人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本帝國東京電力福島原発爆発事件5年を受けての声明

<<   作成日時 : 2016/03/12 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年3月12日は2011年に日本帝國主義体制東京電力福島第一原子力発電所の爆発事件が起きてからちょうど5年となる当日である。未だに日本帝國東京電力福島第一原発廃炉作業完了のメドは立たず、極めて有害で大量の核関連物質を大気及び海洋に拡散させている現状もある。福島県浜通りから中通りにかけては長期的に居住が困難になる地域も多く、2011年3月11日まで住居を構えてきた人民にとってふるさとを追われる辛さは想像を絶するものだ。ところが、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒は日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の反省をすることなく、新たな安全基準を満たした原発については次々に再稼働させるという特大型挑発発言を働いた。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して日本帝國主義体制東京電力福島第一原発爆発事件を改めて厳しく糾弾するとともに、日本帝國主義体制政府による原発爆発事件の反省なき原発再稼働姿勢については、日本の人民のみならず世界全体への特大型挑発行為と位置づけて原発爆発事件以上に糾弾すべく、以下の声明を発表する。

 2011年3月11日14時46分、宮城県沖で発生したマグニチュード9の大地震・東北地方太平洋沖地震(=東日本大震災、以下、東日本大震災と表記)は日本のみならず世界全体に超ド級の衝撃を与えた。地震の揺れだけでも東日本各地に大きな爪痕を残したのは言うまでもないが、その直後から東日本太平洋側を襲った大津波が各地に大変な被害を残した。現在でも東北地方の太平洋側では福島県浜通り地区以外でも更地になっている地区は多く、復興など言葉だけの現実がいたるところで見受けられる。人民拉致裁判(=裁判員裁判)も震災直後に各地で中断し、法律そのものが改正される論拠として大震災被災の件も持ち込まれたが、人民拉致裁判制度(=裁判員制度)自体が廃止されることはなく、被災地住民に対する残酷極まりない拉致予告状も次々に送られる情勢にも至っている。
 そんな折も折、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒は本日の東日本大震災5年の政府式典で「復興は前進している」「新たな地域社会の形成や被災地の産業振興支援などに力を注ぎ、魅力ある地方創生につながる復興を実現していく」などとの妄言を吐いた。ところがその前日に新たな安全基準を満たした原発を次々に再稼働させるなどとの挑発的発言を吐くに至っては、上記の言葉がまるで空疎な存在になったという他ない。福島県浜通りや中通りでは今なお帰還することさえ困難な地域があり、また、帰還すれば健康への重大な影響も懸念される地域でありながら帰還させようとする日本帝國侵略集団の悪意に満ちた姿勢もモロに示されている。原発爆発事件の反省なき原発再稼働はまさしく福島県浜通り・中通り中部人民に対する心の復興とまるで逆行する妄動以外の何物でもなく、日本帝國主義体制侵略集団の悪辣な本性を暴露したという他ない。折しも3日前には原発爆発の反省なき再稼働直後であった日本帝國関西電力高浜原発に対して、日本で初めてとなる稼働中原発への運転差し止め仮処分の司法判断が出るに至ったのだが、そもそも存在そのものが危険な原発について、稼働中であれば運転差し止め判断が出せないという不文律同然の運用だったこと自体が異常だったというべきものである。
 日本帝國主義体制政府による日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の反省なき原発再稼働は単に福島の善良な人民に対する愚弄であるとか、日本の善良な人民に対する挑発という意味のみならず、世界の平和を願う人民に対する特大型挑発行為という他ない。思えば、日本帝國主義体制社会での原発政策は、アメリカ合衆国帝國主義体制の東アジア核侵略政策と軌を一にしてきた経緯がある。世界唯一の核被爆国と世界に喧伝する一方で日米帝國間では核持込み密約を極秘に働いてきたことも明るみになっている。日本帝國首相だった佐藤栄作逆徒に至っては「非核三原則」なる言葉で世界を欺いてノーベル平和賞を詐取したという他ない。アメリカ帝國主義体制による原爆投下被害を受けたことを真摯に反省して核の被害・惨禍を世界に真の意味で訴えるのではなく、アメリカ帝國主義体制の軍門に下ってアメリカ帝國主義のなすがままに卑屈に生き延びることを選択したのが日本帝國主義体制の本性である。だからこそ世界に対して「唯一の核被爆国」と喧伝するウラで世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制と一体化して核開発を働く世界ワースト2の核犯罪国家になったのが日本帝國主義体制の実体というわけだ。その本性があるがゆえに日本帝國主義体制は原発爆発の反省なき再稼働をアメリカ帝國主義体制と一体化して働くということだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して、日本帝國主義体制東京電力福島第一原発爆発事件を改めて厳しく糾弾するとともに、日本帝國主義体制政府による原発爆発事件の反省なき原発再稼働姿勢については、日本の人民のみならず世界全体への特大型挑発行為と位置づけて原発爆発事件以上に糾弾すべく声明を発表する。折しも、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)からは敬愛する金正恩第一書記が核開発継続を世界に向けて高らかに宣言した。原発爆発事件5年を前にして、日本帝國主義体制による原発爆発事件の反省なき特大型挑発的再稼働続発姿勢を見ての行動でもあり、アメリカ帝國主義体制による核戦略からの自衛措置としてやむを得ないという他ない。豊渓里地下での爆破実験を何度行おうが外部環境への有害放射性物質大量放出がない限り、日本帝國東京電力福島原発爆発事件による放射性物質・放射能の大気・海洋への大量放出を働いている日本帝國主義体制には非難する資格などないというものだ。加えて言えば、日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の反省なき原発再稼働宣言は、まさしく悪意に満ちた日本帝國主義体制への自国民・福島県民への犯罪的拉致行為という意味も持つ。そんな自国民拉致国家に対朝鮮共和国「拉致事件」云々非難扇動を働く資格もないことは言うまでもない。

 2016年3月12日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 今月も3月15日に、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として再び、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開したいと思います。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号JA9ZF358(日本語版)、번호 8TNXESTY(조선어 버전)、で3月15日まで、となっています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本帝國東京電力福島原発爆発事件5年を受けての声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる