人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘲笑されるべき「声かけ」対策

<<   作成日時 : 2016/09/05 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒と南朝鮮傀儡(大韓民国)体制トップの朴槿恵逆徒がつい先日ともにロシア連邦極東地域を訪問してウラジーミル・プーチン大統領と会談したのですが、今度はともに中華人民共和国の杭州に向かい、帝國主義G20大会に出席しています。その帝國主義G20ですが、中国は巧妙にアメリカ合衆国帝國主義体制トップのバラク・オバマ逆徒に対する敵対意識をむき出しにしました。テ安倍逆徒や朴槿恵逆徒、そしてグレートブリテン・北アイルランド連合王国帝國主義体制トップのテリーザ・メイ逆徒に対してさえ中国を訪れる各国首脳について赤カーペットを用意する礼遇をしたのですが、オバマ逆徒にだけは赤カーペットを用意しないという冷遇に出ました。折しも、本日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がロケットを発射したともいわれますが、この件についてアメリカ帝國主義体制抜きでの問題解決という方向に中国としても誘導したいのは当然です。アメリカ帝國主義体制関与が絶対前提になってしまった日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制に極めて不利な条件であることは言うまでもありません。

 本日は都合により簡単にしかエントリーできませんが、今年5月の工藤會事案を受けて、全国の日本帝國主義体制地方裁判所の95%が人民拉致裁判(裁判員裁判)加担者への何らかの対策をとったとのことです(参考)。しかし、その内容を見ればそもそも工藤會事案がなくてもできるはずの簡単なものだったりして「対策」というにはほど遠いものが多くあります。一方で最寄り駅や自宅までの送迎をするといった本格的対応をする日本帝國地裁もあったりしますが、逆にこのような過剰なまでの対応をすれば人民拉致裁判そのものへの敬遠ムードをより高めることにもつながるでしょう。上記記事では、今まで「接触禁止」の張り紙や接触禁止の告知について一つの裁判所も行っていなかった半面、工藤會事案後には大半がやりだしたというのは、泥縄としか言いようがありません。そもそも、工藤會のような組織であれば、このような張り紙や告知を平気で無視する体質があるとさえいえるからです。おそらくは第二の事案が出て、日本帝國裁判所サイドが嘲笑されることになるのは容易に想定できるというものです。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
嘲笑されるべき「声かけ」対策 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる