人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS マレーシアでの異様な事件を悪用する勢力への警戒を強めよう

<<   作成日時 : 2017/02/27 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日はまずこの記事からですが、「筋」関係者がその団体の力を誇示することで傷害事件を闇に葬ろうとした件について触れられています。この記事を見ると、昨年ですが工藤會関係者が人民拉致裁判(裁判員裁判)加担拉致実行犯に対して公正な裁判を求めるべく「よろしく」と声をかけた行為を思い起こします。この種の「筋」関係者はまず真っ先に自らの組織防衛のためならば何でもやるという体質が共通にあるのですが、「何でもやる」の行為が大義を持つかどうかを考える必要もあります。即ち、傷害事件をナシにする目的の行動は相応の批判を受けて然るべきでしょうが、一方で公正な裁判を求める目的での行動であれば相応の理由があるとの評価をしなければなりません。「暴力団」の行為だからすべて絶対悪として排除するという立場に立つと、道を誤る危険性があることをこの問題は示しているのです。

 さて、マレーシアにて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)籍有名男性が死亡した件についてまだまだ世界を大きく揺るがせています。というのも、化学兵器級の毒ガスが使われたとみられ、これらの化学兵器級毒ガスは世界的禁止条約によりほとんどの国家が殺人や戦争に使わないことを約束しています。当然、化学兵器級毒ガスが使われたとみられるマレーシアもこの条約に加盟しているのですが、使った勢力が条約など無視するような思想をもっていては空手形になっても不思議ではありません。分析にも時間がかかるのは、化学兵器が使われたのが事実であれば、単に自国内部の問題のみならず外交面や軍事面でも大変な影響が及ぶので慎重には慎重を期して事実を突き止め、なおかつ発表の方法や内容にも神経を尖らせねばならないからです。
 化学兵器がテロに使われたといえば、オウム真理教事件がどうしても日本国内はおろか世界全体でも思い浮かびます。20数年前でさえ相応の知識と技術があれば国家レベルの組織に至らなくても化学兵器使用テロ実行まで可能だということをオウム真理教は世界に知らしめました。今やオウム真理教事件での死刑確定人物が、今回の事案を受けて化学兵器問題についての参考人物として貴重な存在にさえなっています。実際にオウム真理教で毒ガスを扱い、また、毒ガスを扱う人物が何かあった際に治療を行う部署に所属していた男性が、今回の事案を受けて「VXであると考えて不合理ではない」とのコメントを発しています。オウム真理教事件が世界全体に向けて化学兵器使用テロへの心理的ハードルを下げたという現実を免れ得ない意味においても、日本帝國主義社会に対する世界的批判も真摯に受け止めねばならないとなります。
 今回化学兵器級毒ガスが使われたことについては使った勢力がどれほどの技術力をもっていたかのみならず、現場の状況からどのように生成され、どのように使われたかも大きな問題になっています。一部のコメンテイターからは国家レベルの関与がなければ、あのような厳重警戒されているはずの現場であれほどの事件を起こすことはできないとの指摘があります。ただ、それにしては、現場では、ある男性が空港職員に対して監視カメラが作動しているのかどうかを質問したなどとの報道が出ています。監視カメラは世界どの空港でも作動しているのが至極自然というもので、空港職員がマニュアルに従って「作動していない」との返事をしたことでこの言葉を信じてグループが作戦を実行したという経緯もにわかに信じがたいものがあります。実行にあたっての実際の行動は行き当たりばったりといわれても不思議ではないことからしても、国家関与事案だとみなすのも見誤る危険が極めて高いものです。マレーシアの当局が国家ぐるみの関与事案として多数の容疑者及び参考人物を特定して公表したのも、冤罪につながる危険性を強くはらんでいると言わざるを得ません。
 何よりも、2010年の天安号沈没事件は世界的にはどの国が犯行を起こしたのか明確にはされませんでした。しかし、一部の西側帝國主義侵略勢力が「北朝鮮の犯行だ」とのとんでもない扇動を世界全体に向けて働いていて、今回の事案も同様の轍を踏む事態を起こしかねないといえます。折しも、日本帝國主義体制他西側帝國主義勢力が、帝國主義国際連合に対して再び醜悪で傲慢極まりない対朝鮮共和国人権問題非難決議案を提出しようとしていて、今回のマレーシアでの事案も加味しようとさえしています。この案件を悪用しようとする勢力にとって、朝鮮共和国の尊厳高い体制を転覆させることを本来目的として活動しようとしているのは言うまでもなく、我々はそんな扇動に対して警戒心を怠ることはできません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起は<stong>こちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号XB6X98N7(日本語版)、PP4J4NJF(조선어 버전)です。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호PP4J4NJF 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 27 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
マレーシアでの異様な事件を悪用する勢力への警戒を強めよう 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる