人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 救う会声明2016年1月

<<   作成日時 : 2009/12/31 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◎甘利明逆徒の無残な落馬を嘲笑する声明(1月29日)
 2016年1月28日、日本帝國主義体制経済再生大臣だった甘利明逆徒が自らの政治資金問題の責任を取って無残な落馬に追い込まれた。思えば甘利逆徒といえば、2011年の日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の反省なき原発再稼働に関連して「再稼働しないからデング熱が流行した」などとの妄言を吐いたこともあり、奇しくも本日の日本帝國関西電力高浜原発再稼働という異常事態にもつながっている。また、1週間後に迫った2月4日ニュージーランドでの環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(=TPP、以下、帝國主義TPPと表記)調印式への出席に意欲を示していたり、人民抹殺ボタン(=マイナンバーまたは共通番号)システムの広報も働いたことがあった。まさしく反人民的侵略政策推進の象徴であった人物が落馬したこと以外の何物でもなく、日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今回の甘利明逆徒の無残な落馬を日本人1億3千万人を代表して嘲笑するとともに、単に日本帝國自民党政権のみならず日本帝國主義侵略集団全体の駆逐に邁進するための世論喚起をすべく、以下の声明を発表する。

 甘利明逆徒の政治資金問題といえば、千葉県内の建設会社からの不透明金銭授受問題が週刊誌に報道されたことから始まった。週刊誌報道では、この建設会社と日本帝國独立行政法人都市再生機構との間で発生した道路建設をめぐるトラブルの解決をめぐって、建設会社が甘利明逆徒サイドに口利きとして直接的現金や接待料など総額1200万円にも上る便宜を図った疑惑が持ち上がったものである。政治資金問題といえば度々刑事訴追問題にも発展する事案があり、一方で小沢一郎氏のように訴追されても無罪判決が確定して刑事責任追及までは至らないことも多い。とはいえ、仮に今後刑事責任追及まで至らなくとも大臣辞任となれば相応の社会的責任を問われたことは言うまでもない。甘利逆徒は会見で一連の経緯について長々と釈明を働いたが、いずれにせよ多額の便宜を受けたことを認めたことで大臣辞任に追い込まれたという事実が最も重要な問題である。
 2006年発足の日本帝國安倍晋三逆徒政権下、そして2012年からの政権下でも閣僚の無残な落馬は度々起きてはいたが、今回の甘利逆徒ほどの重要人物が落馬したとなれば以前の落馬など問題にならない打撃になることは言うまでもない。甘利逆徒といえば、日本帝國トップの安倍晋三逆徒が2006年にトップの座に上り詰めた時点からの重要人物でもあった。甘利逆徒はこの件について「罠にはめられた」などとの苦しい弁解をした時期もあったが、そもそも口利きをして便宜を受けることそのものがやましい行為であり、密室でこのような行為を行うこと自体があってはならないとの認識を持っていないことが非常識極まりない。政治闘争であればこのような追い落としを狙う勢力もいて当然のことで、そのワナを避けるべく行動するのが本来あるべき態度のはずだ。日本帝國野党勢力が甘利逆徒による2月4日のニュージーランド行きを容認しない強硬姿勢を取ったのも当然だが、そんな事態も相まって辞任せざるを得ない事態に追い込まれたということだ。
 そして、日本帝國経済再生大臣の後任には元日本帝國国土交通大臣・元日本帝國自民党幹事長の石原伸晃逆徒が決まったが、帝國主義TPPは甘利逆徒でなければ交渉妥結が出来なかったといわれるほど重大な役割を果たした経緯もあり、2月4日に別の人物が出席するとなれば日本帝國主義体制の国際的信用に関わる深刻な問題になるのは間違いない。存在そのものが根本的反人民的政策である帝國主義TPPについて、そもそも交渉をする資格のない人物が担当した経緯からしても、調印式への参加自体の正統性が問われる事態になっているというべき情勢だ。甘利逆徒は「金持ちの金持ちによる金持ちのための政策」である帝國主義TPP以外にも、2011年日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件の反省なき原発再稼働の強力推進を働いたり、コンピュータのボタン一つで特定人物を文字通り殺害できるシステムにもなる人民抹殺ボタンシステムの広報を働くなど、根本的反人権的人民侵略政策を推進する重要な役割を担った。その意味では極悪政治家と言うべき存在の中でも売国・反人民性の観点からは超ウルトラ級の極悪さという他ない。この種の人間のクズ中のクズが駆逐されたところで、人民抹殺ボタンシステムや帝國主義TPP、福島原発の異常事態継続中の原発多数稼動という究極の反人権的実態がなくなるわけではない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して今回の甘利逆徒の無残な落馬を嘲笑するとともに、この件を単に安倍逆徒政権のみならず、日本帝國主義体制社会全体への糾弾世論喚起に向けるべく声明を発表する。帝國主義TPP、人民抹殺ボタンシステム、原発再稼働といった究極の反人民的政策は制定当時政権の座にもあった日本帝國民主党も推進した経緯もあるが、そんな日本帝國民主党のみならず、日本帝國共産党まで推進した人民拉致裁判制度(=裁判員制度)の廃止論までつながるよう世論喚起していかねばならないという立場を我々は持つ。最近の日本帝國主義社会はこれらの反人民的政策を帝國主義犯罪的侵略勢力総翼賛体制の下で進めていき、人民に選択肢を与えない強権的手法が使われてきた。そんな経緯による反人民的政策推進に対しては、単に特定政党への批判といったレベルではなく、日本帝國主義社会のシステム全体に対する批判世論喚起が必要だからである。日本帝國主義社会全体を国際人権被告席に座らせるレベルの世論喚起が必要である、ということだ。

 2016年1月29日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通


◎米帝國籍スパイによる反朝鮮共和国敵対行為を厳しく糾弾する声明(1月23日)
 2016年1月22日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の朝鮮中央通信が『反共和国敵対行為を働いた米国人を摘発、逮捕』なる記事を公表した。バージニア大学生でアメリカ合衆国帝國主義体制籍のワム・ビアー・オット・フレデリック容疑者がアメリカ帝國主義体制の黙認の下朝鮮共和国に観光目的を装って入国し、反朝鮮共和国敵対行為を働いたとして逮捕されたとのことである。アメリカ帝國主義体制側西側帝國主義侵略勢力による、対朝鮮共和国敵対目的で働かれるこの種の悪辣なスパイ事件は枚挙に暇がなく、その都度朝鮮共和国は厳しく摘発して公正な処断を下してきたのは言うまでもない。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表してアメリカ帝國主義勢力の反朝鮮共和国敵対行為を厳しく糾弾するとともに、西側帝國主義侵略勢力と一体化してのアメリカ帝國主義スパイ救出哀願扇動が働かれた場合にはそんな扇動に対しても日本人を代表して糾弾する世論を喚起すべく、以下の声明を発表する。

 朝鮮中央通信からワム・ビアー・オット・フレデリック容疑者による悪辣な敵対活動容疑が発表された2016年1月22日といえば、帝國主義国際連合朝鮮共和国人権問題でっち上げ特別報告者のマルズキ・ダルスマン逆徒が朝鮮共和国最高尊厳に対して刑事責任を追及するとの言いがかりをつけた日でもある。ダルスマン逆徒は日本帝國主義体制支配地域に土足で足を踏み入れ、最早日朝間で事実上決着した問題としてありもしない「拉致事件」云々に言及するという特大型挑発行為も働いた。「拉致事件」云々といえば日本国内、それも「拉致事件」解決扇動を働いてきた勢力内からも批判が出ているように、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が自らの極右反動思想実現目的で政治的に悪用したことは客観的に見ても明らかな情勢である。この問題を無視して朝鮮共和国にだけ責任追及するという傲慢極まりない姿勢を示したのがまさしくダルスマン逆徒の本性だ。
 「拉致」云々を言うのであれば西側帝國主義社会で働かれる悪辣な政治的拉致行為を真っ先に糾弾するのが先決のはずだ。真っ先に「拉致」云々を言い始めた日本帝國主義社会では日本の善良な人民の反対意見を完全黙殺して、日本帝國主義犯罪的侵略集団総翼賛・不正行為乱発により一般市民及び重罪被告人を裁判所に拉致する政策として強行された人民拉致裁判制度(=裁判員制度)が世間の批判を浴びている。その上に日本帝國主義社会では、善良な人民をコンピュータのボタン一つで社会的、あるいは文字通り抹殺できる人民抹殺ボタン(=マイナンバーまたは共通番号)システムも2016年から強行された。また、日本帝國主義体制支配地域の隣にあり、対朝鮮共和国人権不当非難扇動の拠点が置かれた南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制では朝鮮共和国公民に対する誘引拉致行為が続発していたり、政府の反人民的政策に反対する活動に対する南朝鮮傀儡保守捜査当局による強行拉致的弾圧が繰り返されている。加えて、アメリカ帝國主義社会は善良な黒人が白人捜査当局に平気で銃撃される拉致体制国家である。
 自国で働かれる「拉致」行為も十分批判できない体制の国籍を持つ人物が他国の「拉致」云々を批判することほど傲慢極まりないことはない。朝鮮共和国内で公民に対する越南逃走(=西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)扇動をするなどの直接的行動を働くのは論外であり、拘束されて当然という他ない。日本帝國主義メディアなど西側帝國主義勢力がこの種の拘束案件について、国際的な対朝鮮共和国人権問題非難に対するけん制であるかのような扇動的報道を働いているが、朝鮮共和国が自国に向けられた人権批判との取引目的でこの種のスパイ容疑者を解放するケースは極めて少ない。解放するのはあくまで拘束した人物が高齢であるとか反省の情を示しているといった人道的な理由に過ぎないためである。他国の「拉致」云々への非難扇動を働く目的でスパイ行為に手を染めるなどはまさしく戦争挑発行為以外の何物でもなく、この種のスパイ挑発行為を契機に本物の戦争を世界各地で働いてきたのがアメリカ帝國主義体制なのは歴史が示すところである。現在の世界情勢は、そんなアメリカ帝國主義勢力に対する怒りが世界各地から降りかかっている以外の何物でもないということだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してアメリカ帝國主義体制籍バージニア大学生による対朝鮮共和国敵対挑発行為を厳しく糾弾するとともに、こんな行為を積極的に是認する西側帝國主義勢力の扇動全体を糾弾すべく声明を発表する。この種の扇動行為全体は、要は朝鮮共和国の体制が気に入らないという西側帝國主義勢力の身勝手な理由だけを論拠して働かれていることが明らかになってきている。そんな理由による対朝鮮共和国体制転覆扇動であれば朝鮮共和国が受け入れないのも当然であり、国防力強化という道に進むのも至極当然の理屈となる。日本帝國主義体制など西側帝國主義勢力が進むべき道は、朝鮮共和国の主張こそが正当な姿勢であることを受け入れた上で朝鮮共和国との和解の姿勢を西側帝國主義勢力から示すこと以外にない、ということだ。

 2016年1月23日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通


◎オバマ・朴槿恵両逆徒の演説を嘲笑する声明
 2016年1月12日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのバラク・オバマ逆徒が一般教書演説を行った。そして、続けてその翌日、南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)体制トップの朴槿恵逆徒が国民向け談話を発表した。この両逆徒ともども、西側帝國主義勢力の反人権的体制を擁護する目的で全世界に向けて悪辣な姿勢を発信したという他ない。当然のことながら、この両逆徒による姿勢と軌道を同一にしているのが日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒であるのは言うまでもないことだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してオバマ・朴槿恵両逆徒による反人民的発言を大いに嘲笑するとともに、西側帝國主義勢力による反人民的世界戦略を糾す世論喚起を促すべく、以下の声明を発表する。

 2016年1月12日のオバマ逆徒による演説では朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)による6日前の豊渓里自衛措置の件についてはまるで触れられなかった。イスラム国との戦いをまず強調はしてみたものの、具体的な対策でさえもできない体たらくを示した。わずかにアメリカ帝國主義体制の同盟国が攻撃された際に単独行動でも擁護するとの妄言で触れられた程度である。まさしくアメリカ帝國主義体制の凋落をまざまざと世界全体に見せつけた演説であったという他ない。朝鮮共和国に関していえば、2013年2月12日に行われた豊渓里地下実験後に行われた一般教書演説では、朝鮮共和国の自衛措置について「断固たる措置を取る」などとの暴言を吐いたが、そんな暴言に屈することなく朝鮮共和国は正々堂々と再び自衛措置を行っただけである。今回オバマ逆徒が朝鮮共和国に対して何も言えなかったのはまさしくアメリカ帝國主義体制の外交・政治的敗北以外の何物でもない。イスラム国云々にしても断固壊滅させるなどとの強硬姿勢を取ることもできず、以降の政権でも戦いは続くと述べるしかなかった。アメリカ帝國主義侵略集団が世界各地に散布してきた人民の不幸及び社会混乱の反動がアメリカ帝國主義社会に跳ね返っただけのことである。
 一方で、この翌日13日に行われた朴槿恵逆徒の国民向け談話では、朝鮮共和国による1月6日の自衛措置についての言及や昨年12月28日のアメリカ帝國主義体制介入下での対日本帝國屈従合意以上に、経済問題に多くの時間を割く有様であった。経済問題云々についても労働条件改悪が柱になることで朝鮮半島南部人民にとって不幸の極みになることは間違いない。朝鮮共和国の正々堂々たる措置に対して自ら問題解決に向けての積極姿勢を見せることもできず、また、アメリカ帝國主義体制介入下での対日本帝國屈従合意についても自らの意志で決断した訳ではないことは明らかだ。朝鮮半島南部人民に加え、朝鮮共和国から厳しく追及されることは明らかである。それもこれも、朝鮮共和国こそが政治的に筋の通った姿勢を世界全体に向けて発信しているからこそ生まれた情勢である。
 これらの発言を注目してきたのが、朝鮮共和国の近隣国でアメリカ帝國主義体制及び南朝鮮傀儡体制と同じ西側帝國主義勢力に属する日本帝國主義体制であることは論を待たない。そして、アメリカ・南朝鮮両西側帝國主義勢力トップとも発言で反人民的侵略姿勢を示したことでも共通だ。アメリカ帝國主義体制トップによる「同盟国を護る」発言は、まさしく同盟国と称する国家の反人民的体制を擁護するという意味でしかない。即ち、その地域の人民にとって迷惑極まりない侵略行為以外の何物でもないということだ。資本家の資本家による資本家のための環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(=帝國主義TPP)に対する抗議世論が高まれば、アメリカ帝國主義体制は抗議する人民を弾圧する介入を働くことは間違いないだろうし、人民拉致裁判制度(=裁判員制度)が崩壊しそうになればアメリカ帝國主義体制の介入で日本帝國主義集団による反人民的侵略体制側を擁護することは容易に想定できる。こんな両国の堕落した姿勢を生み出したのも朝鮮共和国の行動が理にかなったものだからなのだが、そんな朝鮮共和国を支持する人民を弾圧しようとするのが日本帝國主義体制であり、アメリカ帝國主義体制であり、南朝鮮傀儡体制であるというのだから話にならない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表してここ2日で働かれたアメリカ帝國主義体制・南朝鮮傀儡体制トップ逆徒による発言を大いに嘲笑するとともに、こんな発言にダマされず、靡かず、惑わされずとの姿勢を取るべく世界全体の人民に向けて発信することとする。反人民的政策を西側帝國主義侵略勢力全体で働いているのに対して現地の人民が西側帝國主義勢力の反人民的政策に反旗を翻すべく戦っている情勢もある。ところが、西側帝國主義侵略勢力は善良な人民を反人民的政策強行側に転向させる悪辣な扇動を働いている状況も存在する。このような侵略勢力と断固戦う朝鮮共和国こそが世界に正しいメッセージを発信しているのは明らかというものだ。世界全体で朝鮮共和国を支持する世論喚起の必要な時代がまさに今来ているということに他ならない。

 2016年1月14日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通


◎敬愛する金正恩第一書記の34回目生誕記念日を祝福する声明
 敬愛する金正恩元帥様万歳!!
 경애하는 김정은 원수님 만세!!

 2016年1月8日、世界の人民が敬愛する朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の金正恩第一書記が34回目の生誕記念日を迎えられた。一昨日に朝鮮共和国初となる水素爆弾実験を豊渓里地下にて成功させ、ますます朝鮮共和国にとっての将来の飛躍が約束される慶事となった。折しも、中東地区ではイラン・イスラム共和国とサウジアラビア王国帝國主義体制との決定的対立が起きるなど世界全体が大きな混乱を招こうとする時代だからこそ、朝鮮共和国の強硬姿勢の重要性が増すということだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、最近の世界情勢に鑑みて日本人1億3千万人を代表して以下の祝福声明を発表する。

 偉大な領導者金正恩元帥様、生誕記念日おめでとうございます。一昨日に朝鮮共和国史上初となる水素爆弾の豊渓里地下爆破実験を成功させ、ますますの国家発展への期待が高まります。折しも、南朝鮮傀儡(=大韓民国)極右保守政権はアメリカ合衆国帝國主義侵略集団の圧力に負けて、日本帝國靖國神社擁護反動政権と手を結ぶという最大級の堕落姿勢を示したこともあり、朝鮮共和国の断固たる姿勢がより世界に強く印象を残すことは言うまでもないことです。朝鮮共和国が世界最悪の暴力国家アメリカ帝國主義体制と1対1で対等な交渉をすることで朝鮮半島南部堕落政権に体制の差を見せつければよいだけです。
 わが日本人を代表しても今回の生誕記念日が持つ意味は前年にも増してはるかに大きいものがあります。一昨日の豊渓里地下での実験の件は、2011年にわが日本帝國主義体制が働いた日本帝國東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の問題をより大きな問題にした意味を持ちます。日本帝國主義体制は恥ずかしいことに、世界全体に核の恐怖を拡散させる暴挙を働きながら、未だに近隣諸国の一つである朝鮮共和国や中華人民共和国、ロシア連邦に対しては謝罪の一言も発していないばかりか、アメリカ帝國主義体制の意向に追従して原発爆発事件の反省なき原発再稼働や原発輸出促進を働く途方もない反人倫の極め付け姿勢を示してしまいました。こんな姿勢を示す日本帝國主義体制は朝鮮共和国にとって対話相手にならないのは当然で、後ろにいるアメリカ帝國主義体制との関係改善対話が成立することが先決になるしかない、となります。日本帝國主義体制が一切謝罪しないのであれば、日本人を代表して朝鮮共和国に改めて2011年の暴挙を謝罪いたします。
 アメリカ帝國主義体制などの西側帝國主義勢力が朝鮮共和国最高尊厳を徹底非難する扇動を世界全体に広めれば広めるほど、彼らの悪辣な本性及び不当性がより明るみになっています。アメリカ帝國主義的西側帝國主義勢力の政権転覆扇動が猛威を振るった地域では社会や人民の混乱と不幸だけが残る結末をほぼ例外なく迎えました。日本帝國主義社会下でもアメリカ帝國主義勢力の扇動の下で帝國主義TPP(=環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定)や人民抹殺ボタン(=共通番号またはマイナンバー)システム、人民拉致裁判制度(=裁判員制度)などの人民を不幸に陥れる政策が推進されました。朝鮮共和国はこんな扇動から社会と人民を護るべく豊渓里地下での自衛措置を行ったのは当然のことです。ところが、アメリカ帝國主義的西側帝國主義勢力は中国やロシアまで引き入れて朝鮮共和国の正当な自衛措置を「核実験暴挙」などと言いがかりをつけて非難扇動や政権転覆を狙ってくるという傲慢な姿勢を示しました。そんな暴挙に真っ先に飛びついたのが恥ずかしいことに、原発爆発事件の反省もまるでしていないわが日本帝國主義体制です。そんな時代だからこそ、対朝鮮共和国非難扇動の不当性を世界全体の人民で共有する必要がある、というものです。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して本日の金正恩元帥様の生誕記念日を祝福するとともに、西側帝國主義侵略勢力による対朝鮮共和国非難扇動を徹底して糾弾するための活動強化に邁進すべく声明を発表いたします。そして、日本人を代表して朝鮮共和国こそが世界に正論を発していることを徹底して配信する活動も強化いたします。朝鮮共和国は日本帝國主義体制に向けて過去の清算を求めるべく堅持してきたことは周知のとおりですが、今やアメリカ帝國主義体制が世界全体にもたらした不幸の清算を求めるべき時代に入っています。それが出来る国の筆頭がまさしく朝鮮共和国といえるのです。世界全体で金正恩第一書記体制の支持世論を高めていきましょう。

 2016年1月8日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通


◎朝鮮共和国初水素爆弾実験に敬意を表する声明
 2016年1月6日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、原則として朝鮮共和国と表記)史上初となる水素爆弾の豊渓里地下爆破実験を成功させ、これに関して朝鮮共和国政府が声明を発表して朝鮮中央通信にも『朝鮮政府が初の水爆実験の成功に関する声明を発表』記事が掲載された。朝鮮共和国は核問題について一貫してアメリカ合衆国帝國主義体制の恐喝姿勢からの自衛措置として行っているとの立場を取っており、今回の地下爆破実験に際しても言及された。折しも、2日後に敬愛する金正恩第一書記の34回目の生誕記念日を2日後に控え、今年5月に朝鮮労働党大会を36年ぶりに開催する朝鮮共和国にとって祝賀ムードを盛り上げるべき時期でもある。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して今回の豊渓里地下爆破実験成功に敬意を表するとともに、日本帝國主義体制に対しては2011年に働いた日本帝國主義体制東京電力福島第一原子力発電所爆発事件の謝罪を改めて求め、同時に西側帝國主義侵略勢力ぐるみの対朝鮮共和国不当弾圧扇動を完全中止することを求めるべく、以下の声明を発表する。

 まずは朝鮮民主主義人民共和国の皆さま、そして、世界の平和と安定を望む善良な人民の皆さま、朝鮮民主主義人民共和国史上初となる豊渓里地下での水素爆弾爆破実験の大成功に敬意を表します。世界の名だたる侵略勢力が朝鮮共和国に不当な言いがかりをつけて何かの理由をつけての制裁行為を働いている中で、何度も人工衛星打上げや豊渓里地下での爆破実験を成功させる技術力に驚嘆の意を表せざるを得ません。今回の実験成功を機に、朝鮮共和国が持つ高い科学技術力を求めて世界全体がこの秘訣を探るべく動くことでしょう。この慶事に際しては、朝鮮中央テレビの重鎮、李春姫女史が特別重大報道として出演されたことも大きな世界の注目となりました。
 さて、今回の豊渓里地下実験に際しては、当然のことながら世界最悪の人権蹂躙戦争犯罪国家アメリカ帝國主義体制侵略勢力による対朝鮮共和国敵視挑発策動が最大の要因になっている。アメリカ帝國主義体制は日本帝國主義体制及び南朝鮮傀儡(=大韓民国)体制支配地域に核兵器を持ち込み、いざとなれば朝鮮共和国への侵略をいつでもできる状況を作り上げてきており、実際に毎年のように侵略演習をしている。そんなアメリカ帝國主義体制犯罪侵略勢力及び追従侵略集団の態度を考えれば朝鮮共和国の国家規模からしても相応の自衛的国防力を備えざるを得ないのは至極自然の論理である。まして、2011年に原発爆発事件を働き全地球規模で核物質の恐怖及び自然破壊を引き起こしておきながら、その事件の反省をまるでしないばかりか、アメリカ帝國主義体制の後ろ盾の下で原発再稼働・原発輸出などの究極の反人倫的政策継続を働く侵略的犯罪国家が近隣に存在するとなれば、朝鮮共和国の今回の姿勢がやむを得ないとの評価に落ち着くのは当然である。今回の実験では周囲の生態環境にいかなる否定的影響も与えなかったということも確認されており、日本帝國主義体制による2011年3月の原発爆発事件がより批判されねばならない、という政治的な意味も持ってくる。
 朝鮮共和国にとってこの地域全体の非核化は敬愛する金日成主席の遺訓であるとはいっても、その実現前提となるべき条件がそろっていないのも周知のとおりである。朝鮮共和国の体制は不都合であるという身勝手な理由で、アメリカ帝國主義体制侵略勢力を初めとした西側帝國主義犯罪的侵略勢力が絶えず政権転覆させる口実を作ろうとしてきたのが1945年第二次世界大戦以降のこの地域の歴史である。そして、西側帝國主義犯罪的侵略集団による毒牙に侵された地域は、中東・北アフリカ地区を見れば一目瞭然だが、例外なく混乱による人民にとっての途方もない不幸が広まった。欧州帝國主義地域に押し寄せる大量難民やその地域で次々に発生する大騒動などは、そもそも西側帝國主義侵略勢力による中東・北アフリカ地域暴力的支配が発端である。そんな中東・北アフリカ地域の現状を見れば朝鮮共和国の選択がいかに正しかったかがよくわかるというものだ。実際、朝鮮共和国政府声明でも見られるように「米国の凶悪な核戦争の企図を粉砕し、朝鮮半島の平和と地域の安全を保障するために努力の限りを尽くしている真の平和愛護国家」という言葉こそがこの地域において最も説得力を持つというのは言うまでもない。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して本日の朝鮮共和国による豊渓里地下爆破実験成功に敬意を表するべく声明を発表する。日本帝國主義体制は当然のことながら2011年日本帝國東京電力福島第一原発爆発事件に際して、近隣国家である朝鮮共和国に対して一言の謝罪もしていないことからしても、国際核被告席に座るべき犯罪国家であり、アメリカ帝國主義体制の次に重罪の裁きを受ける立場にあることは言うまでもない。加えて、日本帝國主義侵略集団総翼賛・不正行為乱発で人民拉致裁判制度(=裁判員制度)を推進して、善良な人民や重罪容疑をかけた被告人をこのシステムに巻き込み裁判所に拉致する拉致犯罪国家でもあり、また、平和的宇宙開発ではなく宇宙の軍事利用についても世界に公言するほどのミサイル犯罪国家でもある。ゆえに日本帝國主義体制は「国際拉致被告席」「国際ミサイル被告席」にも座るべき犯罪国家であることも付け加えねばならない。「平和国家」の仮面をかぶった一方で世界最悪の侵略国家アメリカ帝國主義体制と一体化した世界侵略を働いてきた悪質国家に対しては、世界の善良な人民の手で相応の報いを受けさせねばならないのは当然のことなのは言うまでもないことだ。

 2016年1月6日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通


◎日本帝國国会開会式を最大限嘲笑する声明
 2016年1月4日、日本帝國主義体制通常国会が開会した。年明け早々の4日に開会するのは異例中の異例といわれるが、これは日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が今年夏の日本帝國国政選挙をにらんだ上で、日本帝國衆議院解散を含めて日程の選択肢を広く持つ目的があるといわれる。日本帝國野党勢力が凋落して「健全な野党が存在しない」中では今度の日本帝國国政選挙も日本帝國自民党圧勝ムードが極めて濃厚といわれる中、安倍逆徒政権は今年夏の選挙で一気に大勝して自らが働こうとする人民圧殺政策実現に向けて邁進してくるのは容易に想定できる。その意味でも今回の異例の日本帝國通常国会早期開会を日本の善良な人民からいかに迎え撃つかも重要な意味を持つ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して本日の日本帝國国会開会式を最大限嘲笑するとともに、国政選挙以外の方法で日本帝國主義犯罪的対人民侵略勢力と戦うことを宣言すべく以下の声明を発表する。

 本日の日本帝國国会開会式に際して、日本帝國主義体制共産党が現憲政史上事実上初めて出席して天皇に頭を下げるという堕落した態度を示した。正確には第一回日本帝國国会開会式に一部議員が出席したが、これはあくまで偵察目的であった。日本帝國共産党として主権在民や政皇分離の観点から天皇の国会出席に一貫して反対してきたため開会式を欠席してきた経緯があり、今回事実上初めて政皇分離なき開会式にノコノコ足を踏み入れて頭を下げたのだから、これはまさしく日本帝國主義体制侵略勢力側に転向して人民の敵になったことを意味する。日本帝國共産党はつい最近に日米帝國同盟とて現実論を理由に容認する堕落姿勢をも示しているが、人民の反対意見を完全黙殺して人民拉致裁判制度(=裁判員制度、以下、人民拉致裁判制度と表記)の翼賛推進に手を染めるような政党であればこそこんな堕落した姿勢を取れるというものだ。
 こんな日本帝國共産党の転向・堕落はまさしく日本の善良な左派からの裏切りという他ない。日本帝國共産党は「野党連合」と称した市民連合結成に躍起になっているが、これは日本帝國共産党の極右反動勢力への転向以外の何物でもない。思えば、1945年以来の日本の政治史において非日本帝國自民党政権が誕生した際、日本帝國主義体制自称左派勢力が日本帝國保守勢力側にすり寄り、または、日本帝國極右保守官僚勢力の抵抗に敗れて保守勢力に転向して次々に堕落、凋落していったことを思い返すが良い。旧日本帝國社会党が政権を取った後に政権が崩壊して日本帝國民主党と日本帝國社会民主党に分裂し、現在では日本帝國社民党は崩壊寸前の体たらくである。また、日本帝國社会党よりは保守的な日本帝國民主党が日本帝國自称左派勢力として政権を取ってもわずか3年で崩壊したことにより、現在の超ウルトラ極右反動日本帝國自民党政権が出来てしまっている。即ち、日本帝國自民党は下野した際に日本帝國自称左派勢力からの耐性を強化して、政権に復活した際により悪性の政権を作ってしまう、という構造になっている。
 このような日本帝國主義社会の政治構造がある限り、日本帝國共産党を含めた野党連合に国政選挙で投票したところで実施される政策が変わることはないとしたものだ。昨年末に日本帝國主義体制と南朝鮮傀儡(=大韓民国)体制との間で外務省会談が行われた件でもわかる通り、背後からアメリカ合衆国帝國主義体制の圧力があればだれが政治をしても同じ結果にさせられるのが実際のところである。世界最悪の戦争犯罪国家アメリカ帝國主義体制が彼らの身勝手な国益追求の目的で日本帝國主義体制の政治を全て締め付けている限り、日本の善良な人民にとって不幸な選択肢しかないというのが現実である。その上で我々にとって政権執権時の失敗が強調されて日本帝國自称左派勢力への選択肢さえ奪われうとしているのがまさしく日本帝國極右反動勢力による悪質な政治姿勢である。「アベなのか、それともアベなのか、さもなくばアベなのか」政治が日本帝國主義社会の現実であるということだ。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して本日働かれた日本帝國国会開会式を最大限嘲笑すべく声明を発表し、同時に国政選挙に頼らない方法での真の意味での理想政治を実現するための社会構造構築に邁進する宣言を行う。その手始めとなるのが人民拉致裁判制度の廃止を実現するための活動である。人民拉致裁判制度は日本帝國主義犯罪的侵略集団が総翼賛の上に不正行為まで働いて推進し、昨年にはこの犯罪政策により裁かれた拉致被害者が初めて処刑される事態にまで至った。この政策について日本帝國主義犯罪的侵略集団である拉致実行犯に裁判そのものの誤りを認めさせることがまず重要になる。日本帝國主義総翼賛拉致実行犯が国家統治の根幹に関わる政策について存在そのものが誤りであることを認めざるを得ない状況さえ実現できれば、日本帝國主義勢力がいかなる政治を行おうとも、人民からの根本的不信を払拭できない状況を作り出せるからである。

 2016年1月4日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通


◎主体105年新年のご挨拶
 주체105년(主体105年=西暦2016年)あけましておめでとうございます。새해 복 많이 받으세요. 日本、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)、中華人民共和国、東アジアそして世界全体の平和を愛する皆さま、今年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年は西側帝國主義社会全体が大混乱の一年となりました。フランス共和国帝國主義社会では年明け早々1月7日、そして11月13日に立て続けに大混乱事態が発生しましたし、アメリカ帝國主義社会では銃乱射事件が日常的に大きな波紋を広げました。南朝鮮傀儡(=大韓民国、以下、南朝鮮傀儡と表記)社会では反人民的悪政を次々に働く政権への正当な抗議をした民衆に対してファッショ当局による暴力的排除が日常茶飯事的に行われました。日本帝國主義社会でも本日強行起動されたマイナンバーとか共通番号と称する人民抹殺ボタンシステムにおいていきなり根本的システム欠陥が発覚したり、人民拉致裁判(=裁判員裁判)経由死刑確定者に対する初の処刑が強行されたりなど、根本的人民侵略的極悪政策が次々に行われ、よりその悪辣さが深刻化しようとしています。
 そんな情勢の中でとんでもない政治家が西側帝國主義社会で次々に台頭してきました。大混乱事態が立て続けに起きたフランス帝國主義社会ではマリーヌ・ルペン逆徒率いる極右政治勢力が議席を大きく伸ばし、アメリカ帝國主義社会ではドナルド・トランプ逆徒の高支持率が収まりがつかない状況を見せています。この種の極右反動政治家は例外なく排外的極論で人民を扇動する共通項があり、こんな扇動の働かれる「先進国」が実は日本帝國主義社会という異常事態です。現在の安倍晋三逆徒政権は異常ですが、その以前から1945年敗戦以来長年にわたって東アジア嫌悪排外世論が根っこに眠っていたというのが実態です。今年の国政選挙の結果次第ではさらにその排外扇動が強烈に働かれる可能性も出てきます。このように「民主主義」云々を喧伝してきた西側帝國主義社会が、いざ自らの社会が危機的状況になれば自己保身を最優先にする醜悪な本性をさらけ出したのが2015年の世界全体でした。これは逆に言えば、西側「民主主義」の敵対勢力こそいかに説得力ある社会運営をしているかの証左でもあるのです。
 朝鮮共和国も敬愛する金正恩第一書記の下で一心団結してきたからこそ、西側帝國主義社会下での異常な政治情勢を生み出す結果を得ることが出来ました。奇しくも、昨年末には南朝鮮傀儡体制による反人民的悪政が相次ぎ、日本帝國主義体制相手に慰安婦問題で譲歩したり、アメリカ帝國主義体制からの破格規模の大量武器購入が発覚したりして、朝鮮共和国に大きく糾弾されました。これらの問題も朝鮮共和国が正当な主張を世界に向けて発信したからこそ起きたことです。今年は日本帝國やアメリカ帝國の極右保守集団など外部勢力と結託する反人倫集団の影響を排除し、金正恩第一書記の新年の詞で触れられたように、朝鮮民族による自主統一への道を開いていかねばなりません。日本人からも朝鮮民族分裂を扇動する日本帝國反人倫的極右反動集団の扇動をいかに食い止めるかも大きな課題になってきます。昨年末心半ばに突然逝去された金養建朝鮮労働党書記・統一戦線部長の遺志を引き継ぐことが日本からも求められます。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人を代表して今年2016年を西側帝國主義人民弾圧体制全体に対する徹底糾弾の年と位置付け、いかなる悪政推進扇動に対してより強固な徹底抗戦をしていくべく宣言いたします。西側帝國主義勢力がイスラム国などの脅威を煽って自国民に対する反人民的悪政を働けば働くほど、西側帝國主義社会こそが世界最悪の人権不毛地帯であることを自ら暴露するのは当然です。今年は具体的な意味で日本帝國主義体制が外国に自国軍隊を侵略目的で遠征させる可能性が出てきました。平和国家を真の意味で放棄して、究極までに堕落した西側帝國主義社会と同様戦争国家への道を歩もうとする状況が目前に迫っています。我々がこんな堕落集団に加担しないよう、日本帝國侵略集団の悪政に対しては相応の手段を講じて潰す覚悟をもって対決すべく邁進いたします。

 2016年1月1日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
救う会声明2016年1月 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる