人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 極右ヘイトへの唯一の対抗策は極左ヘイト

<<   作成日時 : 2016/10/20 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 国王逝去で政治混乱の懸念されるタイ王国でですが、日本人男性が現地タイ国籍の妻を銃殺しようとした殺人未遂容疑にて逮捕されたとのことです。そして、被害者について「あれは人間ではない」などとの暴言を放ったそうです。折しも、日本帝國主義社会において日本帝國大阪府警機動隊による「土人」「シナ人」差別発言が波紋を広げる中、外国でもこのような発言を平気で働く日本人がいるとなれば、日本人の外国人差別思想がいかに異常なレベルに達しているかを世界に知らしめたという他ありません。日本帝國主義社会にて人民拉致裁判(裁判員裁判)対象になる事案ではありますが、従前の職業裁判官裁判に比べてこのような差別思想が裁判に持ち込まれやすくなっている人民拉致裁判の場合、人種差別的思想に基づく軽い処罰で済ませられるリスクがこの事件にもあるという他ありません。タイ政府としてもこの事案を日本帝國主義社会での裁判にゆだねるなどということはまずしませんが、仮に日本帝國主義社会でこの種の事件が起きた場合にどんな異常な裁判になるかを考えておく必要はあるでしょう。

 さて、たった今触れた日本帝國主義体制大阪府警機動隊による沖縄での「土人」「シナ人」差別発言ですが、この時代になってこの種の言葉が平気で出てくる日本帝國捜査当局の体質はあきれ返って物も言えないというのが正直なところです。公開の場でさえもこんな差別発言が出るのだから、密室での取り調べとなればこの種の暴言が日常茶飯事的に行われているのは当然というもので、実際に外部にこの種の暴言が漏洩している実例もあって法的に問題にもなっています。日本帝國捜査当局に根深い差別意識があるからこそ、というよりも、むしろ日本帝國捜査当局自身が差別意識を積極的に植え付けて外部の人民を見下すことこそに存在意義を求める体質があるからこそ起きるものです。沖縄県人や外国人、さらには犯罪者と決めつけた人物に対してならば何を言っても、何を働いても構わないという思想に基づいた組織なのだから救いようがないということです。
 そして、この日本帝國大阪府警機動隊を管轄するトップの松井一郎逆徒が「発言は不適切だが府警が一生懸命に職務を遂行したのだから出張ご苦労様」などという暴言を吐いて世間の大顰蹙を買っています。発言は不適切だと認めながら日本帝國大阪府警の不適切発言を不問に付すという態度なのだから内外の糾弾を浴びて当然なのですが、一方でこの暴言を積極支持するような世論扇動も根深くあるのだからあきれたものです。結局はこんな差別容認知事を選出するような日本帝國大阪府民の本性も問われるというもので、今年の日本帝國参議院選挙で4人の日本帝國参議院議員を選出する選挙区において4人ともが極右反動勢力に汚染される地域であれば、こんな暴言捜査当局が出ても当然といえば当然でしょう。松井一郎逆徒を支援している日本帝國維新の会の沖縄支部が松井逆徒に対して抗議をするまでの異常事態にまで陥っているのも至極自然というものです。
 折しも、アメリカ合衆国帝國主義体制大統領選挙でのドナルド・トランプ逆徒とヒラリー・クリントン逆徒とのテレビ討論会がいわばヘイトスピーチ合戦になっています。双方が相手を非難するような低いレベルの争いになって、どちらが米帝國大統領に選出されようが、世界の諸国がアメリカ帝國主義体制の存在そのものに対して強い態度に出たり、信用しない態度に出るのは容易に想定できます。加えて、ヒラリー・クリントン逆徒勝利の場合、ドナルド・トランプ逆徒が結果について受け入れない可能性を示唆した件も大きな波紋を広げています。これはアメリカ帝國主義体制長年の建国以来の歴史として、国家の根幹として築き上げてきた価値観を一瞬にして揺さぶる事態になりかねないとの懸念も示されています。選挙結果について敗者側が受け入れることで「民主主義」と称するアメリカ帝國主義体制の存立基盤が脈々と受け継がれてきたといわれるのですが、アメリカ帝國主義体制メディア勢力がクリントン逆徒側に徹底した肩入れ報道を働いているのではトランプ逆徒陣営の激怒も当然でしょうし、選挙後も大いに不正選挙との批判を浴びせていけばよいのです。
 むしろ、日本帝國主義社会において小沢一郎氏や鳥越俊太郎氏が「メディアの一方的な報道で追い落とされた」という批判をしないような態度だからこそ、現在の日本帝國主義新自由主義的格差拡大が止まらないともいうべきでしょう。その意味でも人民拉致裁判制度(裁判員制度)に対する姿勢も問われるとなります。即ち、人民拉致裁判に拉致された拉致被害者(元重罪被告人、とりわけ、求刑以上の判決を受けさせられた被害者)が裁判結果を一切認めないとの強硬姿勢をとることこそが、人民拉致裁判に対する正当な評価を下すという意味でも重要になるのです。人民拉致裁判制度といえば、一般市民及び重罪被告人側の意見を無視する形で、人民に敵対する宣伝ばかりが日本帝國犯罪的支配層から徹底して働かれた経緯があり、その宣伝経緯にはあらゆる不正行為も働かれました。これはまさしく日本の人民及び重罪被告人に対するヘイトスピーチ以外の何物でもないわけです。当然のことながら、人民拉致裁判に加担した拉致実行犯には相応の処断が下されねばなりません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
極右ヘイトへの唯一の対抗策は極左ヘイト 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる