人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプ逆徒思想の本質を探る(9=大局的世界感なき支配)

<<   作成日時 : 2017/02/15 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本帝國主義体制東芝が巨額赤字を計上して債務超過になるとの報道が出てきました。アメリカ合衆国帝國主義体制地域の原発開発会社への巨額投資に失敗して大損害を計上したことも大きな要因になっていますが、もともと企業ガバナンスの面でも大きな問題があるとの指摘もありました。そして何よりも、アメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が日本帝國主義体制に対してアメリカ帝國主義地域内の雇用投資について強硬に圧力をかけていることです。このままでは第二・第三の日本帝國東芝が出ても不思議ではありません。もとより、日本帝國主義体制はアメリカ帝國主義体制の軍門に下り、何でも要求を聞き入れて卑屈に追従することで生き延びてきた経緯があります。人民拉致裁判制度(裁判員制度)の総翼賛不正推進を始めとした司法制度改悪もその文脈が大きな要因ともいわれます。トランプ逆徒が世界的非難を浴びている中でさえ日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒がアメリカ帝國主義体制擁護を働こうとさえしているのだから、最早日本帝國主義体制の国家存立の根幹レベルから疑ってかかる必要があるというべき情勢です。

 さて、そのアメリカ帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒ですが、次々に異常事態が起きています。側近中の側近だった補佐官のマイケル・フリン逆徒が辞任に追い込まれた件も最近大きく世界を揺るがせています。フリン逆徒はトランプ逆徒政権発足前にロシア連邦とウラ取引していたのではないかとの疑惑が持ち出されていて、本人があいまいな態度を取ったことで余計に疑惑が深まるという経緯もありました。ただでさえ露米関係問題はアメリカ帝國主義体制にとって神経質になっている時期だからなおさらです。
 さらに、先日日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒による越米逃走(勝手にアメリカ帝國主義体制地域に逃亡する行為)朝貢外交時の夕食会最中に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のロケット打上げがありましたが、その際にトランプ逆徒が一般市民に写真を撮影されていた件も安全保障面で大問題になっています。そもそも一般市民の前に国家トップがいる条件自体がテロに対する無防備との批判を浴びてもおかしくないところに、日米帝國同盟首脳会談という世界全体が注目する場で、なおかつ機密事項ともなりうる内容の会談ともなれば、危機管理能力を問われて当然です。トランプ逆徒はこの件を受けて「我々は日本と100%ともにある」とだけ述べて記者の質問にさえ答えない態度を示したのですが、逆にこれは東アジア問題に対するトランプ逆徒の知見のレベルを示したともみられています。朝鮮共和国はもとより、世界各国がトランプ逆徒率いるアメリカ帝國主義体制をくみしやすしとみても当然です。
 こんな態度をトランプ逆徒が取ってしまうと、現場のアメリカ帝國侵略軍人に動揺が走っても不思議ではありません。曲りなりにもトランプ逆徒はアメリカ帝國侵略軍の最高司令官です。そのトランプ逆徒が世界各地のアメリカ帝國侵略軍への統帥権を行使しなければならない立場にありながら、基本的な世界観さえ持たずして闇雲に指令を出しかねないリスクもあるとすれば、現場が大混乱に陥って当然です。また、現場サイドからすれば、アメリカ帝國主義体制にとっての従前からの基本的世界観と全く異なる指令が出されるかもしれないと考えるだけでも混乱のリスクにつながります。朝鮮共和国に限らず、反アメリカ帝國国家群とすれば対アメリカ帝國強硬行動で出方を試してくることも十分考えられるというものです。そうすると、本来軍を出してはならない状況で軍を出したり、逆に軍を出さねばならない状況にて軍を出さないという致命的過ちを犯す確率も高くなるだろうと見えるからです。当然のことながら、地理的にリスクの極めて高い日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡(大韓民国)体制はアメリカ帝國主義体制以上に動揺することになるでしょう。
 朝鮮共和国に対して本気でアメリカ帝國侵略軍を出せば圧倒的な武力で制圧できるのは誰がどう見ても至極自然です。しかし、この問題一つとったところで、軍の出し方、出す大義などを考えなければ周辺諸国との軋轢を深めるなどその後の混乱を収拾不能にしかねない事態も招きかねません。思えば、前のアメリカ帝國共和党政権だったジョージ・W・ブッシュ逆徒政権時に2003年にイラク共和国に対して侵略戦争を仕掛けた際も、曲りなりにも大量破壊兵器保有政権を叩き潰すという大義を持ち込みました。現在のドナルド・トランプ逆徒政権ではそのような大義も持ち出さずただ単に気に入らない政権だという理由でいきなり戦争を始めるリスクさえあります。アメリカ帝國主義体制の行動は絶対的正義だとして無分別に阿諛追従態度しか示さない日本帝國主義体制が、アメリカ帝國主義体制の「戦争のための戦争」に協力したとみなされて世界全体の糾弾を浴びる事態になり、我々善良な日本人民が巻き込まれてはたまったものではありません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起は<stong>こちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号E4XPGP8A(日本語版)、NFSGNZ6M(조선어 버전)です。いよいよ明日の金正日総書記生誕記念日に向けて、前祝いが最高潮に達する時期でもあります。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호NFSGNZ6M 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 19 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
トランプ逆徒思想の本質を探る(9=大局的世界感なき支配) 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる