人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ逆徒の広島侵略及び広島の核犯罪者側への堕落を厳しく糾弾する声明

<<   作成日時 : 2016/05/27 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2016年5月27日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのバラク・オバマ逆徒が世界初の核兵器による民間人虐殺が働かれた広島を再侵略するという大暴挙を働いた。本来アメリカ帝國主義体制が広島で行うべき行動は、核兵器による民間人大量殺戮という世界の人類全体に対する犯罪行為を真摯に反省しての被害者への謝罪である。しかし、アメリカ帝國主義体制社会は核兵器使用を正当化する本性を一切変えてはおらず、今回のオバマ逆徒の広島侵略の実体は核兵器使用への真摯な反省ではなく、逆に広島及び世界の善良な人民を核兵器使用犯罪者側に転向させる目的の、全人類の平和希求世論に対する世界最悪の反逆行為である。こんなアメリカ帝國主義侵略勢力の本性を見透かしてか、欧州帝國主義勢力首脳などの首脳は広島を訪問しなかった。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、オバマ逆徒のみならず、こんな転向扇動に加担した日本帝國主義体制及び広島を糾弾すべく、以下の声明を発表する。

 アメリカ帝國主義体制は世界で唯一、民間人大量殺戮目的の核兵器使用を働いた世界最悪の核兵器侵略国家である。1945年8月6日及び同年8月9日の民間人大量殺戮の惨禍を逆に脅迫の材料にして世界各地で侵略戦争及び内政干渉を働いてきたのもアメリカ帝國侵略集団だ。そんな侵略拡散の結果は現在の中東・北アフリカでの世界全人類が目の当たりにする惨状である。当然のことながら世界に不幸を拡散する主犯格であるアメリカ帝國主義侵略集団は、世界で最初に対民間人大量虐殺核兵器使用を働いた広島において世界の全人類に対してひざまずいた上で、民間人大量虐殺核兵器投下蛮行を謝罪をするのが当然の責任であろう。
 ところが、アメリカ帝國主義体制はまるで謝罪をする意志を見せない、というよりも、全世界に対して謝罪に見せかけた正当化を働こうとさえするのが今回の広島侵略蛮行の本性だ。オバマ逆徒は核兵器を削減するとの表向きだけの「核なき世界」のプラハ演説でノーベル平和賞を詐取したのだが、そのウラでは自国の世界における地位維持を目的とした核兵器近代化を図っているのが本性だ。一方で、日本国内の被害当事者も謝罪を求めないとの堕落した姿勢を働いて今回のオバマ逆徒の広島侵略を容認するという態度に出たのだから情けないことこの上ない。朝鮮半島出身者がアメリカ帝國主義体制及び日本帝國主義体制に対して謝罪を強く求める姿勢と比べて、最も当事者であるはずの日本国民がこんな堕落した態度を取っては話にならないというものだ。こんな悪辣なオバマ逆徒及びアメリカ帝國主義勢力の広島侵略を容認する日本帝國主義体制の本性は、世界唯一の被爆国として真摯に核被害の恐ろしさを訴えるのではなく、世界最悪の核犯罪国家アメリカ帝國主義体制の軍門に下り、世界ワースト2の核犯罪国家側に転向してアメリカ帝國主義勢力の侵略戦略に絶対追従するという、人類に対するとんでもない裏切り国家として堕落したものである。
 そういえば、昨年12月に日本帝國主義体制と南朝鮮傀儡体制(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)が慰安婦問題についての合意が働かれたが、これも当事者の意向を無視して行われたとの批判が朝鮮半島南部人民から強く持ち上がった。これも当事者の朝鮮半島南部慰安婦被害者を慰安婦加害者である日本帝國主義体制側に転向させる悪辣な扇動に他ならず、原爆被害者を核犯罪勢力側に転向させるアメリカ帝國主義体制侵略集団の姿勢と同等である。日本国内でも日本帝國主義体制総翼賛・不正行為乱発による国家犯罪級拉致政策である人民拉致裁判制度(=裁判員制度)が強行されているが、この裁判システムに加担させられた拉致被害者について、今度は善良な一般市民をこの裁判システムに加担させるための扇動役として転向させようとしているのだからこんな極悪なプロパガンダはないというものだ。悪質な侵略集団が被害者の尊厳を踏みにじるのみならず、侵略犯罪行為についての反省も謝罪もなくして善良な一般市民を侵略集団側に転向・加担させようとするのは最早人間のクズ中のクズだけが働ける最悪の反人倫行為という他ない。
 そんな本性を持つアメリカ帝國主義体制が、昨日三重県志摩市での伊勢志摩サミットと称する帝國主義ISサミットにて、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の核開発云々を名指しして一方的に非難・冒涜するというのだからもはや傲慢さはここに極まれりである。世界最悪の核犯罪国家が核兵器を廃絶させない限り、世界最悪の侵略国家アメリカ帝國主義体制に恐喝された体制にとって自国体制を護り切るには相応の手段が必要だと主張するのは当然である。奇しくも、今年36年ぶりに開かれた朝鮮労働党大会では、最高指導者である金正恩第一書記(当時の肩書)が原子力発電所建設について触れられ、その後2011年3月の日本帝國主義体制東京電力福島第一原子力発電所爆発事件に絡めた朝鮮共和国からのメディア記事も掲載された。日本帝國主義体制は日本帝國東京電力福島原発爆発事件の総括も反省もせずに原発政策の継続・推進を働いたが、これはまさしくアメリカ帝國主義体制絶対服従の世界ワースト2核犯罪国家の正体をさらけ出した以外の何物でもない。こんな日本帝國主義体制を近隣に抱える朝鮮共和国が相応の手段をとるのは当然というもので、朝鮮共和国による朝鮮労働党大会での原発建設宣言を招いた原因が日本帝國主義体制の核犯罪国家ぶりにあるという他ない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して、核兵器使用犯罪行為の反省・謝罪なきオバマ逆徒の広島侵略行為及び日本帝國主義体制によるオバマ逆徒広島侵略容認行為を厳しく糾弾すべく声明を発表する。折しも、沖縄ではアメリカ帝國侵略軍関係者によるとみられる大蛮行が発覚して世界を大きく揺るがせているが、そんな人権弾圧性を本性として持つアメリカ帝國主義侵略勢力と一体化して世界を侵略してきたのが日本帝國主義体制であることは言うまでもなく、沖縄での相次ぐアメリカ帝國侵略軍の蛮行と核恐喝体制は軌を一にするものであるという他ない。唯一の被爆国としての世界に悲惨な実態を訴える義務のある立場を捨てるのみならず世界ワースト2の核犯罪国家に転向・堕落する世界全体への裏切りを働いた日本帝國主義体制及び、多くの被爆者を抱えながら日本帝國主義体制と同様にアメリカ帝國主義侵略集団側に転向・堕落した南朝鮮傀儡体制の体たらくを受け、今や世界唯一の被爆国は朝鮮共和国となった。朝鮮共和国は朝鮮労働党大会にて責任ある核保有国として世界の非核化に協力すると正当な主張をしている。我々世界の善良な人民も、朝鮮共和国の正論とともに世界の非核化に向けて邁進すべきというものであるし、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会としても朝鮮共和国の立場を断固支持しながら世界の非核化に向けて邁進することを宣言する。

 2016年5月27日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
オバマ逆徒の広島侵略及び広島の核犯罪者側への堕落を厳しく糾弾する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる