人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS マレーシアでの異様な事件の背景(2)

<<   作成日時 : 2017/02/20 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小金井市で起きたタレント女性襲撃事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)が本日から日本帝國主義体制東京地裁立川支部で始まりました。ただでさえ社会的に大きな騒ぎになった事件であり今回の裁判も注目を集めていたところ、さらに異常事態が法廷で起きました。人民拉致裁判に加担した男性が倒れるという事態に騒然となったとのことで、ここでも人民拉致裁判加担者の精神的負担の問題がモロに露呈されてしまいました。凶悪事件を扱う関係で衝撃的な証拠を使うことが避けられない以上は、この政策そのものが持つ本質からはどうしても免れ得ない問題でもあり、「負担軽減」などと存在しえない言葉を発する日本帝國主義メディアの悪質報道ぶりは救いようがありません。その意味でも最近話題の「フェイクニュース」という言葉で日本帝國メディアを糾弾していかねばならないのは当然のことです。

 さて、マレーシアでの朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)籍男性殺害事件に関して、今も大きく世界全体を揺さぶっています。超のつく国内外的政治関係絡みの有名人だからなおさらなのですが、マレーシアはついに在朝鮮共和国大使を召還するという事態にも発展し、2国間のみならず世界全体に大きな波紋を広げるのは間違いありません。また、遺体の引渡しをめぐっても今後いろいろ問題が出てくるのは避けられないとみられます。本日もこの件について考えたいと思います。

(5)今回の有名男性がなぜ今狙われたのか
 個人的な感想ですが、今回の事案で世界全体が大騒ぎになってい一方で私は「起きるべくして起きた」という気持ちしかありません。何しろ2013年には朝鮮共和国最高尊厳の親族でもある張成沢逆徒が処刑されたということもあり、朝鮮共和国最高尊厳の親族であろうとも反朝鮮共和国思想を持つ人物であればいつ襲撃されても不思議ではないと考えて不思議ではないからです。そして、事件を起こしたとされる容疑者も何人か逮捕されている一方で即日出国した容疑者も多くいるとみられ、長期的な意味で極めて計画的な行動と考えるのが自然です。そこまでの計画性を持った事案であるからこそ、そこまでしてでも任務を完遂しなければならないとしての行動でしょう。実行容疑者の女性2人で仮に失敗すれば、すでに出国したとされる次の任務者男性2人が出てくる予定だったとの報道もあります。
 殺害された朝鮮共和国男性は超のつく有名人であるとしても、身柄を保護していたとされる中華人民共和国にとってもそこまで重要な人物ではなかったとの見方もあります。というのも、この男性を保護する価値といえば、現朝鮮共和国最高尊厳の体制が転覆された際に新たな傀儡政権を持ち込む目的が最も大きいのですが、この男性自身に権力への野心がそこまでないとみられる上に、実際に執権するだけの能力もとてもないと見て自然だからです。となると、この超有名男性を「殺害する」ことそのもので大きなインパクトを世界全体に与えることが最大の目的だったとみるのが自然でしょう。当然のことながら、その衝撃を最も大きく受けるのが、朴相学容疑者や太永浩容疑者などの悪質越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)犯罪者となるのです。

(6)前代未聞の「多国籍工作員」犯罪
 朝鮮共和国による工作活動が世界各地で行われていることは周知のとおりで、日本帝國主義体制支配地域の中でも朝鮮半島北南体制対立を背景にしたスパイ活動が行われた歴史もあります。ですから、今回このような事件が起きたのも「起きるべくして起きた」以外の感想はないというのが正直なところです。しかし、前代未聞なのはこの種の活動が「多国籍工作員」によって行われたことです。なお、ここでは手口がアマチュアレベルであるということは抜きにして、本来高度な技術を持つ人物に限らずこの種の活動をする人物全体を「工作員」と呼ぶことにしますが、実行した女性2人が全くのアマチュアレベルの腕前しか持っていなかったとは思えないとの見方も出ています。「多国籍工作員」による意思疎通の一体化は極めて難しいですし、ましてや空港という目につく場所を犯行現場に選択しているということは、ある程度逮捕者が出ることを覚悟して、というよりも逮捕される人物をおとりにして根幹部分は逃亡させる目的で行われたと考えられるわけです。
 そして、犯行の行われた2017年2月13日、マレーシア・クアラルンプールの空港でマカオ行き航空機にこの有名男性が搭乗することを誰がいつ知っていたのかも大きなカギになります。この情報を犯行グループに提供できるほどの組織力・収集力あっての狙い撃ちであり、その情報を多国籍工作員グループとして共有・実行できるほどの団結力あっての行動です。また、朝鮮共和国にとっての栄光の祝日を数日後に控えている時期だったことにもいろいろ絡めておかしな扇動に悪用されたりしています。とはいえ、容疑者が出国して身柄引渡しも絶望的な状況となれば、犯行の真相は見えなくなる可能性が高まっていることは否めません。朝鮮共和国犯行説が悪辣に扇動されている一方で誰がやったのか法的には特定できないという結末は、まさしく哨戒艦天安号沈没事件と同じで、逆に朝鮮共和国の政治的利益が大きくなる意味もあるのです。

(7)在マレーシア朝鮮共和国大使の不自然な態度
 今回の事件では朝鮮共和国の国家としての犯行説が悪辣に扇動されていますが、一方で在マレーシア朝鮮共和国大使の態度はかえって朝鮮共和国犯行説に世界全体を傾かせる要素になることからしてもマイナスの効果をもたらすのは否めません。空港での不自然な死亡状況であり、まして取り囲まれて何らかの物質を触れられたという経緯からも、マレーシアの捜査当局としても検死して司法解剖するのは当然というものです。遺体を無条件で引渡せなどと要求しても拒否されて仕方ないですし、まして根拠もない南朝鮮傀儡(大韓民国)体制による陰謀説を発するという態度はお笑いレベルで見られるというものです。マレーシアに在朝鮮共和国大使を召還されたという現実は、朝鮮共和国との外交関係断絶にもつながる可能性も出てきますし、朝鮮共和国の国家としての犯行を疑わせることを理由としたマレーシアによる1つの抗議姿勢とも見えます。
 朝鮮共和国を始め、東側勢力の原則として他国に対する内政不干渉があります。しかし、少なくとも検死を妨害しようとする態度を取ってしまうとこれは内政干渉行為との批判は免れません。在マレーシア朝鮮共和国大使が共同捜査を提案しようとも、犯行を疑われている国が捜査に入ればそれは受け入れられなくても当然です。逆に、そのような強い態度に出られる在マレーシア朝鮮共和国大使の姿勢に相応の確固たる論拠があるのかどうか?今後の推移も気になるところです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起は<stong>こちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号XB6X98N7(日本語版)、PP4J4NJF(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호PP4J4NJF 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 27 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
マレーシアでの異様な事件の背景(2) 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる