人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 米帝侵略軍による対シリア侵略爆撃蛮行を厳しく糾弾する声明

<<   作成日時 : 2017/04/08 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2017年4月6日(日本時間では7日)、世界最悪の人権弾圧組織であるアメリカ合衆国帝國主義体制侵略軍が、トップのドナルド・トランプ逆徒による指令の下でシリア・アラブ共和国空軍基地に対してミサイル59発を発砲した。これは、シリアの現政権が一般市民に対してサリンなどの化学兵器を使用して大量殺戮を行ったとの言いがかりをつけて働かれたもので、シリアと親密な関係にあるロシア連邦に対しての事前通知があったかどうかも情報が錯綜している有様だ。いずれにしても2003年にイラク共和国に対して大量殺戮兵器保有を口実にほぼ単独での侵略戦争を働いたのと同等の思想によりアメリカ帝國主義体制が突出して行動に出た以外の何物でもなく、当然この行動には世界の多くが糾弾を浴びせることになるだろう。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、世界最悪の戦争犯罪国家アメリカ帝國主義体制による今回の対シリアミサイル発射蛮行爆撃を厳しく糾弾するとともに、世界の心ある人民に対してはこんな世界最悪の戦争侵略国家アメリカ帝國主義体制に対する糾弾世論を喚起すべく声明を発表する。

 今回のアメリカ帝國侵略軍による対シリア・アラブ共和国侵略的ミサイル攻撃蛮行は、シリアの現政権が一般市民に対してサリンなどの化学兵器を使って大量殺戮を行ったとの言いがかりをつけて働かれたもので、2003年に対イラク共和国戦争を働く口実として大量殺戮兵器所有をでっち上げたのと同じ構図である。14年前の対イラク侵略戦争では結局大量殺戮兵器は発見されず、アメリカ帝國主義体制は大義なき侵略戦争を働いたとして世界的糾弾を浴びたのも記憶に新しい。今回の事案ではビデオにより化学兵器が使用されたとの疑いも示されてはいるが、仮に化学兵器使用が事実だったとしても誰が使用したのか立証もされていないのが実態だ。そんな情勢の中でアメリカ帝國主義体制侵略勢力は「シリア政府」が「化学兵器を使用した」との二重の言いがかりをつけて単独行動に出たのだからこれほどの傲慢態度はないとしたものだ。
 当然のことながら現シリア政権と親密な関係にあるロシアはアメリカ帝國侵略勢力のとんでもない蛮行に強く反発している。現在のドナルド・トランプ逆徒政権は親ロシア閣僚が多く入っていてロシアとの連携を強く模索していた経緯があったが、その構想は今回の蛮行により自ら頓挫させたという他ないのだから皮肉なものだ。無論、アメリカ帝國主義体制としても限定的攻撃と称してロシアとの全面対決は避けたい思惑を強く持っているのだが、そもそもの「シリア政府」が「化学兵器を使用した」との二重の前提のどちらでも崩れればこの攻撃自体があってはならないものとなる。対イラク侵略戦争でもそもそもの前提が崩れたことで世界的批判に晒されたのだが、対イラク侵略戦争でも大義となる大量殺戮兵器を発見すべく戦争を泥沼化させたことを忘れてはならない。今回の対シリア侵略蛮行に際しても「大義」を立証すべくさらなる手段を講じれば、ますます泥沼化するのは容易に想定できるとしたものだ。
 今回の攻撃蛮行はアメリカ帝國主義体制国内および世界全体に向けてアメリカ帝國主義体制による攻撃意志を示した狙いもあるといわれる。アメリカ帝國主義体制国内向けの宣伝効果目的にシリアを攻撃するなどは最早特大型暴挙以外の何物でもないが、それもこれも現在のドナルド・トランプ逆徒政権支持率低迷が大きな要因になっているため、今回のような敵対勢力に対する蛮行を働くことで支持率上昇を狙うという目的が見え透いている。こんな目的の対世界侵略行動であれば世界はますますアメリカ帝國主義体制の本質的暴力性を見抜くに決まっている。もう一つはアメリカ帝國主義体制にとってのシリア以外の敵対勢力に対する警告の意味だが、今回の攻撃は地中海上に展開した駆逐艦から陸上の空軍基地に向けて発せられたものであり、また、シリアからの射程距離範囲内に米帝侵略軍基地がなくシリア国内からの報復攻撃が極めて難しい構造の下で行われた。仮に米帝侵略軍基地が報復攻撃を受ける可能性を持つ環境下では今回のような限定的攻撃などなかなかできないとしたものである。
 その意味では、今回の特大型侵略蛮行を見たところで朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)にとって恐れる必要はないとしたものだ。朝鮮共和国が化学兵器を使用してマレーシアにて有名男性を殺害したなどとの疑惑扇動も、マレーシアとの2国間合意によって扇動自体のでっち上げが確定している。発生7年を過ぎた2010年の天安艦沈没事件に際しても朝鮮共和国犯行説というでっち上げの不当性が世界に示された。世界最悪の戦争侵略国家アメリカ帝國主義体制によるでっち上げ不当扇動が働かれれば働かれるほど、朝鮮共和国の主張の正当性がより鮮明になって当然だ。今回のアメリカ帝國侵略軍による特大型侵略蛮行に対しては、朝鮮共和国もシリア側の立場を支持したうえで協力できるところに協力していく立場を取っていくだろう。朝鮮共和国による対シリア協力行為に対してまで「決議違反」などとの不当扇動を働けばそんな扇動そのものの世界的非難世論喚起が必要だし、むしろ制裁解除に向く推進力が働くのが至極自然というものだ。そして、朝鮮共和国の周囲にはアメリカ帝國侵略軍基地が多数あるのも忘れてはならない条件なのは言うまでもない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、世界最悪の戦争犯罪国家アメリカ帝國侵略軍によるミサイル発射という対シリア侵略特大型蛮行を厳しく糾弾するとともに、世界の善良な人民に向けてアメリカ帝國侵略軍の本性をまたしても見せつけたことに際して世界的糾弾世論を喚起すべき声明を発表する。ちなみに、アメリカ帝國主義体制に対して卑屈に阿諛追従するだけの能しかない日本帝國主義体制安倍晋三逆徒政権は、アメリカ帝國侵略軍がほぼ単独で働いた2003年対イラク侵略戦争を真っ先に支持したのと同様、ドナルド・トランプ逆徒の特大型蛮行を即時に支持するという堕落行為を働いた。当然のことながら、こんな日本帝國主義体制の特大型野蛮性も世界の善良な人民および国内から徹底糾弾させねばならない。アメリカ帝國主義型「正義」を振りかざす思想といえば、日本帝國主義社会内にて侵略勢力総翼賛・不正乱発で推進された人民拉致裁判制度(=裁判員制度)にも共通の根がある。このような思想の「社会正義」を振りかざした侵略勢力に対する相応の世界的対抗措置が求められる時代になったということでもあるのだ。

 2017年4月8日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 サイトメンテナンスの都合により長らくの間休止していたのですが、メンテナンス仮復旧という形をもちまして、本日からブログ活動を再開いたします。この1週間は重要な105回目の太陽節週間ということで、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として4月15日に向けて、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号9RLC9A6T(日本語版)、6UDBAZJF(조선어 버전)です。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호6UDBAZJF 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 4 월 15 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
米帝侵略軍による対シリア侵略爆撃蛮行を厳しく糾弾する声明 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる