事件が国内で起きると国際的信用問題にもつながるため、陸英修さん殺害事件に関与したともされる在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)などを対象に公安当局が捜査対象にしているのは至極自然なところがあります。一方で、エドワード・スノーデン氏のように西側帝國主義体制の悪質な政治実態を告発すべく東側社会に居場所を求めるべく行動した人物もいて、こちらは西側帝國主義勢力が必死になって拉致しようと画策しています。スノーデン氏はロシア国内にいると見られており、ロシアのような防諜国家であるからこそアメリカ帝國主義体制のスパイがなかなか活動できず、スノーデン氏を拉致してアメリカ帝國主義体制の悪辣な裁判にかけるのも難しい状況があるのです。スノーデン氏は当初中南米国家群への亡命を希望していたとも言われ、確かに中南米国家は反米帝國体制が多いのですが、一方でアメリカ帝國主義体制による内政転覆扇動も絶えず行われていて、亡命先国家が親米帝國体制に転向した際のリスクも考えねばならないところだったともいえるのです。
 人民拉致裁判(裁判員裁判)対象となって起訴されてしまった城崎勉氏に対しては、アメリカ帝國主義体制がネパール国内でスパイ活動を働いて拉致した経緯もありました。一方で強固な防諜国家である朝鮮共和国にはアメリカ帝國主義体制のスパイなど入り込む余地もなく、よど号メンバーは朝鮮共和国内で健在です。この例から見ても、防諜国家の強固な体制を批判しようと比較的諜報力の弱い西側帝國主義社会に脱出する行為はいかにリスクの大きいものかがわかります。ヘタな越南逃走行為も然りで、南朝鮮傀儡地域でも絶えず所在を狙われることを覚悟しなければならないとなるのです。それを考えれば、西側帝國主義社会の本質的反人権的実態を東側防諜社会にて告発することがいかに効果的であるかについても指摘する必要がある、というものです。

 なお、日本帝國主義体制下での新たな蛮行政治糾弾ページを作成しました。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
悪質越南逃走犯罪者の辿るべき末路 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる