人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮共和国主導で作られようとする東アジアの秩序

<<   作成日時 : 2017/02/13 16:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日から日本帝國主義体制東京地裁本庁にて、覚せい剤密輸事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)が始まりました。この裁判で裁かれる拉致被害者の側が、タイ王国の違法捜査が原因で起訴されたのだから裁判そのものが存在しえないものとして打ち切りを求めました。このような主張は「常識的」には非常識な主張になるのでしょうが、そもそも重罪事件は存在そのものが非常識なのが「常識」です。ですから、このような一見「非常識」な主張も、重罪事件裁判となれば出てくるのが常識となるのです。で、重罪事件に市民の常識を取り入れるとの触れ込みで人民拉致裁判制度(裁判員制度)は導入されたのですが、そもそも「常識」を取り入れるという理念そのものが重罪刑事裁判の本質と相いれない性格があるのだから、「常識」で判断するととんでもない誤りを犯すリスクが高まるのも大きな特徴です。制度導入の理念そのものを疑ってかかる必要があるのは当然ですが、そんな裁判を「絶対的に正しい」としている日本帝國主義体制の存立の根幹そのものも疑ってかからなければ社会全体がおかしくなってしまうのも避けられないというものです。

 さて、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が越米逃走(勝手にアメリカ合衆国帝國主義体制支配地域に逃亡する行為)を働いてトップのドナルド・トランプ逆徒に対して頭を下げようとしているそのタイミングを狙って昨日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がロケットを打上げました。本日、朝鮮共和国も昨日のロケット発射を公開し、敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長立ち合いの下で行われたと報道したことからしても朝鮮共和国内でも重要視する事案だったことがうかがえます。加えて、3日後に生誕記念日を迎えて朝鮮共和国が祝賀ムードとなる金正日総書記からの贈り物として今回のロケット打上げが行われたとも伝えられました。朝鮮共和国からはこの日程を最大のターゲットにして狙ったとみるのが至極自然となります。
 一方で、世界全体が日本帝國主義体制による卑屈極まりない越米逃走朝貢外交を冷淡にみている最中を狙って朝鮮共和国が相応のアピールをした件に対して、世界全体がとんでもない不当圧力をかけようとする動きもみられます。アメリカ帝國主義体制と日本帝國主義体制、そして南朝鮮傀儡(大韓民国)体制とが結託して例によって帝國主義国連安全保障理事会に緊急会合を要請するという体たらくを演じました。当然のようにこの3か国は中華人民共和国に対して対朝鮮共和国制裁履行を求めたりもするのですが、今や逆にドナルド・トランプ逆徒率いるアメリカ帝國主義体制こそが人道に真っ向から反する政策を次々実行しています。中国やロシア連邦、そして朝鮮共和国が協力した上で日本帝國主義体制や南朝鮮傀儡体制に対してアメリカ帝國主義体制への圧力をかけるよう強く促すような状況になっても不思議ではないのです。
 今回朝鮮共和国が打上げたのは比較的射程の短いロケットでした。朝鮮共和国がドナルド・トランプ逆徒や安倍晋三逆徒の反応を見ることを目的に、長距離飛ばすことのできるロケットを打上げなかったのではないか?ともいわれます。そして、アメリカ帝國主義体制本土に届くレベルのロケットでなかったためか、トランプ逆徒は大きな反応をせず、記者団の質問に答えない態度を示しました。一方、トランプ逆徒が東アジアの安全保障問題について十分な知見がないからこそこのような態度に出たという見方もできます。以前はこのような問題が起きた際にアメリカ帝國主義体制が自ら主導して態度を示してきたのが、今回は安倍晋三逆徒の方が明らかに強い反応を見せたことが、トランプ逆徒の東アジアに対する知見のレベルだとみられる可能性もあるわけです。それも、プライベートゴルフの最中で東アジアに関する知見を持つ側近がいなかったことで、トランプ逆徒本人の考え方が浅いとみくびられる可能性が高まることも考えられるのです。
 朝鮮共和国はあえて今回は射程の短いロケットで世界諸国の反応を試したと考えられるのであれば、当然次の手が出てくることは容易に想定できます。即ち、日本列島を飛び越えるロケットが久々に打上げられる可能性です。折しも、金正日総書記生誕記念日の後には例年と同様、アメリカ帝國主義体制侵略軍と南朝鮮傀儡軍との合同軍事演習が強行されることになっているだけに、その対抗策としてのロケット打上げになることも考えられるのです。そして、もう一つ注意しなければならないのが、年に何度か行われているのですが、悪質越南逃走(西側帝國主義勢力が勝手に「脱北」と称する行為)犯罪者団体による風船でのデマビラの散布です。とりわけここ数日の間は朝鮮半島で南風が吹くといわれるから余計に注目されるところで、当然そのような盲動が行われた場合にはなおさら朝鮮共和国側の反発が強まることは避けられません。

 日本帝國主義体制下での蛮行政治糾弾ページは以下の通りです。人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾世界的圧力喚起はこちらのページで徹底的に続けます。さらに、過疎地切捨て定数変更糾弾(反一人一票実現国民会議)日本帝國JAL・JR西日本・JR東海不買運動環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(TPP)参加阻止運動人民抹殺ボタン(共通番号・マイナンバー)制度導入阻止運動原発全廃実現運動拉致失踪合法化・対米追従売国法廃止運動集団的世界侵略権(集団的自衛権)再禁止実現運動日本国憲法破壊策動糾弾運動人民搾取税糾弾運動も継続します。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として今月も、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号E4XPGP8A(日本語版)、NFSGNZ6M(조선어 버전)です。折しも朝鮮共和国がロケットを打上げ、3日後の金正日総書記生誕記念日の前祝いをした情勢も考えておきましょう。なお、南朝鮮傀儡体制トップ朴槿恵逆徒の特大型汚職による弾劾決議が国会で可決されたこともあり、1週間ごとにIDは更新しますが朴槿恵逆徒退陣決定までは活動を徹底します。

 김일성 동지 만세 인쇄 된 A3 포스터를 내거는 운동을 전개합니다. 남조선 괴뢰 대통령 박근혜 역도의 특 대형 부패에 의한 탄핵 결의안이 국회에서 가결 된 데 박근혜 역도 퇴진 결정까지 활동을 철저히합니다. 7-Eleven 의 넷 프린트 번호NFSGNZ6M 에도 인쇄 할 수 있습니다.이곳은 일주일마다 ID를 업데이트합니다(2017 년 2 월 19 일까지).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
朝鮮共和国主導で作られようとする東アジアの秩序 人民拉致裁判制度(裁判員制度)糾弾ブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる