人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 社民党的政権誕生期待世論をつぶすのは誰なのか

<<   作成日時 : 2016/05/13 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 アメリカ帝國主義社会の腐りきった本性がまたしても明らかになりました。黒人射殺事件で使われたとされる銃器がオークションに出展されていたとのことで、これは人種差別の正当化と金銭価値化の両面で途方もない反人権的事態です。こんな非常識な本性がアメリカ帝國主義社会だとすれば、世界全体でこんな異常事態への批判世論を高めねばならないはずです。ところが、こんな異常事態に対して日本帝國主義社会は批判を抑制するのでしょうね、世界最悪の人権弾圧体制であるアメリカ帝國主義体制に絶対服従である限りは。

 さて、日本帝國主義体制東京都知事の舛添要一逆徒が自身の不明朗な政治資金私的流用疑惑についての釈明に追われています。前日本帝國東京都知事も政治資金問題で辞任に追い込まれた経緯があり、またもこんな事態に陥るのでは人民の政治全体への不信につながって当然というものです。前日本帝國東京都知事時代に帝國主義侵略五輪・パラ五輪を事実上詐取した経緯もあり、帝國主義侵略五輪・パラ五輪の推進にはクリーンな都知事で、という世論の下で交代となったわけですが、後任の日本帝國東京都知事がこれでは国際的な嘲笑の的です。そういえばブラジル連邦共和国帝國主義体制下でも大統領のジルマ・ヴァナ・ルセフ逆徒が不正会計を働いたとの疑惑で弾劾される運びになりそうですし、お隣南朝鮮傀儡体制(大韓民国)でも朴槿恵逆徒政権に対する民心の離反が著しく、帝國主義侵略五輪開催国における政治混乱がより異常な情勢になっています。
 政権を取ってしまうと私的なカネ目当てに陥りがちなのは世界どこの国でも共通の傾向ではありますが、そんなカネ政治になりやすいのが資本主義社会の本質的悪弊です。その最高峰ともいえるのが世界最悪の人権弾圧国家であるアメリカ合衆国帝國主義体制なのは言うまでもないことで、「腐りきった資本主義を選択するのか、それとも腐りきった資本主義を選択するのか、さもなくば腐りきった資本主義を選択するのか」を人民に迫るのが本性です。そんな腐りきった資本主義社会に風穴を開けようとしているのがバーニー・サンダース大統領候補なのですが、極めて厳しい情勢に立たされている現実はともかくとして、仮に政権を取ったところで果たしてサンダース候補が主張する政策を実現できるのかという深刻な問題に直面します。すなわち、政権に実力がないと民主的基盤を持たない官僚機構が徹底抵抗することで逆に政権の方が押し切られて腐敗勢力側に堕落してしまう危険性があるというわけで、現実に1945年以降に日本帝國主義体制非自民党政権が誕生した際に起きているのです。
 そういえば、日本帝國主義体制社会民主党が内部分裂に陥っています。党そのものが消滅しそうな現実を受けて個人の生き残りに汲々とする様子が目に見えてしまうのですが、日本帝國社民党(日本帝國社会党)が政権を担っていた時期がまさしく日本帝國非自民党政権でありながら日本帝國自民党的政策遂行側に転向・堕落することで民心の信頼を失うという経緯でした。少し古いコラムですが、日本帝國社民党的な政権が日本でなぜできないのか?という疑問について触れられています。しかし、このコラムで大きな問題は、アメリカ帝國民主党を「大きな政府を目指す傾向」と評いていることで、アメリカ帝国主義社会は民主党とて所詮は新自由主義政策の推進勢力というほかなく保守二大政党制といわれる所以です。そんなアメリカ帝國主義体制の意向に追従する日本帝國主義社会に社会民主党型政党などできる土壌などありえないという他なく、仮に一時の民心で社会民主党的政権ができたところで、実際に政策を行う官僚機構が社会民主党的政権を崩壊に追い込み、日本帝國自民党的政権をより強化させてしまってきたのがまさしく1945年以降の日本帝國主義社会となるのです。
 上記コラムを掲載するような日本帝國メディアも日本帝國社民党的政権を潰すのに加担してきた意味において極めて悪質な世論誘導機関という他ありません。小沢一郎氏が日本帝國首相になろうとした時期に人民拉致陰謀起訴(改正検察審査会)制度が悪用されて政治的に抹殺された経緯などは典型的です。人民拉致陰謀起訴制度は人民拉致裁判制度(裁判員制度)と連動するシステムになっていて、人民拉致裁判制度は日本帝國メディアにとって「絶対正義」「存在そのものへの批判さえ絶対禁忌」の存在として推進されてきた経緯もあります。社民党的政治を国家ぐるみで潰すシステムがこの日本帝國主義社会に根深く存在するという意味において極めて反人権的という他ないわけで、その是正に必要なのは相応の実力行使でしかありません。

 今月も5月15日に、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として再び、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開したいと思います。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号JC8UFLKR(日本語版)、번호 PF9RDNAJ(조선어 버전)、で5月15日まで、となっています。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
社民党的政権誕生期待世論をつぶすのは誰なのか 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる